鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
2003/12/15
小白川キャンパス(2)消費電力 P = 580.8 kW 2003年12月15日(月)-H15 米沢キャンパス(1)消費電力 P = 982.56 kW

(asp)
●外部リンク
● >歴史データベース
スケジュール
時間
物理
地学
講義ノート
シラバス
…過去から
1995-H7
1996-H8
1997-H9
1998-H10
1999-H11
2000-H12
2001-H13
2002-H14

11月2003年12月1月
30123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031123
45678910
  (0 ,4.61024958884087 rad)

(asp)
●外部リンク
● >歴史データベース
スケジュール
時間
物理
地学
講義ノート
シラバス
2004-H16
2005-H17
2006-H18
2007-H19
2008-H20
2009-H21
2010-H22
2011-H23
未来へ…
項目
ID⇒#10@星座;
要約射手⇒#10@星座;
題名【星座】射手⇒#10@星座;
項目
ID⇒#1@恒星;
要約【恒星】アナルケナル⇒#1@恒星;
メソッド一覧戻る進む·鷹山·アメニティ研
恒星
恒星…

予定表
カウンセリング
新技術説明会
体育館屋根工事
電池の会議
研究室紹介資料
年末年始
親睦会
停電に伴う汎用サーバ停止のお知らせ
スケジュール…
講義ノート
卒業研究(C1-電気化学2004~)

忘年会(冬休み、大晦日)

卒業研究(C1-電気化学2004~)

刊行物@C1(2003◆H15)

PRTR対策システム

PRTRシステム

エネルギー変換化学特論

エネルギー変換化学特論_履歴

リチウム二次電池の構成要素の最適化 劣化・安全性評価

リチウムイオン二次電池の正極構造

オフィスアワー

平成16年度予定

卒業研究(C1-電気化学2004~)

【2004年度(平成16)卒業研究】

卒業研究(C1-電気化学2004~)

講義2004@C1

講義ノート…

研究ノート
【講演】新技術説明会@東京都千代田区
忘年会@2003
2004年1月
【議事】電解コンデンサ(あかみね
紙に書いた手紙を携帯経由で送信できる~「アノトペン」
学務システム導入
2004年2月
【特許】特願2002-217221;ハフニウム集電体
研究ノート…
学会発表

Pt付加と温度変化によるPdAg 合金抵抗変化型水素ガスセンサの改良

Pt付加と温度変化によるPdAg 合金抵抗変化型水素ガスセンサの改良を行った。 その結果は不明です。

佐々木頼明,奥山澄雄,奥山克郎,松下浩一,長沼博,大嶋重利 ,日本表面科学会東北支部講演会 (仙台, 2004.3) P-9 (2004).

水素吸蔵によるPdの膨張/収縮を利用した表面マイクロマシン水素ガスセンサ

水素吸蔵によるPdの膨張/収縮を利用した表面マイクロマシン水素ガスセンサ

奥山澄雄,土田朗義,豊田耕平,奥山克郎,長沼博,松下浩一 ,第51回応用物理学関係連合講演会 (八王子, 2004.3) 30a-ZS-5 (2004).

MgAg合金を挿入したPd 陰極有機EL 水素ガスセンサの動作機構

竹田学史,若園知宏,奥山澄雄,奥山克郎,松下浩一,長沼博 ,日本表面科学会東北支部講演会 (仙台, 2004.3) P-11 (2004).

MgAg合金を挿入したPd 陰極有機EL 水素ガスセンサの特性評価

若園知宏,竹田学史,奥山澄雄,奥山克郎,長沼博,松下浩一,城戸淳二,大嶋重利 ,日本表面科学会東北支部講演会 (仙台, 2004.3) P-10 (2004).

多層化金属陰極を用いたPd 陰極有機EL 水素ガスセンサの高輝度化

多層化金属陰極を用いたPd 陰極有機EL 水素ガスセンサの高輝度化

若園知宏,奥山澄雄,奥山克郎,長沼博,松下浩一,城戸淳二,大嶋重利 ,応用物理学会東北支部第58回学術講演会 (盛岡, 2003.12) 5pB9 (2004).

"The Defacers Challenge"に対する山形大学米沢キャンパスでの対応

奥山澄雄7,鈴木勝人,伊藤智博,仁科辰夫,青木和恵 ,学術情報処理研究No.7 (茨城,2003) 65-68 (2004).

大気中の水素を検出する無電源水素ガス濃度計の開発

大気中の水素を検出する無電源水素ガス濃度計の開発

大師和也,奥山澄雄,奥山克郎,松下浩一,長沼博 ,日本表面科学会東北支部講演会 (米沢, 2003.3) P-11 (2004).

In vivoスピンプローブESR法によるストレス負荷サケ科魚類胚のレドックス状態計測

スピンプローブESR法を用いて、サクラマス卵の受精から孵化までの発生過程の各ステージにおいて、ストレス負荷された受精卵の酸化還元情報を得ることを目的とした。

○桂和彦,吉村裕,横山康隆,鈴木康之,伊藤智博,尾形健明 ,第26回日本フリーラジカル学会学術集会 (2004).

学会…
2017/02/23 23:12:27