鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
1995/03/01
小白川キャンパス(2)消費電力 P = 471.1 kW 1995年03月01日(水)-H7 米沢キャンパス(1)消費電力 P = 783.48 kW

(asp)
●外部リンク
● >歴史データベース
スケジュール
時間
物理
地学
講義ノート
シラバス
…過去から
1987-S62
1988-S63
1989-H1
1990-H2
1991-H3
1992-H4
1993-H5
1994-H6

2月1995年3月4月
2627281234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930311
2345678
  (0 ,5.92193440656146 rad)

(asp)
●外部リンク
● >歴史データベース
スケジュール
時間
物理
地学
講義ノート
シラバス
1996-H8
1997-H9
1998-H10
1999-H11
2000-H12
2001-H13
2002-H14
2003-H15
未来へ…
項目
ID⇒#1@星座;
要約魚⇒#1@星座;
題名【星座】魚⇒#1@星座;
項目
ID⇒#1@恒星;
要約【恒星】アナルケナル⇒#1@恒星;
メソッド一覧戻る進む·鷹山·アメニティ研
恒星
恒星…

予定表
演習開始
電気化学会
わくわくサイエンス
化学系親睦会
学生実験室掃除
工場見学引率
工場見学引率
科研費講演会
スケジュール…
講義ノート
卒業研究(C1-電気化学2004~)

【1995年度(平成7)卒業研究】

サイバーキャンパス「鷹山」

教員要覧原稿収集システム(1995~2006)

卒業研究(C1-電気化学2004~)

学会発表1995_H07@C1

サイバーキャンパス「鷹山」

シラバス原稿収集システム(1999~2004)

卒業研究(C1-電気化学2004~)

【1996年度(平成8)卒業研究】

卒業研究(C1-電気化学2004~)

刊行物@C1(1996◆H08)

卒業研究(C1-電気化学2004~)

学会発表1996_H08@C1

卒業研究(C1-電気化学2004~)

1997年 仁科辰夫助教授着任

講義ノート…

研究ノート
岐阜県
C1_1994年度離散会@山形県上山温泉
◆1995(平成7)年度ノート
【ソフトウェア】スマートグラフ2.51
1995年9月
【学会】第36回電池討論会@京都
1995年12月
1996年1月
研究ノート…
学会発表

MS-Windows 下における計測制御とシミュレーションの共有技術について

第26回セミコンファレンス@宮城県仙台市⇒#219@ノート;

立花和宏 ,第26回セミカンファレンス(若手の会) (1995).

Mathematical Considerations of the Anodic Oxidation of Aluminum

立花和宏 ,ASIAN CONFIRENCE ON ELECTROCHEMISTRY (1995).

Preparation of LiMn2O4, LiCoO2 and LiNiO2 by citrate process and their charge-discharge charactreeistics in organic electrolyte

菅原陸郎 ,ASIAN CONFIRENCE ON ELECTROCHEMISTRY (1995).

アルカリ水溶液中における二酸化マンガンの放電に及ぼす温度の影響

アルカリ水溶液中における二酸化マンガンの放電に及ぼす温度の影響 アルカリマンガン乾電池…は、電解液に水酸化カリウム⇒#539@化学種;水溶液を使った乾電池。 正極は酸化力の強い酸化マンガン(Ⅳ)⇒#237@化学種; 負極は水素過電圧の大きい亜鉛。 Zn<->Zn(2+)…ことが知られている⇒#1660@講義;。 第36回電池討論会@京都⇒#920@ノート; 【関連講義】卒業研究(C1-電気化学2004~),【1995年度(平成7)卒業研究】⇒#1121@講義;

立花和宏 ,第36回電池討論会 (1995).

サイクリックボルタモグラムによる有機電解液中のアルミニウムの陽極酸化皮膜の検討

【目的】有機電解液を駆動液としたアルミ電解コンデンサの自己修復機能における水分の影響について調べるため、有機電解液中でのアルミニウムの陽極酸化挙動をサイクリックボルタンメトリを中心に検討した。 【方法】有機電解液として、テトラメチルアンモニウムフタレイト、テトラエチルアンモニウムマレイト、テトラエチルメチルアンモニウムマレイトのγ-ブチロラクトン溶液を用い、加熱脱水したモレキュラーシーブスに水分を吸着させることで乾燥した。水分の量はカールフィッシャー滴定法により求めた。この電解液中でアルミニウム箔を試料極とし、参照極に銀電極を用いてサイクリックボルタモグラムを行った。さらに皮膜の耐圧の評価として定電流による電位-時間曲線の測定も行った。 【結果】水分濃度が 0.01 % 以下では、サイクリックボルタモグラムにアルミニウムの陽極酸化特有の電流平坦部分が現れない。水分濃度が 1% 以下では、平坦電流部分が現れているが(b)、水溶液中での挙動(a)とは異なり陽極酸化電流は低く、生じた酸化皮膜も電気化学的な挙動が異なる。 (a)

○立花和宏,柴田朋史,遠藤孝志,松木健三 ,平成7年度化学系7学協連合東北地方大会 (1995).

アルカリ水溶液中における二酸化マンガンの充放電挙動

【関連講義】卒業研究(C1-電気化学2004~),二酸化マンガン⇒#811@講義; 【関連講義】卒業研究(C1-電気化学2004~),学会発表1995_H07@C1⇒#3987@講義;

岩佐和弘 ,平成7年度化学系7学協連合東北地方大会 (1995).

In situ impecance measurment by using quantum noise generated during cyclic voltammetry

宮城県岩沼市 グリーンピア岩沼 1996/02/12 セミコンファレンス 電気自動車の話とか。 ◆1995(平成7)年度研究ノート⇒#396@ノート; ⇒4046@講義;

立花 和宏 ,第27回セミコンファレンス(若手の会) (1996).

酸化物層状化合物への有機化合物インターカレーション

斎藤秋広 ,日本化学会第70春季年会 (1996).

学会…
2017/11/20 19:08:50