鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
解…
「解」の検索結果です。
 

リチウム電池駆動用電解液中におけるアルミニウムの不働態化

リチウムイオン二次電池の正極集電体に使われるアルミニウムは有機電解液で不働態化する。その不働態化機構は高電場機構であり、水溶液中の反応機構と同じである。しかし水溶液中では溶媒の水がアルミニウムと反応して酸化皮膜を形成するのに対して、有機電解液中では電解質がアルミニウムと反応してフッ化皮膜を形成する。フッ化皮膜のアノダイジングレシオは約1.75nm/V⇒#72@物理量; 【業績】立花和宏…らは、2003年にリチウムイオン二次電池用の正極集電体アルミニウムについてについて報告し、第三章は不働態化について書いています⇒#14262@業績;。 博士論文です。 ⇒#153@卒論;。 【関連講義】エネルギー変換化学特論,リチウム二次電池のアルミニウム集電体に…と述べている⇒#15994@業績;。 皮膜を通過する電流密度(高電場機構)⇒#49@計算; 【関連講義】 【2001年度(平成13)卒業研究】⇒#482@講義; アルミニウム|有機電解液界面⇒#2075@講義; アルミニウム集電体⇒#2603@講義; 刊行物2001_H13@C1⇒#3699@講義; 追記:


立花 和宏佐藤 幸裕仁科 辰夫遠藤 孝志松木 健三小野 幸子 ,Electrochemistry, Vol. 69, No.9, pp.670-680(2001).

LiMn2O4系に対する導電付与材、集電体&電解液の効果

リチウムイオン二次電池の正極活物質であるマンガン酸リチウム⇒#464@化学種;系の電池反応において導電付与材、集電体&電解液がどのような影響をおよぼすか検討した⇒#14@学会;。 1999年3月⇒#1253@ノート; ○片倉英至,…らは、1997年に大阪豊中で開催された第38回電池討論会において正極に LiMn2O4 を用いたリチウム二次電池の充放電挙動-集電体と電解液の組み合わせの影響-について報告している⇒#14@学会;。 【講義ノート】電極に内在する界面⇒#2068@講義ノート; 【関連講義】 LiMn2O4系に対する導電付与材、集電体&電解液の効果(1999)⇒#2096@講義; 卒業研究(C1-電気化学2004~),集電体|電解液(界面)⇒#1222@講義; 卒業研究(C1-電気化学2004~),電池性能と合材スラリー⇒#2875@講義; 学会発表1999@C1⇒#3146@講義; 【関連講義】卒業研究(C1-電気化学2004~),刊行物1999_H11@C1⇒#3826@講義;


松木 健三立花 和宏 ,マテリアルインテグレーション, Vol.12, N. pp.35-42(1999).

アルミニウムの表面酸化皮膜が有機電解液中でのアノード酸化に及ぼす効果

アルミニウムの表面酸化皮膜が有機電解液中でのアノード酸化に及ぼす効果 かねこは、2011年に、それまでの研究を液晶場をプローブとした固体材料の表面電子移動機構の解明と有機半導体開発への応用(仮)というテーマで博士論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#430@卒論;。 やぎぬしは、2010年に、それまでの研究をリチウムイオン二次電池用バインダーおよび合材スラリーの評価法に関する研究というテーマで修士論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#399@卒論;。 えんどうは、2009年に、それまでの研究をアルミニウムの表面酸化皮膜が有機電解液中でのアノード酸化に及ぼす効果というテーマで卒業論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#408@卒論;。 【関連講義】卒業研究(C1-電気化学2004~),刊行物@C1(2010◆H22)⇒#3194@講義; 【学会】○柳沼雅章,…らは、2009年に幕張メッセ 国際会議場(千葉市美浜区中瀬2-1) で開催された第120回講演大会においてアルミニウムの表面酸化皮膜が有機電解液中でのアノード分極によってフッ化皮膜に置換する過程につ


金子 郁枝柳沼 雅章遠藤 淳一立花 和宏遠藤 孝志仁科 辰夫, 村山勉 ,表面技術 Vol.61, No.4, 2010: pp.330-333(2010).

インピーダンスの測定ノウハウとデータ解析の進め方

大学が有する技術情報の活用による社会貢献のための基金⇒#24@プロジェクト; http://www.nts-book.co.jp/item/detail/summary/energy/20090227_55.html https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/56307/56307_14.asp 【関連書籍】インピーダンスの測定ノウハウとデータ解析の進め方(目次)⇒#746@レビュー;


立花 和宏 ,技術情報協会(2009).

特許出願2002-123266:アノード電解によるジルコニウムとハフニウムの分離方法

出願番号 : 特許出願2002-123266 出願日 : 2002年4月24日 公開番号 : 特許公開2003-313694 公開日 : 2003年11月6日 出願人 : 科学技術振興事業団 発明者 : 立花 和宏 外4名 発明の名称 : アノード電解によるジルコニウムとハフニウムの分離方法 要約: 【課題】ジルコニウムとハフニウムの新規な分離方法を提供することをねらいとするものである。 【解決手段】ジルコニウムとハフニウムの分離方法において、両性分を含む金属を有機電解液中でアノード電解し、これによってハフニウムを電解液にアノード溶解し、電解液からハフニウムを回収し、電解残滓からジルコニウムを富化して回収することを特徴とするものである。 さかもとは、2002年に、それまでの研究を有機電解液中におけるバルブメタルのアノード皮膜特性というテーマで卒業論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#176@卒論;。 【関連講義】卒業研究(C1-電気化学2004~),刊行物2002_H14@C1⇒#3981@講義;


 ,特許特願2002-123266(2002).

特許特願2002-217221 非水電解質リチウム二次電池

【特開2004-063156】 Li二次電池の正極集電には通常Alが使われているが、Al表面の被膜は酸やアルカリと反応し耐食性が充分でなく、製作過程で入る水分により被膜が損傷すると電解液を分解して寿命が短くなる、と言う製造上の厄介な問題がある。 【解決手段】本発明はHfの緻密な表面被膜がフッ素アニオンを含む有機電解液中で電解液の分解抑制に有効であることと、水溶液系に強い耐食被膜であること、の二つの特徴を持つことを見いだし、この知見に基づき導電性の良いAl等金属表面をHf(ハフニウム)やその合金で被覆することにより、前記水分の影響を軽減し、安定な製作条件でLi二次電池を製作するものである。


 ,特許特願2002-217221(2002).

マイクロ電極を用いる有機電解液中でのリチウム析出・溶解挙動の評価


石垣 憲一仁科 辰夫内田 勇 ,表面技術,46, 941-945(1995).

特許特願2002-123153 非水電解質リチウム二次電池及びその製造方法

特許出願2002-123153 特許公開2003-317806 【課題】超高速充放電を可能とする非水電解質リチウム二次電池を提供しようとするものである。 【解決手段】正極集電体に正極活物質が付着してなる非水電解質リチウム二次電池において、電解液の分解過電圧η[V]、正極集電体と正極活物質を含めた正極材との接触抵抗σ[Ωcm2]、リチウム複合酸化物の理論電気量Q[mAh/g]、リチウム電池のCレート[h-1]としたとき、正極集電体金属表面に対する正極活物質付着量m[g/cm2]を、η、σ、C、Qに対して次式の関係を満たすように調整することによって充放電特性に優れた超高速充放電を達成することができた。 【特許請求の範囲】 【請求項1】 正極集電体に正極活物質が付着してなる非水電解質二次電池において、電解液の分解過電圧η[V]、正極集電体と正極活物質を含めた正極材との接触抵抗σ[Ωcm2]、リチウム複合酸化物の理論電気量Q[mAh/g]、リチウム電池のCレート[h-1]としたとき、正極集電体金属表面に対する正極活物質付着量m[g/cm2]を、η、σ、C、Qに対して次式の関


立花和宏、尾形健明、仁科辰夫、遠藤孝志 ,特許特願2002-123153(2002).

特許出願2003-185839:固体電解コンデンサ用バルブメタル焼結体とその製造方法およびこの焼結体を用いた固体コンデンサ

固体電解コンデンサ用バルブメタル焼結体とその製造方法およびこの焼結体を用いた固体コンデンサ 共願 2003 特許特願2003-185839 固体電解質電解コンデンサにおける漏れ電流を評価するために不活性ガス中で熱処理を行った。 (立花和宏、尾形健明、仁科辰夫、遠藤孝志、岡田和正) 岡田 和正は、2002年に、それまでの研究をニオブアノード酸化皮膜の絶縁性及び固体電解質による皮膜修復性能の評価というテーマで卒業論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#192@卒論;。 2003年6月27日出願 JST:Y2003-P007 代理人:森竹義昭 2005年5月11日審査請求 【特許】固体電解コンデンサ用バルブメタル⇒#708@ノート;


 ,特許出願2003-185839(2003).

特許出願2004-97209:固体電解質コンデンサおよびその製造方法

出願番号 : 特許出願2004-97209 出願日 : 2004年3月29日 公開番号 : 特許公開2005-286072 公開日 : 2005年10月13日 出願人 : 独立行政法人科学技術振興機構 発明者 : 立花 和宏 外5名 発明の名称 : 固体電解質コンデンサおよびその製造方法 要約: 【課題】バルブ金属をアノードとする固体電荷質コンデンサにおいて、漏れ電流の小さい、そしてESR値の小さいコンデンサ設計技術を提供しようとするものである。 【解決手段】バルブメタルを所定の耐電圧までアノード化成処理してなる、誘電体酸化被膜が形成されたアノードに対して、該誘電体酸化被膜に直接被覆するカソード材料として、標準水素電極(NHE)を基準とした酸化還元電位が0.7Vよりも高い酸化還元電位を有する電子導電性材料を選択、使用することにより解決する。


立花和宏 ,特許出願2004-97209(2004).

特許出願2005-288140:イオン性液体を電解液として使用したアルミニウム電解コンデンサ、電解コンデンサ用アルミニウム電極箔及びそのアルミニウム電極箔の製造方法

出願番号 : 特許出願2005-288140 出願日 : 2005年9月30日 公開番号 : 特許公開2007-103452 公開日 : 2007年4月19日 出願人 : 有限会社IM&T 発明者 : 立花 和宏 外4名 発明の名称 : イオン性液体を電解液として使用したアルミニウム電解コンデンサ、電解コンデンサ用アルミニウム電極箔及びそのアルミニウム電極箔の製造方法 要約: 【課題】イオン性液体を電解液として使用した高耐電圧のアルミニウム電解コンデンサを提供すると共に、極めて安定な性質を持つ不働態皮膜を生成させた電解コンデンサ用アルミニウム電極箔及びそのアルミニウム電極箔の製造方法を提供する。 【解決手段】アルミニウム電極箔からなる陽極箔及び陰極箔をセパレータを介して巻回したコンデンサ素子に電解液を含浸して構成されるアルミニウム電解コンデンサにおいて、前記電解液が、1-ブチル-3-メチル-イミダゾリウム、1-エチル-3-メチル-イミダゾリウム及び1-プロピル-3-メチル-イミダゾリウムの群より選ばれる一種以上のカチオンとBF4-アニオ


立花和宏 ,特許出願2005-288140(2005).

I膵臓解剖把握のKnack & Pitfalls,2.膵臓の外科解剖.Knack & Pitfalls膵脾外科の要点と盲点,木村理,編集


木村理 ,文光堂,東京,pp6-11.2002.10.20(2002).

胆嚢癌.専門医のための消化器外科レビュー:最新主要文献と解説2002,跡見裕他,編集


須藤幸一,木村理 ,総合医学社,東京,pp210-214.(2002).

肝門部胆管癌治療症例―画像読影による治療方針の決定と術式.竜 崇正著「肝門部の立体外科解剖」


竜崇正,石山秀一,小西大,趙明浩 ,医学図書出版,東京,2002;139-168(2002).

CT立体画像と肝鋳型標本からみた肝門部解剖の相違点―尾状葉と背側肝.竜 崇正著「肝門部の立体外科解剖」


竜崇正,石山秀一,趙明浩 ,医学図書出版,東京,2002;117-137(2002).

dorsal liverの胆管枝(肝鋳型標本から).竜崇正著「肝門部の立体外科解剖」


石山秀一 ,医学図書出版,東京,2002;65-70(2002).

背側肝(dorsal liver)の門脈枝(肝鋳型標本から).竜崇正著 「肝門部の立体外科解剖」


石山秀一 ,医学図書出版,東京,2002;57-64(2002).

肝門部のplate system.竜 崇正著「肝門部の立体外科解剖」


石山秀一 ,医学図書出版,東京,2002;13-15(2002).

肝臓を脱転しないhanging maneverによる肝切除の解剖学的検討


平井一郎,村上弦,木村理,金村哲宏 ,臨床解剖研究会記録 2002;2:40-41(2002).

専門医のための消化器外科学レビュー 最新主要文献と解説2003年7月19日5胆道疾患.4.胆嚢癌.東京


平井一郎,木村理 ,総合医学社,2003:227-231(2003).

膵頭体部の血管解剖


木村理,平井一郎,村上弦 ,胆と膵 2003;24:125-130(2003).

短肝静脈に関する新しい知見- Hanging maneuverによる肝切除術の解剖学的検討


平井一郎,木村理,村上弦 ,胆と膵 2003; 24: 97-103(2003).

膵臓の外科解剖


木村理 ,消化器画像 2003;5:626-634(2003).

膵嚢胞性疾患の新展開-IPMTを中心に-6.膵頭部の局所解剖と各種縮小手術


木村理 ,日外会誌 2003;104:460-470(2003).

膵頭体部の血管解剖


木村理,平井一郎,村上弦 ,胆と膵 2003;24:579(2003).

重症急性膵炎に対する持続動注療法の解剖学的検討.厚生労働化学研究費補助金 特定疾患対策研究事業


木村理,神賀正博,平井一郎 ,難治性膵疾患に関する調査研究班平成14年度研究報告書(班長 大槻眞),2003年,62-63(2003).

解剖体および胃癌手術所見からみた大動脈裂孔周囲のリンパ経路と郭清意義について


山田和彦,大山繁和,太田惠一朗,松原敏樹,山口俊晴,武藤徹一郎 ,日本消化器外科学会誌 2003;36:443-450(2003).

専門医のための消化器外科学レビュー 最新主要文献と解説5胆道疾患.4.胆嚢癌.東京


平井一郎,木村理 ,総合医学社,2004:222-226(2004).

特集 手術で役立つ臨床局所解剖の知識.脾摘術


平井一郎,木村理 ,手術 2004; 58 (10): 1627-1632(2004).

3大合併症で理解する消化器外科の術後合併症 膵臓癌手術後の3大合併症(1) 合併症その1膵液瘻 (2) 合併症その2 腹腔内出血 (3) 合併症その3 腹腔内腫瘍(解説)


水谷雅臣,木村理 ,消化器外科ナーシング2004;9(9):935-939(2004).

重症急性膵炎に対する持続動注療法の解剖学的検-第3報:膵頚部-主任研究者大槻眞:厚生労働省科学研究費補助金(難治性膵疾患克服研究事業).分担研究報告書


木村理,神賀正博,平井一郎,宮田明典,中林洋平 ,平成16年度総括・分担研究報告書.2005;83-85(2005).

5胆道疾患4.胆嚢炎.消化器外科学レビュー2005-最新主要文献解説-.門田守人ら,編,東京


須藤幸一,木村理 ,総合医学社 2005;111-114(2005).

膵頭十二指腸切除術における膵頭神経叢切除の理論と方法 外科解剖・病理からみた提言


木村理 ,膵臓 2004;19(5):463-470(2004).

外科手術のための膵臓の動脈に関する解剖学的検討


木村優子,木村理,平井一郎,菅原秀一郎,桜井文明 ,山形医学 2005;23(1):11-21(2005).

重症急性膵炎に対する持続動注療法の解剖学的検-第3報:膵頚部-主任研究者大槻眞:厚生労働省科学研究費補助金(難治性膵疾患克服研究事業).分担研究報告書


木村理,神賀正博,平井一郎,宮田明典,中林洋平 ,平成16年度総括・分担研究報告書, p.83-85,2005(2005).

5 胆道疾患 4.胆嚢癌,消化器外科学レビュー2006最新主要文献と解説


須藤幸一,木村理 ,総合医学社 2006年5月発行p119-124(2006).

『臨床解剖から見た手術のシークレット』Ⅵ.膵臓・脾臓の手術.6.脾摘出(腹腔鏡下手術を含む)


平井一郎,森谷敏幸,布施明,木村理 ,手術 第60巻 第6号p947-953,2006(2006).

手術手技 膵癌の標準手術-外科解剖・病理からみたRO手術?Standard operation for carcinoma of the pancreas- RO operation in view of surgical anatomy and pathology-


木村理 ,外科治療Vol.94 No.3(2006:3)P338-346(2006).

5 胆道疾患 4.胆嚢癌 消化器外科学レビュ-2007-最新主要文献と解説-


須藤幸一,木村 理 ,株式会社総合医学社,東京 2007.3.28 : 115-120(2007).

重症急性膵炎に対する持続動注療法の解剖学的検討


木村 理,宮田明典,中林洋平,平井一郎 ,医薬の門 2007 ; 47(4) : 350-354(2007).

胆道の外科解剖把握のKnack&Pitfalls 4)中下部胆管の外科解剖,胆嚢のリンパ流


平井一郎,木村 理 ,文光堂(in press)(2008).

5 胆道疾患 4.胆嚢癌 消化器外科学レビュー2008-最新主要文献と解説-


森谷敏幸,木村 理 ,株式会社総合医学社,東京 2008.3 : 118-125(2008).

3.消化器系の加齢変化 Ⅸ.高齢者の腹部救急.老年医学の基礎と臨床Ⅰ-認知症wp理解するための基礎知識-


木村 理,水谷雅臣 ,株式会社ワールドプランニング,東京 : 2008.6月10 : 89(2008).

3.消化器系の加齢変化 Ⅷ.胆嚢.老年医学の基礎と臨床Ⅰ-認知症wp理解するための基礎知識-


木村 理,水谷雅臣 ,株式会社ワールドプランニング,東京 : 2008.6 : 88(2008).

3.消化器系の加齢変化 Ⅶ.膵臓.老年医学の基礎と臨床Ⅰ-認知症wp理解するための基礎知識-


木村 理,水谷雅臣 ,株式会社ワールドプランニング,東京 : 2008.6 : 87(2008).

3.消化器系の加齢変化 Ⅵ.肝臓.老年医学の基礎と臨床Ⅰ-認知症wp理解するための基礎知識-


木村 理,水谷雅臣 ,株式会社ワールドプランニング,東京,2008.6 : 85(2008).

3.消化器系の加齢変化 Ⅴ.大腸.老年医学の基礎と臨床Ⅰ-認知症wp理解するための基礎知識-


木村 理,水谷雅臣 ,株式会社ワールドプランニング,東京 : 2008年6 : 84(2008).

3.消化器系の加齢変化 Ⅳ.小腸.老年医学の基礎と臨床Ⅰ-認知症wp理解するための基礎知識-


木村 理,水谷雅臣 ,株式会社ワールドプランニング,東京 : 2008.6 : 84(2008).

3.消化器系の加齢変化 Ⅲ.胃.老年医学の基礎と臨床Ⅰ-認知症wp理解するための基礎知識-


木村 理,水谷雅臣 ,株式会社ワールドプランニング,東京 : 2008.6 : 83(2008).

3.消化器系の加齢変化 Ⅱ.食道.老年医学の基礎と臨床Ⅰ-認知症wp理解するための基礎知識-


木村 理,水谷雅臣 ,株式会社ワールドプランニング,東京 : 2008.6 : 82(2008).

3.消化器系の加齢変化 Ⅰ.口腔・咽頭.老年医学の基礎と臨床Ⅰ-認知症wp理解するための基礎知識-


木村 理,水谷雅臣 ,株式会社ワールドプランニング,東京 : 2008.6 : 82(2008).

胆道専門医講座②長期生存が可能がss胆嚢癌の基礎知識.第1回 基礎編-病理の立場から 外科解剖・病理学的視点からみた漿膜下層浸潤pT2(ss)胆嚢癌診療の問題点


木村 理,平井一郎,渡邊利広 ,胆道 2008 ; 22(2) : 217-225(2008).

特集 急性膵炎をめぐる最近の動向 重症急性膵炎に対する持続動注療法の解剖学的検討


木村 理,平井一郎 ,胆と膵 2008 ; 29(4) : 325-329(2008).

〈胆道専門医講座 ②長期生存が可能なss胆嚢癌の基礎知識〉第1回 基礎編-病理の立場から 外科解剖・病理学的視点からみた漿膜下層浸潤pT2(ss)胆嚢癌診療の問題点


木村 理,平井一郎,渡邊利広 ,胆道 2008 ; 22(2) : 217-225(2008).

特集 下部胆道癌,診断・治療の最前線 下部胆道の局所解剖


木村 理,平井一郎 ,消化器外科 2007 ; 30(12) : 1693-1700(2007).

重症急性膵炎に対する持続動中療法の解剖学的検討


木村 理,平井一郎 ,胆と膵 2008 ; 29 (4) : 325-329(2008).

固体電解コンデンサ用ニオブアノード酸化皮膜の自己修復に及ぼす二酸化マンガンと水分の影響

ニオブアノード酸化皮膜に対する水分の影響について検討した。 担当部分「実験と論文作成」 (田中良樹, 立花和宏, 遠藤孝志, 尾形健明, 仁科辰夫) 64(6):pp. 487 -490 よしき⇒#265@卒論;⇒#175@学会; SEM images of the niobium surface after the polar.⇒#8@表; ⇒#1339@出版物; 【関連講義】卒業研究(C1-電気化学2004~),刊行物@C1(2006◆H18)⇒#3083@講義;


田中良樹, 立花和宏, 遠藤孝志, 尾形健明, 仁科辰夫 ,Electrochem. 74(6): pp. 487 -490(2006).

「地域日本語教育の理念-多言語・多文化社会を担う人材の育成に向けて」『国文学解釈と鑑賞第68巻7号』


 ,至文堂(2003).

中間横桁を省略した狭小箱桁橋の3次元変形挙動の解析的検討


志村勉,辻角学,依田照彦 ,土木学会論文集 No.654/Ⅰ-52(2000).

PC床版2主桁橋「ホロナイ川橋」の設計および解析・試験検討


高橋昭一,志村勉,橘吉宏,小西哲司 ,橋梁と基礎96年2月号(1996).

Shear-Lagモデルによる形状記憶合金複合材料の変形解析


東郷敬一郎,村澤剛 ,日本機械学会論文集A編(1999).

# エチレンジアミン-N,N'-ビス[2-(2-ヒドロキシフェニル)アセタト]カドミウム(II)酸イオンとエチレンジアミンテトラアセタト鉄(III)酸イオンとの間の配位子置換反応の反応速度論による機構解析


勝山哲雄・折原勝雄・高畑保之・横田俊幸 ,日本化学会誌,p.p.844-848(1998).

水田土壌中におけるメタン生成微生物生態系の解析-各種細菌とメタン生成活性の水稲根および植物残渣上における分布-


加来伸夫、上木厚子、藤井弘志、上木勝司 ,環境科学会誌, 10(1), 51-62(1997).

水田土壌中におけるメタン生成微生物生態系の解析-各種細菌の分布の季節変化と有機物施用の影響-


加来伸夫、上木厚子、大渕光一、上木勝司 ,環境科学会誌, 9(2), 249-261(1996).

グーツヘルシャフト下における農民家族経済と領主の援助-「農民解放」直前期のクールマルクの場合


 , 山形大学史学論集,13(1993).

教育評価読本--教育課程審議会答申の徹底理解


 ,(2001).

土地利用別メッシュタンクモデルを用いた湿原流域降雨流出解析


石岡義則,吉野邦彦,白谷栄作,石川雅也 ,水文・水資源学会誌(2004).

fMRI計測による振幅変調音聴音時の脳内活動部位解析


深見忠典、島田尊正、赤塚孝雄、斎藤陽一 ,電気学会論文誌、Vol.124-C, No.9,pp.1692-1697(2004).

「憲法一三条解釈における『憲法理論』の役割」阪大法学50巻6号145頁


 ,(2001).

「裁判所による憲法解釈と理論」阪大法学51巻6号153頁


 ,(2002).

「憲法一三条解釈と裁判所の権限」阪大法学52巻2号


 ,(2002).

雪氷試料の化学解析-アルファ線波高分析法を用いた雪氷中210Pbの高感度測定-, 南極資料, 40, 321-332, 1996.


鈴木利孝, 太田一岳, 藤井理行, 渡辺興亜 ,国立極地研究所(1996).

解決の物語-希望がふくらむ臨床事例集-(翻訳:5章~7章)


長谷川啓三監訳 ,金剛出版(2003).

リアプノフ汎関数を用いた神経場方程式の大域的ダイナミクスの解析, 電子情報通信学会 非線形問題研究会 技術研究報告 NLP2004-31.


 ,(2004).

PIVと画像解析技術


李鹿輝ほか11名 ,朝倉書店(2004).

ウェーブレット自己相関法を用いた拘束噴流の流れ構造の解析


田畑隆英,李輝,野崎勉 ,日本航空宇宙学会誌,第47巻546号,pp.285-290(1999).

ウェーブレット相互相関解析(平面噴流の渦構造の解析)


李輝,野崎勉 ,日本機械学会論文集(B編),第62巻597号,pp.1810-1818(1996).

ウェーブレットによる流れの解析・可視化の新展開


 ,可視化情報学会誌,Vol.21, No.82, pp.147-152(2001).

拘束噴流内の大規模構造の解析


田畑隆英,野崎勉,李輝 ,可視化情報学会誌,Vol.20,pp.60-66(2000).

ウェーブレットによる拘束噴流内の二次流れの解析


田畑隆英,李輝,野崎勉 ,可視化情報学会誌,Vol.19,No.73,pp.33-38(1999).

キャパシタンスCTとウェーブレット多重解像度を用いた管路内固気二相流の特徴抽出


武居昌宏,李輝,越智光昭,斎藤兆古,堀井清之 ,可視化情報論文集,Vol.22, pp. 36-43(2002).

森林空間構造の動的解析手法の評価.137-153pp(森林資源管理と数理モデル-21世紀ニューミレニアムに向けて-)


吉本 敦・村松直人・近藤洋史編著 ,森林計画学会出版局(2002).

ブナ年輪幅の変動に及ぼす環境要因について(Ⅰ)-北日本8地域における標準年輪曲線の作成と気象要素の解析-


野堀嘉裕・高橋教夫・尾形俊成 ,日本林学会論文集109(1998).

林相及び地形解析におけるGISの利用について


傳田真一・野堀嘉裕・高橋教夫 ,東北森林科学会誌、3(2)(1998).

GISを用いた山形県朝日村におけるナラ類集団枯損の地理的特徴解析


佐藤 明・野堀嘉裕・高橋教夫・斉藤正一 ,東北森林科学会誌,9(1)(2004).

ゲノミクス・プロテオミクスの新展開 ~生物情報の解析と応用~


今中忠行 監修 ,エヌ・ティー・エス(2004).

ロトマン「物と空虚とのあいだで」読解:構造という閉域をめぐる言説の諸類型


 ,北海道大学スラブ研究センター、スラヴ研究、49号(2002).

バーベリ『オデッサ物語』,(訳注・解説)


 , 群像社(1995).

現実場面に基づく問題解決:グラフ電卓を利用した合科的授業展開を通して


 ,日本数学教育学会誌,第78巻9号(1996).

フーリエ解析


井町昌弘 ,裳華房(2001).

特許出願2004-56767:ニオブを用いた固体電解コンデンサ

(54)【発明の名称】ニオブを用いた固体電解コンデンサ バルブメタルとしてニオブを用いてなる固体電解コンデンサにおいて、化成酸化皮膜にカソード材料として炭素を圧着し、これをアノードとして使用することによって解決する 出願番号 : 特許出願2004-56767 出願日 : 2004年3月1日 公開番号 : 特許公開2005-251808 公開日 : 2005年9月15日 出願人 : 独立行政法人科学技術振興機構 発明者 : 立花 和宏 外5名 発明の名称 : ニオブを用いた固体電解コンデンサ 【課題】 バルブメタルとしてニオブを用いてなる固体電解コンデンサにおいて、ニオブの熱負荷による漏れ電流を軽量化に寄与する手段によって解決しようというものである。 【解決手段】 ニオブを所定耐電圧までアノード化成処理し、得られた化成酸化皮膜にカソード材料として炭素を圧着し、これをアノードとして使用することによって解決する。 【氏名】立花 和宏 【氏名】尾形 健明 【氏名】仁科 辰夫 【氏名】遠藤 孝志 【氏名】伊藤 晋 【氏名】田中 良樹


 ,特許出願2004-26767(2004).

圧電トランスに用いる幅縦振動子のスプリアス解析-ポアソン比<0.3の材料の場合-


高橋芳邦、遠藤勉、広瀬精二 ,平成14年度電気電気関係学会東北支部連合会1E5(2002).

直進対偶駆動形3自由度空間パラレルメカニズムの運動特性解析,日本機械学会論文集C編,69巻677号,2003(共著)


渡辺克巳・田中俊之・南後淳・夏井幸彦 ,日本機械学会(2003).

交差回転軸をもつ空間7R7節リンク機構の運動学,力学特性解析,日本機械学会論文集C編,65卷640号,1999(共著)


南後淳・渡辺克巳 ,日本機械学会論文集(1999).

空間7Rリンク継手の運動特性解析,日本機械学会論文集C編,64巻619号,1998(共著)


南後淳・渡辺克巳 ,日本機械学会(1998).

回転する2層円筒殻の振動解析,日本機械学会論文集C編,59巻567号,1993(共著)


鈴木勝義・南後淳・小沢田正 , 日本機械学会(1993).

空間7Rリンク機構の運動特性解析(第1報,繰返し計算法による変位解析),日本機械学会論文集C編,61巻584号,1995(共著)


南後淳・渡辺克巳・清野浩彦 ,日本機械学会(1995).

空間7Rリンク機構の運動特性解析(第2報,影響係数解析および7Rリンク継手),日本機械学会論文集C編,62巻604号,1996(共著)


南後淳・渡辺克巳 ,日本機械学会(1996).

歯付ベルトの破損機構解明に関する研究


飯塚博 ,日本ゴム協会誌(1997).

光信号処理型ヒルベルト変換器を適用した光SSB変調波長多重系のアイ開口解析


田中 喜久治、高野勝美、近藤 和弘、中川 清司 ,電子情報通信学会論文誌J-85-B(2002).

電気段低域減衰等化器を適用した有限次数ヒルベルト変換型光SSB変調波長多重系のアイ開口解析


田中 喜久治、高野勝美、近藤 和弘、中川 清司 ,電子情報通信学会論文誌 J-85-B(2002).

輪郭線図形の多重解像度解析へのCrystalline Flowの導入


本谷・杉本・儀我・儀我・出口 ,情報処理学会CVIM研究会(2003).

エチレンジアミン-N,N'-ビス[2-(2-ヒドロキシフェニル)アセタト]カドミウム(II)酸イオンとエチレンジアミンテトラアセタト鉄(III)酸イオンとの間の配位子置換反応の反応速度論による機構解析


勝山哲雄,折原勝男,高畑保之,横田俊幸 ,日本化学会誌,1998, pp844-848(1998).

多層構造ルテニウム錯体系膜の可視光増感作用を用いる水の光分解


勝山哲雄,高畑保之,折原勝男,横田俊幸 ,日本エネルギー学会誌,第79巻,第3号,pp231-235(2000).

非共軸モデルによるひずみの局所化解析におけるスピンの影響


 ,日本機械学会論文集A編 62-595, pp.814-821(1996).

技術解説 メタロセンポリマーの成形加工性


 ,工業材料(1999).

解説 高溶融張力PP のメルトレオロジー挙動と発泡成形


 ,成形加工(2001).

訴訟代理人の和解代理権限の制限


 ,判例タイムズ987号(1999).

日本の歴史を解く100人


吉村武彦・池享・吉田伸之・原田敬一 ,文英堂(1995).

日本の歴史を解く100話


吉村武彦・池享・吉田伸之・原田敬一 ,文英堂(1994).

井上隆:反応誘発型相分解・相溶解:日本ゴム協会誌,555-563


 ,(1989).

井上隆:ポリマーブレンドの相分難と機能発現一反応誘起型相分解:高分子,40,67-675


 ,(1991).

井上 隆:ポリマーアロイ成形加工時のスピノーダル分解による構造形成;プラスチック成形加工学会誌, 8(1), 24-28


 ,(1996).

伝達関数の既約分解の非線形補間によるモデリング


牛島淳博,池田雅夫,村松鋭一 ,計測自動制御学会論文集,Vol.37, No.2, pp.146-151(2001).

多チャンネル活動電位解析による培養神経回路網内興奮伝搬経路の推定


今野徳人、深見忠典、椎名毅、神保泰彦 ,電気学会論文誌、Vol.118-C,No.7/8,pp.999-1006(1998).

電気段低域減衰等化器を適用した有限次数ヒルベルト変換型光SSB変調波長多重系のアイ開口解析


田中喜久治,高野勝美,近藤和弘,中川清司 ,電子情報通信学会論文誌(2002).

光信号処理型ヒルベルト変換器を適用した光SSB変調波長多重系のアイ開口解析


田中喜久治,高野勝美,近藤和弘,中川清司 ,電子情報通信学会論文誌(2002).

【解説論文】色彩の数値解析とその化学計測への応用


 ,ぶんせき,2000,535.(2000).

【解説論文】色彩化学計測法


遠藤昌敏,横田文彦,水口仁志 ,ぶんせき,2002,9.(2002).

超臨界水中でのグルコースの酸化分解に及ぼす酸素濃度の影響,vol.27 (2001) 6 pp.806-811


宍戸昌広,大久保恵輔,斎須要文 ,化学工学論文集(2001).

ポリマーアロイにおける応力集中の緩和機構の塑性力学による解析。


久松徳郎、中野哲、石川優、岩倉賢次 , プラスチック成形加工学会誌、11(3),187-193 (1999) (1950).

光信号処理型ヒルベルト変換器を適用した光SSB変調波長多重系のアイ開口解析


田中喜久治,高野勝美,近藤和弘,中川清司 ,電子情報通信学会論文誌Vol. J85-B, No. 8, pp. 1371-1381 (2002).

電気段低域減衰等化器を適用した有限次数ヒルベルト変換型光SSB変調波長多重系のアイ開口解析


田中喜久治,高野勝美,近藤和弘,中川清司 ,電子情報通信学会論文誌Vol. J85-B, No. 2, pp. 159-168 (2002).

依存性を利用する中国語代名詞文内照応関係の解析法


于素秋、横山晶一、西原典孝 ,電子情報通信学会論文誌Vol.82-D-II(1999).

『N-gram出現回数の混合によるタスク適応の性能解析』【2000/11/1】 電子情報通信学 会論文誌,J83-D-II巻,11号,pp.2418-2427 伊藤彰則、好田正紀(10/ 0ページ)共著


 ,(2002).

楕円型微分方程式の解集合について


 ,京都大学数理解析研究所講究録1246(2002).

金属アルコキシドの加水分解法による硫酸バリウムおよびマグネタイトへの酸化物コーティング


木俣,小泉,長谷川   ,粉体工学会誌,34(4),206-211(1997).

予ひずみを受けた軟鋼の多軸塑性挙動と6次後続降伏関数による解析,材料,51(2002), 788-794


 ,(2002).

顕微鏡下手術のための脳神経外科解剖XIV:神経内視鏡下側脳室へのアプローチ


岡 一成 ,サイメッド・パブリケーションズ(2002).

バスケットボール技術及びルールに関する理解度


 ,山形大学教育実践研究第10号(2001).

特許特願2001-286665 非水溶液電解液二次電池


立花和宏、尾形健明、仁科辰夫、遠藤孝志、坂本裕輔、松橋大輔、韮澤祐司、鈴木雄一 ,特許特願2001-286665(2001).

多雪山地小流域における陰イオンの収支解析. 農業土木学会論文集、195,77-84.   


飯田俊彰、上木勝司、塚原初男 ,(1998).

水田土壤中におけるメタン生成微生物生態系の解析-各種細菌の分布の季節変化と有機物施用の影響-,環境科学会誌,9, 249-261


加来伸夫、上木厚子、大渕光一、上木勝司 ,(1996).

水田土壌中におけるメタン生成微生物生態系の解析-各種細菌とメタン生成活性の水稲根および植物残渣上における分布-. 環境科学会誌, 10, 51-62.


加来伸夫、上木厚子、藤井弘志、上木勝司 ,(1997).

水田土壌中におけるメタン生成微生物生態系の解析-各種細菌の分布の季節変化と有機物施用の影響-. 環境科学会誌, 9, 249-261.


加来伸夫、上木厚子、大渕光一、上木勝司 ,(1996).

水田土壤中におけるメタン生成微生物生態系の解析-各種細菌とメタン生成活性の水稲根および植物残渣上における分布-,環境科学会誌,10, 51-62


 ,加来伸夫、上木厚子、藤井弘志、上木勝司(1997).

螢光及び画像解析法による土壤中の微生物個体の検出,土と微生物,46, 41-49


辻 尭、河崎行繁、竹島征二、松本紳一郎、上木厚子 ,(1995).

知識の社会性と批判的解釈


 ,社会学史研究 No.12(1990).

山形大学演習林スギ人工林における雪害について-樹幹解析による成長経過の検討-


鈴木雄大・野堀嘉裕・高橋教夫 ,日本林学会東北支部会誌,47(1995).

グリッドパラボラアンテナ構造要素の振動解析と耐風対策、設計・製図、26-10, 499-503


鈴木勝義、根津陽一、小沢田正、上原武幸、秋元文雄、横田実 ,(1991).

見て学ぶ機能解剖BasicII上肢編(編集).整形外科看護2000年春季増刊,メディカ出版,大阪,2000.


 ,(2000).

回転する薄肉回転殻の振動解析、日本機械学会論文集、60巻572号C, 1130-1137


鈴木勝義、鹿内元治、平本立一 ,(1994).

変厚円すい殻の振動(第3報 高次修正理論による解析)、日本機械学会論文集、52巻476号C, 1186-1191


高橋伸、鈴木勝義、小沢田正 ,(1986).

積層複合薄肉回転殻の振動解析、日本機械学会論文集、61巻583号C, 849-856


鈴木勝義、鹿内元治、小沢田正、田畑満 ,(1995).

積層複合厚肉回転殻の振動解析、日本機械学会論文集、61巻583号C, 863-870


鈴木勝義、鹿内元治、中野克美 ,(1995).

回転する薄肉円筒殻の振動解析、日本機械学会論文集、56巻525号C, 1108-1114


鈴木勝義、高橋良治、小沢田正 ,(1990).

回転する厚肉円筒殻の振動解析、日本機械学会論文集、57巻536号C, 1075-1083


鈴木勝義、荒川弘、小沢田正 ,(1991).

回転する積層複合薄肉回転殻の振動解析、日本機械学会論文集、62巻600号C, 2990-2997


鈴木勝義、高山浩治、鹿内元治 ,(1996).

回転する積層薄肉複合円筒殻の振動解析、日本機械学会論文集、62巻599号C, 2549-2555


胡継群、鈴木勝義、鹿内元治 ,(1996).

回転する積層薄肉複合円筒殻の振動解析、日本機械学会論文集、62巻599号C, 2549-2555.


胡継群、鈴木勝義、鹿内元治 , (1996).

回転する積層複合薄肉回転殻の振動解析、日本機械学会論文集、62巻600号C, 2990-2997.


鈴木勝義、高山浩治、鹿内元治 , (1996).

マルクスのプルードン批判と「市民社会の解剖学」への歩み


細谷昂編 ,『現代社会学とマルクス』アカデミア出版会(1997).

白神山地のブナ大径木の成長解析


梶本卓也、田邉裕美、小野寺弘道 ,第112回 日林学術講、日本林学会(2001).

画像時系列からの軌跡抽出による精子運動能解析、計測自動制御学会論文集、Vol.31, No.4,596-603 (1996)


呉偉国、赤塚孝雄、山内宏、久保武士 , (1950).

放射光単色X線を用いた高空間分解能蛍光 X線CTの開発


湯浅哲也、銭谷勉、赤塚孝雄、武田徹、板井悠二 ,INNERVISION、Vol.16-6, pp79-80 (2001)(2001).

図形形状の多重解像度解析とdeep structureの抽出


本谷秀堅・出口光一郎 ,第2回印象の工学ワークショップ(1997).

マルチスケール解析に基づく文字領域抽出手法


本谷秀堅・出口光一郎 ,電子情報通信学会技術研究報告(1997).

スケルトンの抽出と階層化による輪郭線図形の多重解像度解析


中尾学・本谷秀堅・出口光一郎 ,情報処理学会コンピュータビジョンとイメージメディア研究報告(1997).

画像のスケールスペース解析にもとづく線図形の抽出


本谷秀堅・出口光一郎 ,情報処理学会コンピュータビジョンとイメージメディア研究報告(1997).

心臓X線像の動き解析のための輪郭線の曲率変化をもとにしたダイアグラム表現


古川理恵子・本谷秀堅・出口光一郎 ,情報処理学会コンピュータビジョンとイメージメディア研究報告(1998).

固視微動型イメージセンサを用いた画像の局所的Log-Polar解析


柴田潤・来海暁・本谷秀堅・安藤繁 ,電気学会センサシステム応用研究会SSA-00-1-8(2000).

画像の局所的Log-Polar解析とその固視微動型センサへの応用


柴田潤・来海暁・本谷秀堅・安藤繁 ,第6回画像センシングシンポジウム講演論文集(2000).

画像解析による恥骨結合部の超軟X線像からの年齢推定. 法医実研, 36, 123-128,


高橋弘志・原田彰・吉川潔・梅津和夫・鈴木庸夫 , (1993).

依存性を利用する中国語代名詞文内照応関係の解決法


 ,電子情報通信学会論文誌 Vol.J82-D-II No.6(1999).

画像時系列からの軌軸抽出による精子運動能解析


呉偉国,赤塚孝雄,山内宏,久保武士, ,計測自動制御学会論文集,32(4)(1996).

ポリマーアロイにおける応力集中の緩和機構の塑性力学による解析 11,(1999)


久松徳朗、中野哲、石川 優、岩倉賢治  , (1999).

時系列画像からの細胞活動における突出顆粒の検出と解析、医療情報学、Vol.17-1, pp1-10 (1997)


呉偉国、鈴木裕一、赤塚孝雄 , (1997).

時系列画像からの細胞活動における突出顆粒の検出と解析


呉偉国,鈴木裕一,赤塚孝雄, ,医療情報(1996).

ブロックとプレートの片当たり接触におけるすべり摩耗機構の解明


加藤照子・堀切川一男・福田努・篠岡正規・高橋仁 ,トライボロジスト,42,6,454-461.(1997).

解説:「弾性波動解析の基礎」(1)ー(7)


 ,機械の研究,48巻11号(1996-11)から49巻5号(1997-5)まで.(1996).

生分解析の高分子の基礎と応用


筏義人編著 ,(株)アイ・ピー・ジー ,第1章 基礎編,構造(分担執筆),p.64-81(1999).

グラフ理論を用いた遊星歯車機構の運動解析,精密工学,62-11(1996) pp1581-1585


 , (1996).

ブロックとプレートの片当たり接触におけるすべり摩耗機構の解明,トライボロジスト,42(6)(1997)(共著)


 , (1997).

メデイエーターを用いた間接電解による石炭の酸化分解


会田、池北、柳、山崎、白幡、黄、佐藤志美雄 ,化学工学論文集(1999).

体育・スポーツ科学における運動解析システムのインプリメンテーションと評価


荒木善行,丹羽健市,大神訓章,浅井武 , 山形大学紀要(教育科学)11巻4号 山形大学(1997).

多層構造ルテニュウム錯体系膜の可視光増感作用を用いる水の光分解


勝山哲雄、高畑保之、横田俊幸 ,、日本エネルギー学会誌、Vol.79, No.3, pp.231-235 (2000).

フタロシアニンーステアリン酸二源同時蒸着膜とスパッタ銅複合膜の構造解析


土屋和尋、相沢慶二、大島重利、細井文雄、大道英樹 ,高分子論文集、Vol.55, No,1, pp.26-31(1998).

エチレンジアミン-N,N'-ビス[2-(2-ヒドロキシファニル)アセタト]カドミウム(II)酸イオンとエチレンジアミンテトラアセタト鉄(III)酸イオンとの間の配位子置換反応の反応速度論による機構解析


勝山哲雄、高畑保之、横田俊幸 , 日本化学会誌、No.12, pp.844-848(1998).

極配置に基づく2デスク混合感度問題の一解法


我妻、山田、高橋、渡部 ,計測自動制御学会論文集,vol.32,no.9,1345/1353(1996).

壁面に近接する円柱まわりの流れの数値解析


鹿野一郎、八木田幹、賈為、轟克久 ,日本航空宇宙学会, Vol.48, No.562, 1-6.(2000).

アルコールのエマルション電解特性に及ぼす界面活性剤の種類及び濃度の影響


会田忠弘、白幡邦彦、佐藤志美雄 ,化学工学論文集,(1999).

壁面に近接する円筒まわりの流れの数値解析


鹿野一郎、八木田幹、中西為雄、轟 克久  ,日本航空宇宙学会論文集、48巻562号 pp.357-362(2000).

地面に近接して回転する円筒まわりの流れ(第5報, 流体力のヒステリシスな現象と差分報による数値解析)


 ,日本機械学会論文集(B編), Vol.66, No.641,pp.82-88(2000).

二次元円柱まわりの高レイノルズ数流れの数値解析


 ,日本航空宇宙学会論文集, Vol.48, No.562, pp.363-368(2000).

粉砕媒体の摩耗によって生ずる微量鉄分の瞬時溶解,粉体工学会誌,34,5,337(1997)


勝山、竹越、神田  , 粉体工学会誌(1997).

エチレンジアミンビスヒドロキシフェニルアセタトカドミウム酸イオンとエチレンジアミンテトラアセタト鉄イオンとの間の配位子置換反応の反応速度論による機構解析,日化誌,1998,12,844(1998)


勝山、折原、高畑、横田  ,日本化学会誌(1998).

多層構造ルテニウム錯体系膜の可視光増感作用を用いる水の光分解, 日本エネルギー学会誌,79,3,231(2000)


勝山、高畑、折原、横田  ,日本エネルギー学会誌(2000).

圧電トランスへの応用を目的とした高次幅縦振動の振動解析


藤原達弘、広瀬精二 ,電子情報通信学会・技術報告US99-40(1999).

損失のある不均一線路のFDTD法を用いた時間領域解析


関根敏和、小林邦勝、横川泉二 ,電子情報通信学会 論文誌A(2001).

空間7Rリンク機構の運動特性解析(第2報,影響係数解析および7Rリンク継手)


南後淳・渡辺克巳  ,日本機械学会論文集(C編),62-604,pp.4659-4667(1996).

作業環境との相互作用のもとでの生体運動解析  


太田憲,羅 志偉,伊藤正美 ,電子情報通信学会論文誌 Vol.J81ーD-II, No.6,pp.1392-1401(1998).

空間7Rリンク継手の運動特性解析


南後淳・渡辺克巳  ,日本機械学会論文集(C編),64-619,pp.1091-1099 (1998).

in situ XRD測定法による銅の無電解析出過程の検討


渡辺恭一,松田直樹,仁科辰夫,末永智一,内田 勇 ,表面技術,43, 451-456(1992).

マイクロ電極を用いる有機電解液と金属の安定性の評価


王 献明,仁科辰夫,内田 勇 ,Electrochemistry, 67, 145-150(1999).

アセチルβシクロデキストリンの選択的酸加水分解による両末端にのみヒドロキシル基を有するマルトヘプタオースの調製


門川淳一、佐藤充、烏マサ、多賀谷英幸、千葉耕司 ,日本化学会誌(1997).

クーロスタット法における積分解析法とその溶融炭酸塩中での酸素還元反応への適用


仁科辰夫,内田 勇 ,電気化学,56, 419-424(1988).

溶融炭酸塩中における Ni-Cu 系合金電極上での水素電極反応の速度論的解析


湯浅晃一,新倉順二,仁科辰夫,内田 勇 ,電気化学,58, 856-861(1990).

超臨界水によるプラスチック分解


多賀谷英幸、門川淳一 ,ケミカルエンジニヤリング(第44巻)(1999).

フタロシアニン-ステアリン酸二源同時蒸着膜とスパッタ銅複合膜の構造解析


折原勝男 土屋和尋 相澤慶二 大嶋重利 細井文雄 大道英樹 ,高分子論文集 (1998) Vol.55 No.1 (1998).

空間7Rリンク機構の運動特性解析(第2報,影響係数解析および7Rリンク継手)


南後淳・渡辺克巳 ,日本機械学会論文集(C編),62-604,pp.4659-4667(1996).
業績…