鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
処理…
「処理」の検索結果です。
 

表面処理を施したアルミニウム集電体と電極合材との接触抵抗の発現要因

複数の方法で表面処理を施したアルミニウム集電体と電極合材との接触抵抗を測定し,その発現要因を明らかにした.


加藤 直貴小野寺 伸也伊藤 知之伊藤 智博立花 和宏仁科 辰夫 ,科学・技術研究, 3, 157-164(2015).

表面処理工学-基礎と応用-

(社)表面技術協会の創立50周年にあたり企画された表面処理工学の教科書。表面処理技術と表面科学の両面から技術者、研究者、開発研究者、経営者に理解しやすく応用しやすく著述してある。


表面技術協会編 ,日刊工業新聞社(2000).

特許出願2007-253715:手書き情報処理システム

出願番号 : 特許出願2007-253715 出願日 : 2007年9月28日 公開番号 : 特許公開2009-86857 公開日 : 2009年4月23日 出願人 : 有限会社IM&T 発明者 : 立花 和宏 外1名 発明の名称 : 手書き情報処理システム 要約: 【課題】多人数の手書き情報を収集し、作業の効率化のためのシステムとして利用可能な手書き情報処理システムを提供する。 【解決手段】デジタルペンと、前記デジタルペンから送信された手書き情報を受信し、前記手書き情報にクライアントに固有のクライアントIDを付加して収集するクライアントのデータ処理装置と、前記クライアントのデータ処理装置において収集されたクライアントIDが付加された手書き情報を、クライアントからの要求により所定時間毎に収集し、前記手書き情報に対して、送信元のデジタルペンの認証処理および手書き情報を画像データに変換する画像処理を行い、前記デジタルペンの手書き情報としてデータベースに蓄積するサーバのデータ処理装置とを備える。 【関連講義】情報処理概論,新世代ラーニングシス


立花和宏 ,特許出願2007-253715(2007).

熱処理がエラストマーを含むポリプロピレンの延性に及ぼす影響, 高分子論文集63,2,98(2006)


松田 祐之, 原 正雄, 石川 優 ,高分子学会(2006).

「カーボンナノチューブの分散化」、有機、無機材料における表面処理・改質の上手な方法とその評価


 ,技術情報協会(2004).

ファジー推論に基づく適応型順序統計フィルタによる画像処理


目黒 光彦, 田口 亮,村田 裕 ,電子情報通信学会論文誌A,Vol.J79-A, No.4, pp.878-888(1996).

同時処理と継次処理の差が認められないサスペクトLD児に対するかけ算指導へのアプローチ


大泉加代子・三浦光哉 ,K-ABCアセスメント研究,第5巻,11-20(2004).

英語における文レベルの実時間処理を補償する時間軸伸長の効果


日本音響学会 ,日本音響学会平成10年度秋季研究発表会講演論文集(1998).

ウェーブレットと知的可視化技術を用いた融合情報処理の展開


 ,可視化情報学会誌,Vol.24, No.95, pp.240-244(2004).

光信号処理型ヒルベルト変換器を適用した光SSB変調波長多重系のアイ開口解析


田中 喜久治、高野勝美、近藤 和弘、中川 清司 ,電子情報通信学会論文誌J-85-B(2002).

ゲノム情報処理技術に基づいた生物種固有のコドン使用多様性


金谷重彦, 木ノ内誠, 大平賢, 工藤喜弘 ,情報知識学会誌, 10(2001).

光信号処理型ヒルベルト変換器を適用した光SSB変調波長多重系のアイ開口解析


田中喜久治,高野勝美,近藤和弘,中川清司 ,電子情報通信学会論文誌(2002).

エアロゾルを利用したパルスパワー放電による水処理


南谷靖史,岡本由利,東山禎夫 ,電気学会パルスパワー研究会資料PPT-01-50(2001).

光信号処理型ヒルベルト変換器を適用した光SSB変調波長多重系のアイ開口解析


田中喜久治,高野勝美,近藤和弘,中川清司 ,電子情報通信学会論文誌Vol. J85-B, No. 8, pp. 1371-1381 (2002).

P形フーリエ記述子を用いた手書き文字のオンライン筆者識別,情報処理学会論文誌,35(1994)(共著)


 ,(1950).

山形大学情報処理テキスト


 ,山形大学情報処理テキスト刊行会(2002).

局所結合型神経回路網モデルによる手書き漢字の効率的認識法, 情報処理学会論文誌, Vol. 35, No. 6, pp. 1091-1100, 1994


大友照彦, 大槻恭士, 楊青, 石谷幹夫, 原健一 , (1994).

P型フーリエ記述子を用いた手書き文字のオンライン筆者識別, 情報処理学会論文誌, Vol. 35, No. 11, pp. 2300-2307, 1994


大友照彦, 佐藤邦夫, 大槻恭士, 原健一 , (1994).

ジベレリン処理によるヒノキアスナロの種子生産


今 博計・小山浩正 ,日本林学会誌82(2000).

畜産排水の嫌気処理における硫酸塩還元. 用水と廃水、31、430-439.   


上木勝司、上木厚子 ,(1989).

表面処理ゼオライト/ポリカーボネート複合系の動的粘弾性,


 ,成形加工,9(6)(1997).

瓦葺き屋根に設置した太陽電池アレイ上の雪処理


東山禎夫、向瀬慎一、浅野和俊 , 日本雪工学会誌, 14, 1, 16-25, (1998)(1998).

Ni粒子/ポリカーボネート複合系におけるNi粒子の表面処理効果,


日下石進,伊藤栄治,工藤益男,増子徹 ,成形加工誌 9(6) pp420-424(1997).

ニューラル超並列情報処理,オーム社,1992(共著) 等他


 ,(1992).

山形大学シラバス処理システムの稼動状況の分析


奥山澄雄,立花和宏,田中敦,仁科辰夫,矢作清,猿田一樹,平中幸雄 ,山形大学紀要(工学) 26 pp.53-57(2000).

山形大学シラバス処理システムの稼動状況の分析、山形大学紀要(工学), 26, No.1, p.53-57


奥山澄雄、立花和宏、田中 敦、仁科辰夫、矢作 清、猿田和樹、平中幸雄 ,山形大学(2000).

紛争処理と法の一般性は両立するか?-ニクラス・ルーマンの手続の法理論を出発点として-,法の科学28


 ,日本評論社, 民主主義科学者協会法律部会(1999).

紛争処理と法の一般性の両立可能性をめぐって-司法制度を考える視点-,都市と法哲学:法哲学年報1999


 ,有斐閣, 日本法哲学会(2000).

IT革命最前線~情報処理学会創立40周年記念出版~


江原輝将・石田晴久編 ,情報処理学会(2000).

ゲノム情報処理技術に基づいた生物種固有のコドン使用多様性


金谷重彦、木ノ内誠、大平賢、工藤喜弘 ,情報知識学会誌(2000).

雪国エコロハウス-下水処理水の土壤効果-,太陽エネルギー,23-3(1997)(共著)


梅宮弘道、手塚 和 , (1997).

英語固有名詞の計算機処理について


 ,『山形大学紀要(人文科学)』13,2(1995).

成人用外国語(英語)音声情報処理能力検査の開発研究の意義と教育・臨床への応用について


中山和男,冨田かおる,中西達也 ,科学研究費(基盤研究(A))研究成果報告書,課題番号:07558270(1998).

外国語(英語)教育・学習システム構築におけるメディアとして音声速度変換処理システム


中西達也,中山和男,冨田かおる ,『日本教育工学会第8回大会講演論文集』,日本教育工学会(1992).

難解な英語の音声現象(音連続変化)と音声速度変換処理システム


 ,科学研究費(一般研究(B))研究成果報告書,課題番号:04451142(1994).

音声速度変換処理(s処理)システムの評価-英語再認実験による習熟度別考察-


中山和男,中西達也,冨田かおる ,『筑波英語教育』第14号,筑波大学(1993).

日本人学習者に対する英語の語頭強調処理による受聴明瞭度の改善


◎中山和男,三崎正之 ,日本音響学会(1998).

「成人用外国語(英語)音声情報処理能力検査の開発研究の意義と教育・臨床への応用について」科学研究費(基盤研究(A))研究成果報告書『成人の外国語音声聴取能力のデーターベース化とこの能力を補償する受聴システムの研究』課題番号:07558270。


中山和男・冨田かおる・山口常夫・中西達也 , 科学研究費成果報告書,山形大学教育学部(1998).

「外国語(英語)教育・学習システム構築におけるメディアとしての音声速度変換処理システム」(日本教育工学会研究奨励賞受賞研究)


中西達也・山口常夫・冨田かおる・中山和男・鈴木良二・三崎正之 ,『日本教育工学会第8回講演論文集』日本教育工学会(1992).

「音声速度交換処理(s処理)システムの評価-英語再認実験による習熟度別考察-」


中山和男・山口常夫・中西達也・冨田かおる ,筑波英語教育第14号,筑波英語教育学会(1993).

「s処理音声で英語の単語間に生じる音連続現象を含む語句を呈示した場合の考察」科学研究費(一般研究(B))研究成果報告書『音声速度変換処理システム(s処理)の英語教育への適用可能性の研究』課題番号:04451142。


 ,科学研究費研究成果報告書,山形大学教養部(1994).

「音声速度変換処理装置の教育システム機器への展開」科学研究費(試験研究(B))研究成果報告書『外国語(英語)音声の時間軸制御による新しいリスニング教育・学習システムの開発研究』課題番号:04558042。


中西達也・三崎正之・山口常夫 ,科学研究費研究成果報告書,山形大学教養部(1995).

非漢字系日本語学習者の漢字情報処理特性に関する研究


 ,平成7年度~平成8年度文部省科学研究費補助金研究成果報告書(1997).

漢字の形態・音韻・意味における情報処理水準と記憶の問題


 , 山形大学日本語教育論集,1(1998).

分析的処理方略と全体的処理方略の情報処理特性


 ,風間書房(1996).

自己トークンプロトコルによる高速リングLAN,情報処理学会論文誌,36(3)(1995)(共著)


丹野,武田,小山,野口 , (1995).

8隣接プロセッサ・アレイによるニューラルネットワークの並列処理,応用数理学会論文誌,5(4)(1995)(共著)


武田,田中,丹野 , (1995).

二次元情報処理用光機能材料-光波制御の新局面-第3章表示・記録技術概説


金澤 昭彦, 池田 富樹 ,機能材料, 18, 5-11(1998).

ステアリン酸処理水酸化アルミニウム粉体の力学的特性の評価


木俣光正,辻川浩雄,松本幹治 ,粉体工学会誌(1999).

3つの分類課題における全体的処理方略の頑健性とその符号化のタイプ,心理学研究62(4),(1991)(共著)


 ,(2001).

絹タンパクの高圧処理による食品素材形成について


 ,絹素材食品利用実用化開発研究, 3-6  (1997).

熱処理したSiCw/A2014複合材料のX線および中性子回析による残留応力測定


大貫、藤田、友田、小野 ,日本金属学会誌(1998).

SiCウィスカー/A2014 MMCの熱処理により生じた残留弾性ひずみの中性子回析による測定


大貫、友田、小野 ,日本金属学会誌(1996).

外国語(英語)教育・学習システム構築におけるメディアとしての音声速度変換処理システム,日本教育工学会第8回大会講演論文集,(1992)(共著),日本教育工学会研究奨励賞受賞研究。


 ,(2001).

追肥時期および遮光処理による穎花生産効率の変化とそれが精米中のタンパク質含有率に及ぼす影響 日本土壌肥料学雑誌 69-5, 463-469 (1998)


 ,(1998).

水田土壌の風乾処理とバイオマス窒素の無機化, 日本土壌肥料学誌 68-4, 376-380 (1997)


 ,(1997).

小規模自治体におけるごみ処理事業の研究


◎北村尚士,綱島不二雄,小沢亙 ,山形農林学会報第53号(1996).

小規模自治体におけるごみ処理事業の研究(共著),山形農林学会報,53(1996)


 ,(2001).

過排卵処理スナネズミの排卵数に及ぼす日齢の影響. 山形農林学会報, 54:11-14.


 ,(1997).

家兎胚盤胞の栄養膜細胞切り取り処理が胞腔液中蛋白質に及ぼす影響. 山形大学紀要(農学)第12巻 第1号


 , (1994).

家兎胚盤胞の雌雄鑑別の方法および同処理胚の回復について. 日本畜産学会報第45巻 第6号


 ,(1974).

言語データと言語処理,bit Vol.32, No.2


荻野孝野 ,共立出版(2000).

音環境の快適性に関する研究-生体情報処理を通して-


 ,修士学位論文(武蔵工業大学)(1994).

音声速度変換処理(s処理)音声のポーズ分布に関する研究,研究成果報告書,


 , (1994).

音声速度変換処理(s処理)システムの評価,筑波英語教育,14


中山和男、山口常夫、中西達也、冨田かおる  , (1993).

双極子追跡法を用いたヒトの脳における視覚的文学の認識処理に関する研究,山形医学 13(1)(1995)


 ,(2019).

海馬神経活動による聴覚情報処理過程への効果,第12回生体理工学シンポジウム論文集(1997)(共著)


 ,(2019).

高血圧症と歯科治療,日本歯科医師会生涯研修ライブラリー№188(VTR),学習研究社(1996) ヒト凍結真空乾燥処理骨の物性に関する至適処理法と力学性状の研究,日口外誌43(12)(1997)


 ,(2019).

山形大学シラバス処理システムの稼動状況の分析


 ,山形大学(2000).

小規模自治体におけるごみ処理事業の研究(共著),山形農林学会報,53(1996)


 ,(2019).

「利己的なエージェントの社会におけるつきあい方戦略の進化」,(共著),情報処理学科論文誌,Vol.38, No.5, pp.944-952(May, 1997)


 ,(2019).

ストローク情報に基づく手書き郵便宛名の切出しに関する一手法,情報処理学会論文誌,第38巻・第2号(1997)(共著)


 ,(2019).

マルチエージェント機能による遠隔協同授業支援,情報処理学会論文誌,10(2)(1998)(共著)


 ,(2019).

カキ“平核無”のエタノール処理による脱渋機作,園芸学会雑誌,60巻3号(1991)(共著)


 ,(2019).

摘葉およびジベレリン処理がカキ“平核無”果実のアルコール脱渋後の軟化に及ぼす影響,園芸学会雑誌,62巻4号(1994)(共著)


 ,(2019).

海塩添加した各種濃度の硫酸処理が土壤化学性に与える影響(日土肥要旨集第42集1995)


 ,(2019).

カキ‘平核無’のエタノール処理による脱渋機作,園学雑,60(3)(1991)(共著)


 ,(2019).
業績…