鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
2010/01/20
小白川キャンパス(2)消費電力 P = 410.6 kW 2010年01月20日(水)-H22 米沢キャンパス(1)消費電力 P = 853.08 kW

(asp)
●外部リンク
● >歴史データベース
スケジュール
時間
物理
地学
講義ノート
シラバス
…過去から
2002-H14
2003-H15
2004-H16
2005-H17
2006-H18
2007-H19
2008-H20
2009-H21

12月2010年1月2月
272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31123456
  (0 ,5.23383745300312 rad)

(asp)
●外部リンク
● >歴史データベース
スケジュール
時間
物理
地学
講義ノート
シラバス
2011-H23
2012-H24
2013-H25
2014-H26
2015-H27
2016-H28
2017-H29
2018-H30
未来へ…
項目
ID⇒#11@星座;
要約山羊⇒#11@星座;
題名【星座】山羊⇒#11@星座;
項目
ID⇒#1@恒星;
要約【恒星】アナルケナル⇒#1@恒星;
メソッド一覧戻る進む·鷹山·アメニティ研
恒星
恒星…

予定表
科学フェスティバルin よねざわ 2012
教授会
物質化学工学科教員の皆様
秋田
9号館工事に伴う一部断水について
平成25年度科研費公募情報ページ
3年生の仮配属
〆切電池討論会参加
スケジュール…
講義ノート
電気化学の庵

北陸本線

電気化学の庵

上越線

リチウムイオン二次電池に期待されるコンバーティング技術

リチウムイオン二次電池用スラリーの調整と塗布・乾燥と電極動作の理解 (総論)

リチウムイオン二次電池用スラリーの調整と塗布・乾燥と電極動作の理解

電極の構造とその構成要素(2011)

化学英語Ⅱ(C1)

後半5

サイバーキャンパス「鷹山」

XYグラフのページ(フォーム)

化学英語Ⅱ(C1)

後半6(発表会)

リチウムイオン電池バインダーについて~PTFEの特徴~

リチウムイオン電池バインダーについて~PTFEの特徴~

講義ノート…

研究ノート
【議事】乾燥とスラリー
【投稿】論文:鋳造
実験結果の履歴
【投稿】
【試料】溶媒の調査
【卒論】かわせは、2010年に、それまで
【卒論】金属粉末で評価
Shibboleth SP 2.3.1へのバージョンアップ
研究ノート…
学会発表

学術認証連携によるサイバーコミュニティーサービスの実証実験

◎山形大学の学術認証連携システム 山形大学の情報系センターでは、教育・研究用認証基盤として、Microsoft Active Directory (AD)を使用している。ドメイン構成としては、「運用ドメイン」、「試験運用ドメイン」の2つのドメインがある。 「試験運用ドメイン」は、工学部の学生・教職員の約4000人アカウントが登録されており、 「運用ドメイン」には、工学以外の学生・教職員・事務組織などの10000人のアカウントが登録されている。   山形大学では、この2つのドメインの認証情報をLDAPプロキシ、Radiusプロキシで統合し、様々なサービスに認証情報を提供している。UPKI-学術認証フェデレーションでは、IdPサーバ上にLDAPプロキシを実装し、属性名の変換や抽出を行い、シボレス(Shibboleth) IdPによって、外部向け認証連携を展開している。また、2009年9月より、UPKI-学術認証フェデレーション⇒#2842@講義;の試行運用フェデレーションに参加し、約14000人の構成員が、図書館の電子ジャーナルなどをシングルサインオンで利用できるようになった⇒#

伊藤智博,田島靖久,吉田浩司 ,UPKIシンポジウム2010  (2010).

液晶場をプローブとした炭素導電助材の表面官能基の評価

まき⇒#465@卒論; たかつかは、2010年に、それまでの研究をエネルギーデバイス材料の電気伝導性に関する研究というテーマで修士論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#402@卒論;。 炭素材料は炭素が無限の同素体を持ちえるために非常に多岐にわたります。表面に酸素があるため、EDLCに組んでCVを測定すると界面分極のほかに配向分極の存在が見てとれることがあります。配向分極はバインダー樹脂や分散剤の種類によってその大きさが変化します。この表面の酸素は非極性のカーボン表面に局所的に極性を与え活物質との電子授受のサイトを構成するのに一役買います。表面に酸素は不対電子を供与するものとそうでないものがあります。不対電子を供与する酸素はESRによって測定することができます。不対電子を供与する酸素をもつカーボン材料はアノード分極時の過電圧が小さくなり過充電による電解液の劣化を引き起こす可能性があります。表面の酸素が少ないとカーボンの表面は非極性となり有機分子が配向吸着するようになります。このようなカーボンは負極活物質として有効ですが、導電助材としては間に介在する有機分子がカーボンと活

森田 茉季楡木 崇仁高塚 知行立花 和宏仁科 辰夫米竹 孝一郎 ,電気化学会第77回大会 (2010).

粉体圧着による電池材料と集電体の密着性評価と電池特性

粉体圧着による電池材料と集電体の密着性評価と電池特性 まきは、2012年に、それまでの研究を液晶場をプローブとした電気化学(仮)というテーマで修士論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#465@卒論;。 めぐは、2011年に、それまでの研究をカーボンナノチューブを使った電極合材と集電体の密着性の向上(仮)というテーマで卒業論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#459@卒論;。 アルミニウム⇒#25@材料; チタン⇒#443@材料; 【関連講義】 卒業研究(C1-電気化学2004~),学会発表2010@C1⇒#3142@講義; 卒業研究(C1-電気化学2004~),カーボン材料(カーボンナノチューブほか)⇒#3322@講義; 【学会】2010年電気化学秋季大会⇒#1302@ノート;

森田 茉季清水 愛美立花 和宏仁科 辰夫 ,2010年電気化学秋季大会 (2010).

有機電解液中に保持した電極のインピーダンス上昇と炭素材料ラジカル量の経時変化

伊藤 智博立花 和宏仁科 辰夫尾形健明 ,2010年電気化学秋季大会 (2010).

液晶材料中に混入した有機化合物の双極子モーメントとの漏れ電流の関係

液晶材料中に混入した有機化合物の双極子モーメントとの漏れ電流の関係 【物理量】 双極子モーメント⇒#445@物理量;ゼータ電位⇒#399@物理量;誘電率⇒#66@物理量;終端速度⇒#408@物理量;位相差⇒#432@物理量; 【関連講義】 学会発表2010@C1⇒#3142@講義; 非プロトン性極性溶媒⇒#2494@講義; 溶媒&分散媒⇒#2593@講義; ○楡木崇仁,…らは、2009年に国立京都国際会館(〒606-0001 京都市左京区宝ヶ池)で開催された第50回電池討論会においてリチウムイオン二次電池正極活物質表面への有機分子吸着が合材スラリー調整に及ぼす効果について報告している⇒#252@学会;。 【学会】2010年電気化学秋季大会⇒#1302@ノート;

金子 郁枝立花 和宏仁科 辰夫米竹 孝一郎大場好弘 ,2010年電気化学秋季大会 (2010).

液晶場をプローブとしたヒドロキシアパタイト表面の生体適合性評価

液晶場をプローブとしたヒドロキシアパタイト表面の生体適合性評価 アパタイト⇒#3188@材料; 【関連講義】 卒業研究(C1-電気化学2004~),液晶物質⇒#1433@講義; 卒業研究(C1-電気化学2004~),学会発表2010@C1⇒#3142@講義; 卒業研究(C6-菅原),川井貴裕研究室⇒#3739@講義; 【学会】第122回講演大会@仙台⇒#1307@ノート;

川井貴裕, 森田 茉季金子 郁枝立花 和宏仁科 辰夫大場好弘 ,第122回講演大会 (2010).

亜鉛めっき浴中の光沢剤量の簡便な管理方法

(仮題)亜鉛めっき浴中の光沢剤量の簡便な管理方法 著者 (山形大院理工)水口仁志,立花和宏,片桐洋史 (ディップソール)山本富孝,小池卓,・・・,五十嵐周二 【関連書籍】 表面の機能化⇒#999@レビュー; 表面の退色・耐摩耗性化⇒#998@レビュー; 【関連講義】 卒業研究(C1-電気化学2004~),学会発表2010@C1⇒#3142@講義; 仁科先生の工場見学ルポ,ディップソール⇒#2658@講義; 【学会】第122回講演大会@仙台⇒#1307@ノート;

水口 仁志立花 和宏片桐洋史山本 富孝小池 卓吉田 道正五十嵐 周二 ,第122回講演大会 (2010).

学術認証フェデレーションによる科学技術の学術情報共有システム

【関連講義】 サイバーキャンパス「鷹山」,UPKI-学術認証フェデレーション (学認:Gakunin)⇒#2842@講義; サイバーキャンパス「鷹山」,外部サービス連携⇒#3106@講義; サイバーキャンパス「鷹山」,【検証】サイバーキャンパス「 鷹山」-シボレスサイト⇒#3100@講義; 【関連ノート】 Shibboleth IdPをLDAP Proxy経由でADに認証する方法⇒#1086@ノート; Shibboleth IdPでBase64に変換する方法⇒#1170@ノート; Windowsサーバ2003でShibboleth SPを構築するとコンテンツが破壊⇒#1168@ノート; IIS上にShibboleth SPを構築したときに属性情報の文字化けを修正する方法⇒#1173@ノート; 【関連プロジェクト】 複数ISPによる負荷分散・冗長化サーバシステムの研究⇒#29@プロジェクト 【関連講演】 ・山形大学における「学認」対応認証基盤整備とe-サイエンスへの取り組み⇒#92@講演; 【関連キーワード】 UPKI, Gakunin,

伊藤智博,立花和宏,奥山澄雄,仁科辰夫,田島靖久,吉田浩司 ,第5回情報系センター研究交流・連絡会議/第14回学術情報処理研究集会 ,135-139 (2010).

学会…
2019/04/24 12:51:12