鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
形成…
「形成」の検索結果です。
 

腫瘤形成型胆管細胞癌の非切除例における放射線化学療法の効果


須藤幸一,布施明,平井一郎,浦山雅弘,木村理 ,胆道 2002;16:381-386(2002).

会陰部に浸潤した直腸肛門癌に対する骨盤内臓全摘術及び腹直筋による有茎筋皮弁形成移植術


太田博俊, 澤泉雅之, 高橋孝, 関誠, 山田和彦, 二宮康郎 ,臨床外科2003;58:1255-1259(2003).

農村女性の「個」の確立と地域農業ネットワークの形成


H10-13科学研究費補助金研究成果報告書 ,(2002).

言語認識の形成に及ぼす言語環境の影響と問題点に関する研究


 ,科学研究費補助金基盤研究(c)(2)研究成果報告書(2004).

顔姿勢に基づくユーザとロボットとの共同注意の形成


陳 彬,目黒 光彦,金子 正秀 ,電気学会論文誌 C,Vol.123, No.7, pp.1243-1252 (2003).

会話シーンにおけるロボットと複数ユーザとの共同注意の形成


陳 彬,目黒 光彦,金子 正秀 ,映像情報メディア学会誌,Vol.57, No.7, pp.854-863 (2003).

「拡張された共感」と個人の選好形成


 ,修士学位論文(東京大学大学院総合文化研究科相関社会科学専攻)(1995).

自然堤防の発達程度と形成時間観(2)(演旨).


 ,東北地理学会 季刊地理学54-1,p.60-61(2002).

自然堤防の発達程度と形成時間観(演旨).


 ,日本地理学会予稿集59((2001).

音楽のコミュニティ形成と市民の生涯学習-市民参加型音楽活動の事例分析を通して-


 ,日本音楽教育学会,第32-2・3合併号(2002).

井上 隆:ポリマーアロイ成形加工時のスピノーダル分解による構造形成;プラスチック成形加工学会誌, 8(1), 24-28


 ,(1996).

井上 隆:成形加工の基盤研究の動向ー構造形成;Plastics Age Encyclopedia 1997, 195-201


 ,(1996).

青森県・白神山地追良瀬川左岸中ノ沢地すべりの形成年代 -地すべり凹地の堆積物の放射性年代とテフラ-


八木浩司,牧田肇,齋藤宗勝,八木令子 ,地すべり, 38, 145-147(2001).

ゲルマニュウム超薄膜からステエアリン酸蒸着膜への超拡散による有機/無機超格子の形成


折原勝男,細野幸太,菅井健二,青木勝博 ,材料技術,20, 4 (2002)(2002).

ポリエチレンオキシドとポリ酢酸ビニルのブレンド融液からの傾斜構造の形成


折原勝男,高橋裕輝,青木勝博,岡本正雄 ,成形加工,vol.14, 62-67 (2002)(2002).

ポリエチレンオキシドとポリプロピレンのブレンド融液からの傾斜的/ステップ的構造の形成


高橋裕輝,折原勝男,岡本正雄 ,高分子論文集,vol.59, p.445-447 (2002)(2002).

ポリエチレンオキシドとポリメチルメタクリレートの混合融液からの傾斜構造の自己組織化的形成


折原勝男,高野 哲,青木勝博 ,高分子論文集,vol.59, pp.709-711 (2002)(2002).

価格水準の第1次的形成


 ,九州大学『経済学研究』68(2/3)(2001).

方向量子化探索手法(VQSM)を用いた4足ロボットの歩行パターン自己形成, システム制御情報学会論文誌, Vol. 15, No. 8, pp. 396-403, 2002


大槻恭士, 陳立忠, 大友照彦 ,(2002).

価格水準の第1次的形成


 ,九州大学『経済学研究』68(2/3)(2001).

モノポールのダイナミクスとブラックホール形成


 ,第8回理論天文学懇談会収録(京都大学)(1996).

母指形成不全に対する母指化術の長期成績―術後10年以上の経過観察例―.日本手の外科学会雑誌,12(5):765-767,1996.


 ,(1996).

方向量子化探索手法(VQSM)を用いた4足ロボットの歩行パターンの自己形成


大槻恭士、陳 立忠、大友照彦 ,システム制御情報学会論文誌、15、9(2002).

「スピノーダル分相によって形成される微細構造の制御」 化学工学論文集,1996, vol.22, pp.29-41.


H.Watanabe, M.Kinoshita, M.Harada, and A.Shioi ,化学工学会(1996).

中川弘著『マルクス・エンゲルスの思想形成─近代社会批判の展開─』(創風社)へのコメント


 ,『マルクス・エンゲルス・マルクス主義研究』第33号(1999).

「著書紹介-現代行政国家における司法権の政策形成―刑務所改革を参考に MALCOLM M. FEELEY & EDWARD L. RUBIN, JUDICIAL POLICY MAKING AND THE MODERN STATE: HOW THE COURTS REFORMED AMARICA'S PRISONS」


 ,アメリカ法2000-2 (日米法学会)(2000).

帯電粒子で形成された空間電荷雲内部の接地電極で起きる放電現象


 ,電気学会論文誌A Vol.120-A, No. 7(2000).

帯電液滴空間電荷雲内での微小放電の形成


 ,電気学会論文誌A Vol.114A(1994).

「プラスチック成形加工の複合化技術」第1章 第2節 自由空間での構造形成を伴う成形加工


 ,(株)シーエムシー  pp.14-21(1997).

高分子‐高分子界面での反応誘起型パターン形成


黒田敬之,鳥飼圭吾,大山秀子,扇沢敏明,井上隆, Martin WEBER ,高分子論文集,56(12),860-864 (1999)(1999).

ホットランナーにおけるスピア発熱密度による樹脂境界層形成


横山孝男、佐藤敦、伊藤忠一、吉田卓司 ,日本機械学会論文集(B編)、Vol.65-632 (1999).

「両親媒性分子集合体の構造形成」 化学工学シンポジウムシリーズ、vol.54, pp.12-24 (1996)


塩井章久、原田 誠 ,化学工学会(1996).

自己組織化法による機能性エンプラの形成と応用展開


 ,機能材料、vol.18, No.9, pp.52-58 (1998).

有機・無機同時蒸着法による無機超微粒子の形成と機能探索


古関 朗、日下和洋、江部憲一、臼杵 毅、那須稔雄、村山 勉、井上 隆 ,電気学会研究会資料集、pp.43-46(2000).

エレクトロレオロジー流体におけるクラスター形成:理論と計算機シミュレーション


 ,日本レオロジー学会誌20,pp.95-100(1992).

近代企業法の形成と展開(奥島孝康教授還暦記念)


新山雄三他  ,成文堂(1999).

生鮮食料品価格形成に関する調査報告書


 ,山形県企画部(1973).

特色ある本県農業の形成をめざして(平成7年度「シンクタンク21委員会」懇話会)


座長 大川健嗣  ,山形県農協中央会 (1995).

気相反応による暗黒星雲での分子形成,質量分析,40(5)(1992)


 , (1992).

フランス公教育制度の史的形成における自由と国家(7・完)


 ,山形大学法政論叢13号      (1998).

フランス公教育制度の史的形成における自由と国家(6)


 ,山形大学法政論叢12号    (1998).

フランス公教育制度の史的形成における自由と国家(5)


 ,山形大学法政論叢11号  (1997).

フランス公教育制度の史的形成における自由と国家(4)


 ,山形大学法政論叢第9号  (1997).

フランス公教育制度の史的形成における自由と国家(3)


 ,山形大学法政論叢8号(1997).

フランス公教育制度の史的形成における自由と国家(2)


 ,山形大学紀要(社会科学)第27巻1号(1996).

フランス公教育制度の史的形成における自由と国家(1)


 ,山形大学紀要(社会科学)26(2)(1996).

イギリス公定教会体制の形成と変容―State ChurchからVoluntary denominationへ―


 ,東洋学術研究39巻2号(2000).

難波田龍起(1)-抽象表現の形成期(1949~1956)


 ,筑波大学芸術学系芸術教育学研究室編『芸術教育学』第6号(1994).

女性エリートの地位形成~衆議院議員のキャリア分析を通して~


 ,現代社会理論研究(1994).

中学校理科教育実践講座第6巻植物の種類と生活,第2章第3節4 生殖器官の構造と機能(2)花芽の形成から果実ができるまで


梅埜國夫編 ,中学校理科教育実践講座刊行会(ニチブン)(1995).

「見つめ,問い,交流する」学習過程における社会認識の形成,山形大学教育実践研究,3(1994)(共著)


 ,(2001).

社会科学習における社会認識の形成の検討,山形大学紀要(教育科学),11(1)(1994)(共著)


 ,(2001).

『新版 特別活動と人間形成』第9章「児童会,生徒会活動と人間形成」 


山口満 ,学文社(2001).

絹タンパクの高圧処理による食品素材形成について


 ,絹素材食品利用実用化開発研究, 3-6  (1997).

カントと形而上学 批判的概念論の形成における形而上学的諸動機


小倉志祥 ,以文社(1981).

講座主体形成の社会教育学③地域住民とともに


山田定市(監修)・大前哲彦・千葉悦子・鈴木敏正(編) ,北樹出版(1998).

茨戸湖における塩分成層形成時の水質環境の変化とその要因 北海道環境科学研究センタ-所報 25: 45-57. (1998) 


三上英敏,日野修次,高野敬志,五十嵐聖貴,坂田康一,藤田隆男 ,北海道環境科学研究センタ-(1998).

海産紅藻スサビノリ無菌培養株の成長促進・形態形成回復要因,特に馴化培養中の共生細菌の影響について.


山崎綾乃・関田諭子・半澤直人・奥田一雄・嵯峨直恆. ,東海大海洋研報,(21) (2000).

アーバスキュラー菌根の形成機構と宿主リン栄養の影響


俵谷 圭太郎 ,日本土壌微生物学会(1998).

高速断層運動時の断層破砕物形成過程における熱クラックの重要性:実験的検証


嶋本利彦 ,構造地質 第37号(1994).

釧路湿原縁辺部における河川からの土砂流入と泥炭地の形成


宮地、神山、粕渕、大塚、柳谷 ,関東平野、4、93-52 (1996).

プロ農協マンのキャリア形成と人材育成の特質


◎佐藤了,小沢亙,中村勝典,小野雅之,東山寛,角田毅,北原克宣 ,協同組合奨励研究報告第26輯(2001).

東北日本弧,那須火山群の形成史


伴雅雄・高岡宣雄 ,岩鉱,90(6)(1995).

押し出しブロー成形におけるパリソン形成過程の数値解析


谷藤真一郎、滝本淳一、小山清人 ,プラスチック成形加工学会誌(1996).

生鮮食料品価格形成に関する調査報告書


 ,山形県企画部(2001).

書評「末木文美士著『鎌倉仏教形成論』


 ,宗教研究72-2(1998).

地域の音楽文化活動における「共同の知」の形成-「美的連帯」を追求する成人音楽学習-


 ,東北芸術文化学会,芸術文化,第2号(1998).

生涯学習社会における音楽学習の機会提供はどうあるべきか-「コミュニティ形成」を目指した音楽学習の事例の検討を通して-


 ,日本音楽教育学会,音楽教育学研究,第23-2号(1993).

成層浸潤におけるフィンガー流の形成と水理特性に関する研究,農業工学研究所報告,37(1998)


 ,(2001).

城壁都市ソウルの発展と大都市圏の形成


成田孝三編『大都市圏研究(上)』 ,大明堂(1999).

司法への民衆参加,中世イングランド陪審制の歴史的形成,敬文堂(1996)(共著)


 ,(2001).

もうひとつの〈本歌取〉形成史-〈和歌説話〉からの接近-,国学院雑誌,1052(1994)


 ,(2001).

Hasegawaea japonicaⅠの胞子形成過程および発芽過程における炭水化物の変動,日本農芸化学会誌,70(12)(1997)(共著)


 ,(2019).

高度の結膜嚢萎縮に対するInlay graft結膜嚢形成術,眼科臨床医報,90(1996)


 ,(2019).

簡便で繰り返し圧迫が可能な植皮片固定法,形成外科39(1)(1996)(共著)


 ,(2019).

微小血管吻合部における各種細胞外マトリックスの動態-免疫組織化学的研究-日本形成外科学会誌15(2),(1995)


 ,(2019).

RA spineに対する頚椎椎弓形成術の治療経験東日本臨床整形外科学会会誌,68(1994)


 ,(2019).

セラタイトRによる眼窩形成-Langerhans Cell Histriocytosisの小児に対する使用経験-,脳神経外科ジャーナル,5(3)(1996)(共著)


 ,(2019).

山形大式椎弓形成術後の後続靱帯骨化症進展,脊髄外科,10(1)(1997)(共著),


 ,(2019).

上腸間脈動脈にmycotic aneurysmを形成した肥大型心筋症,感染症心内膜炎の小児例,日本外科感染症研究7(1995)


 ,(2019).

経皮的バルーン肺動脈弁形成術前後の右室機能に関する研究,日児誌,98(2)(1994)


 ,(2019).

深度広範囲熱傷により瘢痕形成術を繰り返した長期入院患児と母親への精神的援助,小児看護,17(2)(1994)(共著)


 ,(2019).

肺血流減少性チアノーゼ型先天性心疾患に対する経皮的バルーン肺動脈弁形成術の検討,日本小児循環器学会誌,10(1994)(共著)


 ,(2019).
業績…