鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
本…
「本」の検索結果です。
 

東日本大震災被災後の保存修理工事に向けた旧米沢高等工業学校本館展展示品のデータベース化(投稿中)

東日本大震災被災後の保存修理工事に向けた旧米沢高等工業学校本館展示品のデータベース化 全ての工業製品は博物館に展示される運命にある。使命を終えた工業製品を個人が保存すれば場所や維持費で個人が損をし、捨てれば文化財は失われ社会全体が損をする。このような個人と全体の相反するジレンマに直面したとき、法律が生まれ行政が求められ、博物館ができ学校ができる。1910年に設立されて以来百余年の歴史を持つ山形大学工学部には重要文化財に指定された旧米沢高等工業学校本館の校舎があり、その中には多くの使命を終えた工業製品が文化財として展示されていた。しかし2011年の東日本大震災で被災した校舎を補修工事するにあたり、すでに法人化され独立採算を求められていた山形大学にとってその展示物の維持管理は大きな課題であった。筆者らは時代とともに発展したIT技術を活用してデータベースシステムを構築し、山形大学工学部に在席する学生が自らの学びのために現場で文化財保護活動に取り組むことで、短期間で展示物のデータベース化と管理台帳の作成を実現した。


 ,(2019).

高齢者の癌は本当に進行が遅いのか.老年病のとらえかた,大内尉義,編集


山田和彦,木村理 ,文光堂,東京,pp268-274.2002.10.26(2002).

第2章老年病各論.9内視鏡および腹腔鏡下手術の適応.老年医学テキスト,日本老年医学会,編集


木村理 ,メジカルビュー社,東京,pp465-467.2002.10.10(2002).

第2章老年病各論.7消化器疾患の手術適応.老年医学テキスト,日本老年医学会,編集


木村理 ,メジカルビュー社,東京,pp457-462.2002.10.10(2002).

CT立体画像と肝鋳型標本からみた肝門部解剖の相違点―尾状葉と背側肝.竜 崇正著「肝門部の立体外科解剖」


竜崇正,石山秀一,趙明浩 ,医学図書出版,東京,2002;117-137(2002).

dorsal liverの胆管枝(肝鋳型標本から).竜崇正著「肝門部の立体外科解剖」


石山秀一 ,医学図書出版,東京,2002;65-70(2002).

背側肝(dorsal liver)の門脈枝(肝鋳型標本から).竜崇正著 「肝門部の立体外科解剖」


石山秀一 ,医学図書出版,東京,2002;57-64(2002).

膵内分泌腫瘍Ⅱ.手術手技1)膵腫瘍核出術-開腹的-.内分泌外科標準手術アトラス.日本内分泌外科学会編集,東京


木村理 ,インターメルク,2003:284-289(2003).

高齢者の消化器疾患-外科の立場から-.老年医学update2003-04.日本老年医学会雑誌編集委員会編集,東京


木村理 ,メジカルビュー,2003:86-99(2003).

膵内分泌腫瘍Ⅱ.手術手技1)膵腫瘍核出術-開腹的-.内分泌外科標準手術アトラス.日本内分泌外科学会編集,東京


木村理 ,インターメルク,2003:284-289(2003).

高齢者の消化器疾患-外科の立場から-.老年医学update2003-04.日本老年医学会雑誌編集委員会編集,東京


木村理 ,メジカルビュー,2003:86-99(2003).

生活習慣病予防の“フルコース”-究極のダイエットー日本成人病(生活習慣病)学会,成人病(生活習慣病)ニュースレター 東京


木村理 ,文栄社 2005;4(1):5(2005).

編集後記,内分泌外科Endocrine Surgery.編集者 日本内分泌外科学会編集委員会,東京


木村理 ,インターメルク 2005:22(2):編集後記(2005).

-日本胆道外科研究会-胆道癌取扱い規約に基づく胆道癌登録症例の集計―肝門部胆管癌を中心に―


宮川秀一,石原慎,堀口明彦,高田忠敬,松野正紀,高崎健,平田公一,田中雅夫,宮崎勝,木村理,島田光生,萱原正都,永川宅和 ,肝胆膵 2005;50(3):415-425(2005).

栄養サポートチーム[NST]のための 栄養アセスメントの実際.東海林徹 編集. 丘龍祥, 倉本敬二 執筆


木村理, 富永真琴, 仲川義人 ,株式会社じほう,東京2006年3月30日発行(2006).

手術症例報告胆嚢に肝内胆管2本が合流していた1例


平井一郎,竹下明子,森谷敏幸,鈴木明彦,布施明,木村理 ,手術,第60巻 第5号p663-666 2006(2006).

高齢者の消化器疾患(第47回日本老年医学会学術集会記録,ミニレビュー)


木村理 ,日本老年医学会雑誌,Vol.42 No.6 2005,p666-668(2005).

手術症例報告 胆嚢に肝内胆管2本が合流していた1例


平井一郎,竹下明子,森谷敏幸,鈴木明彦,布施明,木村理 ,手術 第60巻 第5号2006,p663-666(2006).

NET Work Japan,膵ラ島腫瘍の臨床-最近の話題 日本人の膵内分泌腫瘍の疫学:全国実態アンケート調査から


伊藤鉄英,田中雅夫,笹野公伸,長村義之,佐々木嵌,木村 理,高野幸路,小原孝男,石橋みゆき,中尾一和,土井隆一郎,島津 章,西田俊朗,河本 泉,平田結喜緒,今村正之 ,日本内分泌外科 2007 ; 24(2) : 48-50(2007).

日本の家庭医08,大泉胃腸科内科クリニック推薦記事 AERA臨時増刊 No.30 7月5日号


木村 理 ,朝日新聞出版 : 172(2008).

日本の家庭医08,やさく医院推薦記事 AERA臨時増刊 No.30 7月5日号


木村 理 ,朝日新聞出版 : 62(2008).

日本の家庭医08,池澤内科クリニック推薦記事 AERA臨時増刊 No.30 7月5日号


木村 理 ,朝日新聞出版 : 61(2008).

日本医事新報「質疑応答」肝静脈基部の径幅の正常値について


平井一郎,木村 理 ,(in press)(2008).

第108回日本外科学会記念号 特集:膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)の最新知見 6.IPMNに対する外科治療指針の今


木村 理,森谷敏幸,渡邊利広,神尾幸則,平井一郎 ,外科 2008 ; 70(5) : 511-518(2008).

「留学生と日本人学生の交流活動実践から見えてくるもの-「気づき」を通した異文化間コミュニケーション能力の養成に向けて」『山形大学紀要第14巻第1号』


園田博文、奥村圭子、内海由美子、黒沢晶子 ,山形大学(2006).

「地域日本語教育の理念-多言語・多文化社会を担う人材の育成に向けて」『国文学解釈と鑑賞第68巻7号』


 ,至文堂(2003).

「多言語・多文化共生社会の実現に向けた日本語教師の役割」『接触場面と日本語教育-ネウストプニーのインパクト』


宮崎里司、ヘレン・マリオット編 ,明治書院(2003).

「大学における教養教育としてのアカデミック・ジャパニーズ」『銘傳日本語教育第8期』


 ,銘傳大学應用語文學院用日語學系(2005).

Fe-Zr-N/AIN積層薄膜における磁気異方性の熱安定性,日本応用磁気学会誌,17.


小池邦博,宗像 誠,島田 寛,種子典明,深道和明,大坪秋雄 , (1993).

書評「岩本和久『沈黙と夢:作家オレーシャとソヴィエト文学』」、SLAVISTIKA XX


 ,東京大学大学院人文社会研究科スラヴ語スラヴ文学研究室(2005).

展望日本歴史 第15巻・近世社会


藪田貫・深谷克己編 ,東京堂出版(2004).

日本の近世 第9巻 都市の時代


吉田伸之編 ,中央公論社(1992).

岩波講座日本通史第14巻・近世4


朝尾直弘・安丸良夫他編  ,岩波書店 (1995).

街道の日本史11 最上川と羽州浜街道


横山昭男編 ,吉川弘文館(2001).

新視点日本の歴史5 近世編


青木美智男・保坂智編 ,新人物往来社(1993).

日本都市史入門 Ⅱ 町


高橋康夫・吉田伸之編 ,東京大学出版会 (1990).

日本近世史研究事典 第三版(共編著)


村上直・白川部達夫・大石学・岩田浩太郎編 ,東京堂出版(1995).

新版史料による日本の歩み 近世編


児玉幸多・佐々木潤之介編 ,吉川弘文館(1996).

教養の日本史 第二版


竹内誠・佐藤和彦・君島和彦・木村茂光編 ,東京大学出版会(1995).

日本歴史大事典 第1巻~第3巻(項目執筆13項目)


朝尾直弘他編集代表  ,小学館(2000).

教育評価読本--教育課程審議会答申の徹底理解


 ,(2001).

タイ・バーツ危機分析の盲点-開発途上国における資本移動自由化と企業金融-


 ,『世界経済評論』Vol.45 No.8(2001).

資本取引自由化の条件をめぐる一考察-バーツ危機以前のタイ企業金融を中心に-


 ,研究年報『経済学』(東北大学)第64巻第1号(2002).

ドル本位制とエマージング・マーケット


 ,『ユーロと国際通貨システム』(蒼天社)所収(2003).

途上国から見たドル本位制


 ,『信用理論研究』(信用理論研究学会)第22号(2004).

最上川および子吉川河口砂州における木本植物


大谷博彌,石川雅也,前川勝朗 ,東北地域災害科学研究 第40巻(2004.3),pp.213-216(2004).

《書評》森本浩一『デイヴィドソン:言語なんて存在するのだろうか』NHK出版


 ,『科学哲学』第37巻2号、日本科学哲学会(2004).

全日本女子バスケットボールチームの戦力分析


 ,バスケットボールコーチング第5号(2002).

日本皇室における通過儀礼―坂下町との比較を事例として,pp.50-64.


 ,『愛知学院大學大学院文研会紀要 14号』. (2003).

日本、台湾における葬儀の比較研究:社会学的分析,pp.21-30.


 ,『 比較文化研究 No56.』日本比較文化学会.(2002).

日本と台湾の通過儀礼における贈与交換,pp.82-91.


 ,『愛知学院大學大学院文研会紀要』15号(2004).

日本最新葬儀事情―脱墓族及び生前契(予)約族,pp.23-32.


 ,『生死学叢書』 中華民国生死学会(2002).

日本と台湾における死生観の比較研究―葬送儀礼を中心として,pp.89-98.


 ,『比較文化研究』No.61日本比較文化学会(2003).

通過儀礼における葬儀の探究 ―統計調査白書から見た日本と台湾の葬儀,pp.35-59


 ,「海峡両岸 死生学学術シンポジウム」育達技術学院大学、苗栗県葬祭教育学会(2004).

日本海洋上大気中の陸起源エアロゾル濃度とその降下量, 第2回IGACシンポジウム報告集, 78-81, 1992.


鈴木利孝, 鈴木裕子 ,(1992).

山形県鶴岡市の日本海沿岸部におけるケイ素, ナトリウムおよび硫酸の大気圏降下量, 日本化学会誌, 5, 506-508, 1991.


鈴木利孝, 鈴木裕子 ,(1991).

昭和基地越冬経過(気水圏系), 日本南極地域観測隊第40次隊報告, 138-200, 2000.


櫻庭俊昭, 古川晶雄, 鈴木利孝, 松岡健一, 改井洋樹 ,国立極地研究所(2000).

内陸旅行(夏期ドーム旅行), 日本南極地域観測隊第40次隊報告, 369-386, 2000.


古川晶雄, 鈴木利孝, 松岡健一, 五十嵐賢二, 草谷洋光, 飯塚芳徳 ,国立極地研究所(2000).

内陸旅行(春期ドーム旅行), 日本南極地域観測隊第40次隊報告, 400-423, 2000.


古川晶雄, 鈴木利孝, 松岡健一, 安ヶ平一也, 亀谷弘智, 遠藤伸彦, 大谷眞二 ,国立極地研究所(2000).

広告から学ぶ日本語&日本文化


尤銘煌、李璧如、陳怡君 ,致良出版社(2000).

話そう日本語


尤銘煌、柯停文、戸辺絵里子 ,前程出版社(2001).

金田一春彦著「日本語」の短評


 ,Media, Language and Culture No. 42, 北海道大学言語文化部(2002).

鉛電池の新時代 日本で開発した新技術により廃棄電池を半分以下にして世界の環境に貢献


小沢昭弥,岡安達也,松田昭夫,坂井是政,山下正道,池田章一郎,仁科辰夫,菅原陸郎,J.C.Nardi, R.J.Brodd ,化学工業,76,164-167(2004)(2004).

植生図からみた日本海沿岸北部における海岸域の土地利用


野堀嘉裕・佐久間陽之・鈴江宏一郎・高橋教夫 ,森林計画学会誌,36(2)(2002).

ブナ年輪幅の変動に及ぼす環境要因について(Ⅰ)-北日本8地域における標準年輪曲線の作成と気象要素の解析-


野堀嘉裕・高橋教夫・尾形俊成 ,日本林学会論文集109(1998).

日本海沿岸北部における海岸林の特徴現況


野堀嘉裕・林田光祐・中島勇喜 ,東北森林科学会,5(2)(2000).

労働安全衛生の基本的原則


日本実験動物環境研究会 ,アドスリー(2002).

C型インフルエンザウイルスのHE遺伝子の分子進化学的研究. 日本臨床, 55(10), 129-134, 1997.


 ,(1997).

アンドレイ・ドミートリエフ『閉じた本』


 ,北海道大学スラブ研究センター, 現代文芸研究のフロンティア(I)(2000).

別冊太陽「おとなが子どもに出会う絵本」


谷川俊太郎・中川素子 編 ,平凡社(2003).

「絵本と構成学」


 ,日本デザイン学会「構成学の展開」(デザイン学研究特集号)(2003).

「写真を使って絵本を作ろう!」


中川素子・和田直人 ,あすなろ書房(2003).

「いろいろな写真遊びを絵本にしよう」


石井光恵、和田直人、中川素子 ,ミネルヴァ書房『発達81』(1999).

「絵本と遊ぼう」


中川素子編集 ,平凡社『別冊太陽108』(2000).

「形と遊んで絵本にしよう」


和田直人、中川素子、石井光恵 ,ミネルヴァ書房『発達79』(1999).

「おもしろい写真を絵本にしよう」


中川素子、石井光恵、和田直人 ,ミネルヴァ書房『発達80』(1999).

「ものがたりを絵本にしよう」


和田直人、中川素子、石井光恵 ,ミネルヴァ書房『発達82』(2000).

「子どもの夢を絵本にしよう」


中川素子、石井光恵、和田直人 , ミネルヴァ書房『発達77』(1999).

「ぼく・わたしを絵本にしよう」


石井光恵、和田直人、中川素子 ,ミネルヴァ書房『発達78』(1999).

「イラストレーション/絵本」(武蔵野美術大学通信教育テキスト)


今井良郎・中川素子編集 ,武蔵野美術大学出版局(2002).

ミシン縫製における新技術開発に関する研究第四報本縫(type301)を基本にした新縁かがり縫目構造(ECLS)


柚山幸助、佐久間孝一、鈴木重雄 ,第15回繊維連合学会研究発表論文集(2002).

ミシン縫製における新技術開発に関する研究第三報自動糸供給装置3本糸オーバーロックミシンの開発


柚山幸介、佐久間孝一、鈴木重雄 ,繊維学会講演論文集(2002).

ミシン縫製における新技術開発に関する研究第五報本縫(Type301)を基本にした新縁かがりミシン(ECLS)の開発


佐久間孝一、柚山幸介、鈴木重雄 ,(2002).

ミシン縫製における新技術開発に関する研究第一報高低速本縫いミシンの自動糸供給装置によるデジタル化


 ,繊維学会講演論文集(2002).

ミシン縫製における新技術開発に関する研究第二報3本糸オーバーロックミシン縫目(type504)の縫糸消費量


 ,繊維学会講演論文集(2002).

PAC分析と「個」へのアプローチ 山本力・鶴田和美(編著)『心理臨床家のための「事例研究」の進め方』北大路書房, Pp.108-117.


山本力・鶴田和美 ,北大路書房(2001).

空間7Rリンク継手の運動特性解析,日本機械学会論文集C編,64巻619号,1998(共著)


南後淳・渡辺克巳 ,日本機械学会(1998).

回転する2層円筒殻の振動解析,日本機械学会論文集C編,59巻567号,1993(共著)


鈴木勝義・南後淳・小沢田正 , 日本機械学会(1993).

空間7Rリンク機構の運動特性解析(第1報,繰返し計算法による変位解析),日本機械学会論文集C編,61巻584号,1995(共著)


南後淳・渡辺克巳・清野浩彦 ,日本機械学会(1995).

空間7Rリンク機構の運動特性解析(第2報,影響係数解析および7Rリンク継手),日本機械学会論文集C編,62巻604号,1996(共著)


南後淳・渡辺克巳 ,日本機械学会(1996).

直進対偶駆動形3自由度空間パラレルメカニズムの運動特性解析,日本機械学会論文集C編,69巻677号,2003(共著)


渡辺克巳・田中俊之・南後淳・夏井幸彦 ,日本機械学会(2003).

交差回転軸をもつ空間7R7節リンク機構の運動学,力学特性解析,日本機械学会論文集C編,65卷640号,1999(共著)


南後淳・渡辺克巳 ,日本機械学会論文集(1999).

マニピュレータ用手首関節機構の機構設計,日本機械学会論文集C編,66卷646号,2000(共著)


南後淳・渡辺克巳 ,日本機械学会(2000).

日本の化学産業技術,工業調査会(1997)pp441-470


神田他25名  , (株)工業調査会(1997).

日本人の音感覚に関する総合的・実証的研究


河口道朗代表 ,平成13~14年度科学研究費補助金、基盤研究C2、研究成果報告書(2003).

それぞれの本'矢作清


'yyyy' ,yyyy'(1995).

日本農業・農村の史的展開と農政―第二次大戦後を中心として―


日本村落研究学会編(大川は編著者) ,農山漁村文化協会(2001).

大川健嗣「アンケート調査『市街地で生活する高齢者の生活実態調査』の分析結果」「本研究のまとめ」『山形県健康科学研究所紀要―市街地の変容とそれに伴う高齢者の生活実態の変化に関する研究―』第20巻第1号、pp.2-33、61-65。 2001年3月


 ,(2001).

日本農村の構造転換を問う―1980年代以降を中心に―


日本村落研究学会編( ,農山漁村文化協会(2002).

日本農村の構造転換を問う―1980年代以降を中心に―


日本村落研究学会編( ,農山漁村文化協会(2002).

日本農村の構造転換を問う―1980年代以降を中心に―


日本村落研究学会編( ,農山漁村文化協会(2002).

日本農村の構造転換を問う―1980年代以降を中心に―


日本村落研究学会編( ,農山漁村文化協会(2002).

日本農村の構造転換を問う―1980年代以降を中心に―


日本村落研究学会編(大川は編著者) ,農山漁村文化協会(2002).

大川健嗣「アンケート調査『市街地で生活する高齢者の生活実態調査』の分析結果」「本研究のまとめ」『山形県健康科学研究所紀要―市街地の変容とそれに伴う高齢者の生活実態の変化に関する研究―』第20巻第1号


大川健嗣 ,(財)山形県長寿社会推進機構、山形県健康科学研究所(2001).

日本語話者における米語歯茎摩擦音[s]と[S]の調音混同の理論的考察


中山和男,山口純子 ,山形大学(2003).

証明責任の分配に関する基本原則


 ,山形大学法政論叢26号(2002).

『音楽教育入門-基本理念の構築-』


河口道朗 ,音楽之友社(1995).

『日本のオペラ年鑑1999』


オペラ団体協議会 ,オペラ団体協議会(2001).

書評「宮井義雄著『日本宗教史の中の中世的世界』


 ,日本歴史584(1997).

『日本史広辞典』で300項目ほど執筆


 ,山川出版社(1997).

第24回国際日本文学研究会にて「説教節『小栗判官』の成立再考」という題で報告


 ,(2000).

別冊法学セミナー基本法コンメンタール=新民事訴訟法2第二編/第一審の訴訟手続


小室直人ほか ,日本評論社(1997).

都市打ちこわしの論理構造-日本近世の都市食糧蜂起について-


 ,歴史学研究(第547号)(1985).

街道の日本史11 最上川と羽州浜街道


横山昭男 ,吉川弘文館(2001).

街道の日本史11 最上川と羽州浜街道


 ,(2001).

都市打ちこわしの論理構造-日本近世の都市食糧蜂起について-


歴史学研究会1985年度大会近世史部会 ,明治大学(1985).

書評・本城正徳著『幕藩制社会の展開と米穀市場』


 ,史学雑誌(第104編第12号)(1995).

日本の歴史を解く100人


吉村武彦・池享・吉田伸之・原田敬一 ,文英堂(1995).

日本の歴史を解く100話


吉村武彦・池享・吉田伸之・原田敬一 ,文英堂(1994).

日本近世都市騒擾の地方的展開に関する基礎的研究―18世紀を中心に―


 ,科学研究費補助金基盤研究(C)(2)研究成果報告書(1999).

井上隆:エラストマープレンドの架橋ならびに混練に関する一考案:日本ゴム協会誌,60[4], 173-180


 ,(1987).

酒井哲也,井上隆:二相系の力学的挙動:日本接着協会誌,24[4], 160-161


 ,(1988).

井上隆:反応誘発型相分解・相溶解:日本ゴム協会誌,555-563


 ,(1989).

菊池裕,岡田哲雄,井上隆:熱可塑性エラストマーの構造と物性;日本ゴム協会誌,64,540-546


 ,(1991).

Juan C. ANGOLA, 井上 隆:動的架橋;日本ゴム協会誌、69(4)、290-297


 ,(1996).

井上 隆:高分子多成分系の構造制御;日本ゴム協会誌,71(4), 186-194


 ,(1998).

井上隆:オレフィン系ポリマーアロイの構造制御と発現物性;日本ゴム協会誌,72(9),514‐518


 ,(1999).

「説経節『小栗判官』の成立再考」 『境界と日本文学--画像と言語表現』


 ,国文学研究資料館(2001).

『「お坊さん」の日本史』


 ,NHK出版(2002).

日本半導体産業から見た半導体技術ロードマップとSoC


 ,超集積化デバイス・システム第165委員会第15回研究会,日本学術振興会(2000).

奥羽本線板谷峠の産業遺産 (1)-(5)


 , 金属 70 (2)-(6) (2000).

日本近代化遺産を歩く:産業・土木・建築・機械,近代を語る証人たち


日本ナショナルトラスト編. , JTB(2001).

トリス(ビピリジン)ルテニウム-メチルビオローゲン系可視光触媒を用いる水からの長時間水素生成反応,日本エネルギー学会誌,81,1,57,(2002)


勝山、高畑、松田、折原、横田 ,日本エネルギー学会誌 (2002).

日本の海岸砂の清浄化に関する研究


菅野,木俣,佐藤,船中,長谷川  ,山形大学紀要(工学),25(1),59-69(2000).

透光性YAGセラミックスの作製と赤外分光計窓材への応用, 日本化学会誌、437-440 (2000).


 ,(2000).

現代日本の村落におけるイエの再構築


 ,年報村落社会研究38号(2002).

法人資本主義と「資本の物化」


 ,『山形大学紀要(社会科学)』23(1)(1992).

法人資本主義と「資本物化」の現実化


 ,『山形大学紀要(社会科学)』24(1)(1993).

日本列島におけるミズナラ(Quercus crispula)の堅果重と気象因子との相関


日浦 勉・小山浩正・五十嵐恒夫 ,植物地理・分類研究45(1997).

経鼻孔経蝶形骨洞内視鏡手術の進歩と限界、日本内分泌学会雑誌 78 suppl 89-92,2002


 ,(2002).

絵本が開く魔法の世界


 ,サンパティック・カフェ(2000).

在宅筋萎縮性側索硬化症患者の主観的Quality of Lifeに関する研究.日本在宅ケア学会5(3),47-53


 ,(2002).

在宅筋萎縮性側索硬化症患者の介護負担感に関する研究.日本地域看護学会誌 3(1),38-45


 ,(2001).

戦後日本資本主義と農業(経済学博士論文、東北大学)


大川健嗣 ,御茶の水書房 (1979).

本州北部日本海側の豪雪地における降雪による酸性イオン沈着量の局地的集中. 日本雪氷学会誌,62,255-264.  


塚原初男、飯田俊彰、上木勝司、山谷 睦、福島 純、武田能拓、猪飼啓文、安国起世、 ,(2000).

日本海沿岸地域における酸性雨・雪の特徴. 農業土木学会誌、60,1103-1106.  


飯田俊彰、上木勝司 ,(1992).

東北地方日本海沿岸地域における湿性酸性降下物の特性. 農業土木学会論文集,175, 47-56.  


飯田俊彰、上木勝司、塚原初男、上木厚子 ,(1995).

山形県日本海沿岸山地小流域における酸性降下物の河川流出の定量的把握の試み. 山形大学紀要、11, 81-86.   


飯田俊彰、石田朋靖、上木勝司、上木厚子、桑原英夫、塚原初男 ,(1990).

山形県日本海沿岸部における降水中の酸性物質の実態. 山形大学紀要、11, 143-148.   


上木勝司、飯田俊彰、上木厚子、石田朋靖、塚原初男、桑原英夫 ,(1990).

日本における酸性雨の特性と酸性雨の土壌・森林への影響. 太陽エネルギー、21,51-57.   


飯田俊彰、上木勝司 ,(1995).

日本の積雪と酸性融雪水の流出現象. 環境技術、23,22-25.  


北村守次、飯田俊彰、上木勝司 ,(1994).

在宅筋萎縮性側索硬化症患者の介護負担感に関する研究.日本地域看護学会誌 2001;3:38-45


 ,(2002).

カントと日本文化[日本カント研究2]


日本カント協会 ,理想社(2001).

日本における市民教育の問題と近代欧米哲学-人格と個人-


 ,山形大学教育実践研究(第5号)(1996).

日本クラブフラウエンコーア25周年コンサート/ 山田耕筰作品集より,ドイツ民謡プログラム,高田三郎「心の四季」 指揮 


 , ドイツ デュッセルドルフ(1998).

日本型企業統治と「過剰」投資-石油ショック前後とバブル経済期の比較分析-


宮島英昭・斉藤直 ,フィナンシャル・レビュー(2001).

III.代表的疾患の理学療法:6.手疾患.理学診療マニュアル─運動器疾患のリハビリテーション─,石井良章・井上一・岩谷力・川村次郎・白井康正編,東京,(株)全日本病院出版会,182-185,2000.


石井良章・井上一・岩谷力・川村次郎・白井康正編 ,(株)全日本病院出版会(2000).

母指形成不全に対する母指化術の長期成績―術後10年以上の経過観察例―.日本手の外科学会雑誌,12(5):765-767,1996.


 ,(1996).

小児のcurly toesに対する切腱術.日本足の外科学会雑誌,21(2):107-110,2000.


 ,(2000).

厚肉一般回転殻の非軸対称振動、日本機械学会論文集、54巻508号C, 2822-2829


鈴木勝義、谷地田工、小沢田正 ,(1988).

変厚Mindlin円板の振動、日本機械学会論文集、48巻431号C, 935-945


鈴木勝義、山口武史、平野芳則、小沢田正、高橋伸 ,(1982).

変厚円すい殻の軸対称振動、日本機械学会論文集、48巻427号C, 302-312


高橋伸、鈴木勝義、安斎栄尚、小沢田正 ,(1982).

厚さの変化する円筒かくの振動(続報)、日本機械学会論文集、47巻423号C, 1436-1448


鈴木勝義、安斎栄尚、高橋伸 ,(1981).

変厚円筒殻容器の軸対称振動、日本機械学会論文集、48巻426号C, 176-187


鈴木勝義、近野正伸、小沢田正、高橋伸 ,(1982).

曲線棒の定常応答(面内)、日本機械学会論文集、47巻414号C, 223-228


鈴木勝義、田村重夫、高橋伸 ,(1981).

断面の変化する曲線棒の面内振動、日本機械学会論文集、47巻423号C, 1428-1435


鈴木勝義、高橋伸 ,(1981).

だ円弧棒のその面に垂直な振動、日本機械学会論文集、43巻367号C, 897-902


高橋伸、鈴木勝義 ,(1977).

曲線棒の面内振動、日本機械学会論文集、43巻372号C, 2914-2923


鈴木勝義、高橋伸、石山裕 ,(1977).

外周に一様分布荷重を持つ円板の振動、日本機械学会論文集、38巻312号C, 2023-2031


高橋伸、鈴木勝義、中村善治 ,(1972).

だ円弧棒およびサイン曲線棒の面内振動、日本機械学会論文集、43巻366号C, 495-503


高橋伸、鈴木勝義、深沢健、中町華都雄 ,(1977).

非円筒殻の振動、日本機械学会論文集、48巻433号C, 1341-1350


鈴木勝義、田村重夫、小沢田正、高橋伸 ,(1982).

薄肉回転殻の非軸対称振動、日本機械学会論文集、49巻440号C, 496-504


小沢田正、鈴木勝義、高橋伸 ,(1983).

円筒の振動(固定ー自由)、日本機械学会論文集、35巻275号C, 1412-1416


高橋伸、平野芳太郎、鈴木勝義、仲地唯渉 ,(1969).

円筒と円筒の結合系の振動、日本機械学会論文集、35巻279号C, 2176-2182


高橋伸、平野芳太郎、鈴木勝義 ,(1969).

円板のついた棒の曲げ振動、日本機械学会論文集、38巻310号C, 1277-1284


高橋伸、鈴木勝義、山口武史 ,(1972).

せん断変形および回転慣性を考慮した曲線棒の面内振動、日本機械学会論文集、45巻389号C, 12-20


鈴木勝義、高橋伸 ,(1979).

曲線棒の接続系の振動(面内)、日本機械学会論文集、45巻390号C, 155-162


鈴木勝義、朝倉章、高橋伸 ,(1979).

曲線棒の接続系の振動(面外)、日本機械学会論文集、45巻390号C, 163-170


鈴木勝義、高橋伸 ,(1979).

厚さが半径方向に変化するMindlin円板の振動、日本機械学会論文集、46巻405号C, 528-533


高橋伸、鈴木勝義、山口武史 ,(1980).

せん断変形および回転慣性を考慮した曲線棒の面外振動、日本機械学会論文集、46巻411号C, 1319-1326


鈴木勝義、高橋伸 ,(1980).

厚さの変化する円筒かくの振動、日本機械学会論文集、47巻414号C, 118-128


高橋伸、鈴木勝義、小沢田正、安斎栄尚 ,(1981).

曲線棒の定常応答(面外)、日本機械学会論文集、47巻414号C, 229-234


鈴木勝義、佐藤康博、高橋伸 ,(1981).

薄肉回転殻の軸対称振動、日本機械学会論文集、49巻445号C, 1485-1491


鈴木勝義、菊地範夫、小沢田正、高橋伸 ,(1983).

円板と回転殻の接続系の振動、日本機械学会論文集、50巻449号C, 64-71


小沢田正、鈴木勝義、高橋伸 ,(1984).

変位拡大機構を有する平板状超音波モータ、日本設計工学会誌、28-6, 251-255


鈴木勝義、平本立一、小沢田正、富川義朗、楊志剛 ,(1993).

回転する薄肉回転殻の振動解析、日本機械学会論文集、60巻572号C, 1130-1137


鈴木勝義、鹿内元治、平本立一 ,(1994).

厚さの変化する円筒かくの軸対称振動、日本機械学会論文集、47巻416号C, 405-414


鈴木勝義、近野正伸、高橋伸 ,(1981).

変厚円すい殻の振動、日本機械学会論文集、48巻425号C, 31-39


高橋伸、鈴木勝義、安斎栄尚、小沢田正 ,(1982).

円板の付いた変厚円筒殻の振動、日本機械学会論文集、49巻438号C, 154-164


鈴木勝義、高橋伸、安斎栄尚、小沢田正 ,(1983).

変厚円すい殻の振動、日本機械学会論文集、50巻453号C, 747-754


高橋伸、鈴木勝義、小沢田正 ,(1984).

断面の変化する曲線棒の面外振動、日本機械学会論文集、48巻430号C, 803-811


鈴木勝義、小沢田正、高橋伸 ,(1982).

変断面曲線棒の面外衝撃応答、日本機械学会論文集、52巻476号C, 1211-1217


鈴木勝義、杉邦明、小沢田正、高橋伸 ,(1986).

一般回転殻の非軸対称自由振動、日本機械学会論文集、52巻480号C, 2061-2067


小沢田正、鈴木勝義、高橋伸 ,(1986).

変厚一般回転殻の非軸対称振動、日本機械学会論文集、54巻508号C, 2830-2836


鈴木勝義、三浦和幸、小沢田正 ,(1988).

厚肉回転殻の非軸対称振動、日本機械学会論文集、50巻451号C, 447-455


小沢田正、鈴木勝義、高橋伸 ,(1984).

変断面曲線棒の面内衝撃応答、日本機械学会論文集、50巻458号C, 1767-1773


鈴木勝義、宮下康司、小沢田正、高橋伸 ,(1984).

厚肉トーラスの自由振動、日本機械学会論文集、52巻473号C, 7-15


小沢田正、鈴木勝義、高橋伸 ,(1986).

変断面不均質曲線棒の面外振動、日本機械学会論文集、53巻495号C, 2216-2221


鈴木勝義、小沢田正 ,(1987).

曲線棒の面外振動、日本機械学会論文集、44巻380号C, 1183-1195


鈴木勝義、会田英生、高橋伸 ,(1978).

トーラスの自由振動、日本機械学会論文集、51巻461号C, 8-16


小沢田正、鈴木勝義、高橋伸 ,(1985).
業績…