鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
生物…
「生物」の検索結果です。
 

生物化学実験のてびき 4.動物・組織実験法「臓器灌流の行い方」


田村 守、野村保友 ,化学同人(1996).

水田土壌中におけるメタン生成微生物生態系の解析-各種細菌の分布の季節変化と有機物施用の影響-


加来伸夫、上木厚子、大渕光一、上木勝司 ,環境科学会誌, 9(2), 249-261(1996).

水田土壌中におけるメタン生成微生物生態系の解析-各種細菌とメタン生成活性の水稲根および植物残渣上における分布-


加来伸夫、上木厚子、藤井弘志、上木勝司 ,環境科学会誌, 10(1), 51-62(1997).

ゲノムDNA配列に潜んでいる生物種の個性を明らかにする新規な統計数理的手法


阿部貴志, 金谷重彦, 木ノ内誠, 池村淑道 ,統計数理, 52(2004).

『生物有機化学』


貫名 学、星野 力、木村靖夫、夏目雅裕 ,三共出版(2003).

ゲノミクス・プロテオミクスの新展開 ~生物情報の解析と応用~


今中忠行 監修 ,エヌ・ティー・エス(2004).

ゲノムからみた生物の多様性と進化


五條堀孝 ,シュプリンガー・フェアラーク東京(2003).

ゲノム情報処理技術に基づいた生物種固有のコドン使用多様性


金谷重彦, 木ノ内誠, 大平賢, 工藤喜弘 ,情報知識学会誌, 10(2001).

Ca2+非存在下のカルモジュリンの標的分子認識 生物物理 42(2),60-65(2002)


 ,日本生物物理学会(2002).

アツミカブ糠床熟成中の微生物フローラと糠床から分離した酵母の同定. 山形大学紀要 11, 789-795.  


河東田茂義、高橋文秀、小河充佳、上木勝司、上木厚子 ,(1993).

水田土壌中におけるメタン生成微生物生態系の解析-各種細菌とメタン生成活性の水稲根および植物残渣上における分布-. 環境科学会誌, 10, 51-62.


加来伸夫、上木厚子、藤井弘志、上木勝司 ,(1997).

水田土壤中におけるメタン生成微生物生態系の解析-各種細菌の分布の季節変化と有機物施用の影響-,環境科学会誌,9, 249-261


加来伸夫、上木厚子、大渕光一、上木勝司 ,(1996).

水田土壌中におけるメタン生成微生物生態系の解析-各種細菌の分布の季節変化と有機物施用の影響-. 環境科学会誌, 9, 249-261.


加来伸夫、上木厚子、大渕光一、上木勝司 ,(1996).

嫌気微生物学(上木勝司、永井史郎編). 酸生成細菌の生理と生態(第2章)、各種嫌気環境における微生物の生態(第8章)。


上木勝司、上木厚子(第2章)。上木厚子、上木勝司(第8章)。 ,養賢堂(1993).

水田土壤中におけるメタン生成微生物生態系の解析-各種細菌とメタン生成活性の水稲根および植物残渣上における分布-,環境科学会誌,10, 51-62


 ,加来伸夫、上木厚子、藤井弘志、上木勝司(1997).

嫌気微生物学(上木勝司、永井史郎編)


上木厚子、遠藤銀朗、上木勝司 ,養賢堂(1993).

螢光及び画像解析法による土壤中の微生物個体の検出,土と微生物,46, 41-49


辻 尭、河崎行繁、竹島征二、松本紳一郎、上木厚子 ,(1995).

植物と微生物による環境修復(Ⅲ 植物による環境修復-ヒドロキシルラジカル生産によるメタンの消去技術とメタン以外の有機物への応用可能性-)、博友社(2000)


 ,(1950).

(1)木質系産業廃棄物に含まれる生物活性物質の生物検定,(2)日林東北支部会誌,(3)45,(4)1993(共著)等環境関係の報告2.


 ,(2001).

ヒエという植物- 第13章ヒエホソメイガの生活史とノビエの生物的防除


薮野友三郎・山口裕文 ,全国農村教育協会(2001).

ゲノム情報処理技術に基づいた生物種固有のコドン使用多様性


金谷重彦、木ノ内誠、大平賢、工藤喜弘 ,情報知識学会誌(2000).

総合的な視野を取り入れるための生物教材の開発ー光合成の明反応における実験の導入ー


村山 修 ,日本理科教育学会東北支部第39回(山形)大会要項(1999).

エンドウやカイワレダイコンを利用した光合成の実験ープロセスを考え,検証させる生物教材の開発に向けてー


舟生卓磨 ,日本理科教育学会東北支部第38回(弘前)大会要項(1998).

生物学と生命観


 ,培風館(2000).

「貧栄養湖の役割と生物多様性および物質循環の場に関する研究」 平成9-11年度科学研究費補助金基盤研究(C)2研究成果報告書


 ,(2001).

ヒツジのルーメン内微生物および無細胞ルーメン液区分における長鎖脂肪酸の量と組成に及ぼす濃厚飼料と粗飼料の給与割合の影響.日本畜産学会報,71:J26-J38.2000.


佐々木啓・堀口健一・高橋敏能. , (2000).

ヒツジのルーメン内微生物および無細胞ルーメン液区分における長鎖脂肪酸の量と組成に及ぼす濃厚飼料と粗飼料の給与割合の影響


佐々木・高橋 ,日本畜産学会(2001).

生物化学実験法44 タンパク質代謝研究法


野口忠・船引龍平・門脇基二 ,学会出版センター(2000).

キノコがつくるゴム-ゴム分子の鎖延長機構-,化学と生物, 36(11):698-699


 , (1998).

生物圏の科学,(共立出版)(1992)


 ,(2001).

岩波生物学辞典,第4版,「視覚及び網膜に関する項目」,平成8,岩波書店


 ,(2019).

藻類多様性の生物学,内田老鶴圃(1997)(共著)


 ,(2019).

生物の種多様性,裳華房(1996)(共著)


 ,(2019).

ネオ生物学シリーズ第2巻「ゲノム情報を読む」(宮田隆・五篠堀隆 編)共立出版(1997)(共著)


 ,(2019).
業績…