鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
データベ…
「データベース」の検索結果です。
 

複数ISPと分散データベースによる高可用性認証連携サービスの構築

複数のインターネットサービスプロバイダーと分散配置された認証データベースを使用した可用性を高めた認証連携サービスを構築した.障害発生時のダウンタイムは1分程度で可能になった.


伊藤 智博, 高野勝美, 田島靖久, 吉田浩司 ,大学情報システム環境研究,15, 72-79(2012).

複数ISPと分散データベースにより高可用性認証連携サービスの構築

複数ISPと分散データベースにより高可用性認証連携サービスの構築


伊藤 智博, 高野勝美, 田島靖久, 吉田浩司 ,国公立情報システム研究会(2012).

東日本大震災被災後の保存修理工事に向けた旧米沢高等工業学校本館展展示品のデータベース化(投稿中)

東日本大震災被災後の保存修理工事に向けた旧米沢高等工業学校本館展示品のデータベース化 全ての工業製品は博物館に展示される運命にある。使命を終えた工業製品を個人が保存すれば場所や維持費で個人が損をし、捨てれば文化財は失われ社会全体が損をする。このような個人と全体の相反するジレンマに直面したとき、法律が生まれ行政が求められ、博物館ができ学校ができる。1910年に設立されて以来百余年の歴史を持つ山形大学工学部には重要文化財に指定された旧米沢高等工業学校本館の校舎があり、その中には多くの使命を終えた工業製品が文化財として展示されていた。しかし2011年の東日本大震災で被災した校舎を補修工事するにあたり、すでに法人化され独立採算を求められていた山形大学にとってその展示物の維持管理は大きな課題であった。筆者らは時代とともに発展したIT技術を活用してデータベースシステムを構築し、山形大学工学部に在席する学生が自らの学びのために現場で文化財保護活動に取り組むことで、短期間で展示物のデータベース化と管理台帳の作成を実現した。


 ,(2017).

ユビキタス社会を目指したフェデレーション技術を目指した資源管理データベースの開発

ユビキタス社会を目指したフェデレーション技術を目指した資源管理データベースの開発 さいとうは、2012年に、それまでの研究を物質管理データベースを活用した工場排出物の資源リサイクル技術への展開に関する研究というテーマで修士論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#475@卒論;。


電子情報通信学会 通信ソサイエティ ,(2017).

大学の教育と研究を支援する知識データベースシステム

大学の教育と研究を支援する知識データベースシステム データベースアメニティ研究所がどのように大学の教育と研究を支援してゆくのか、その設立の背景や組織、方向性などについての情報通信に関する解説記事です。 【関連講義】卒業研究(C1-電気化学2004~),【2004年度(平成16)卒業研究】⇒#475@講義;…ことが知られている⇒#3084@講義;。 (1) 吉田文, アメリカ高等教育におけるeラーニング-日本への教訓-, 東京電機大学出版局(2003). (2) 立花和宏, 奥山澄雄, 仁科辰夫, 田中 敦, 矢作 清, 猿田和樹, 平中幸雄, 山形大学紀要(工学), 26, 47, (2000). (3) 奥山澄雄, 立花和宏, 田中敦, 仁科辰夫, 矢作清, 猿田一樹, 平中幸雄, 山形大学紀要(工学) , 26 , 53 (2000). (4) Dan Wahlin著, 吉川邦夫訳, ASP.NETプログラマのためのXMLテクニック, ASCII出版(2002). (5) Lorence Lessig著, 山形浩生, 柏木亮二訳, インターネットの合法・違


仁科辰夫、立花和宏、奥山澄雄、伊藤智博、鈴木勝人、青木和恵 ,技術総合誌OHM, Vol.4, p.6-7(2004).

知的CADのための複数モダリティ画像統合データベース--その狙いと計画--


本谷秀堅,湯浅哲也,深見忠典,赤塚孝雄,武田徹,呉勁,織内昇,遠藤啓吾 ,文部科学省科学研究費補助金特定領域研究 多次元医用画像の知的診断支援 第一回シンポジウム 論文集(2004).

実践的見地からのシラバスデータベース開発


立花和宏、奥山澄雄、仁科辰夫、田中 敦、矢作 清、猿田和樹、平中幸雄 ,山形大学紀要(工学), 26, No.1, p.47-52(2000).

実践的見地からのシラバスデータベース開発


立花和宏,奥山澄雄, 仁科辰夫,田中敦,矢作清,猿田一樹,平中幸雄 ,山形大学紀要(工学) 26 pp.47-52(2000).

実践的見地からのシラバスデータベース開発、山形大学紀要(工学), 26, No.1, p.47-52


立花和宏、奥山澄雄、仁科辰夫、田中 敦、矢作 清、猿田和樹、平中幸雄 ,山形大学(2001).

「外国語(英語)音声聴取能力測定のための音声データベースについて」


 ,科学研究費補助金(基盤研究(A))研究成果報告書 (1998).

外国語(英語)音声聴取能力測定のための音声データベースについて,研究成果報告書,


 , (1998).

関係データベースにおける関係演算の演算系とその実現方法


共著者:清木康、田中浩一、:上林憲行、相磯秀夫。 , (1982).

実践「コンピュータ英語学」-テキストデータベースの構築と分析


 ,音羽書房鶴見書店(1995).

東北地区技術教育データベースの開発研究


研究代表者:早坂明夫 ,福島大教育,平成7~9年度科学研究(基礎研究B)研究成果報告書(1998).

材料物性データベースが結晶化度依存性を持つ射出成形シミュレーション


伊藤浩志、武藤進一、瀧本淳一、宮本玲、多田和美、小山清人 ,プラスチック成形加工学会誌(1996).

副作用症例データベース医薬品情報提示の新しい試み,診断と治療増刊号,診断と治療社(1996)(共著)


 ,(2017).
業績…