鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
2017/04/01
小白川キャンパス(2)消費電力 P = 345.1 kW 2017年04月01日(土)-H29 米沢キャンパス(1)消費電力 P = 715.08 kW

(asp)
●外部リンク
● >歴史データベース
スケジュール
時間
物理
地学
講義ノート
シラバス
…過去から
2009-H21
2010-H22
2011-H23
2012-H24
2013-H25
2014-H26
2015-H27
2016-H28

3月2017年4月5月
2627282930311
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30123456
  (0 ,0.172024238389586 rad)

(asp)
●外部リンク
● >歴史データベース
スケジュール
時間
物理
地学
講義ノート
シラバス
2018-H30
2019-H31
2020-H32
2021-H33
2022-H34
2023-H35
2024-H36
2025-H37
未来へ…
項目
ID⇒#2@星座;
要約牡羊⇒#2@星座;
題名【星座】牡羊⇒#2@星座;
項目
ID⇒#1@恒星;
要約【恒星】アナルケナル⇒#1@恒星;
メソッド一覧戻る進む·鷹山·アメニティ研

予定表
スケジュール…
講義ノート
卒業研究(C1-電気化学2004~)

参考文献の書き方

電気化学の庵

イネ科

電気化学の庵

イネ

電気化学の庵

霊長類

電気化学の庵

ヒト

無機工業化学

銅の電解精錬

無機工業化学

イオン交換膜プロセス~製塩と電気透析~

無機工業化学

金属の成型-圧延と鋳造-

講義ノート…

研究ノート
2017年4月
nefryで電圧情報を送信するXMLフォーマットを作成
Nefryで鉛蓄電池の電圧モニタリング用IoTデバイスの試作
Nefryで自動車の電池電圧のリアルタイムモニタリング
2017年5月
アルミニウム電解コンデンサー for ADINA-EM (電場解析-FEM)
【議事】
教育機関で使いやすそうな回路設計CAD
研究ノート…
学会発表

水系電解液による酸素発生とリチウムイオン二次電池正極活物質の関係

リチウムイオン電池の正極活物質の評価には有機電解液が用いられる。しかし、有機電解液は高価でアルゴン雰囲気下で取り扱う必要がある。そのため筆者らは水系電解液中で正極活物質を安価で簡便に評価できないか試みた。水系電解液中で最も懸念すべきことは

赤間 未行黒澤 大輝, 仁科辰夫 , 立花和宏, 伊藤智博 ,2017年電気化学秋季大会 (2017).

アルミニウムアノード酸化被膜の厚みから調べた導電性高分子材料の電気的特性

○白谷貴明 後藤武 関口理希 伊藤智博 立花和宏 ,表面技術協会第136回講演大会 (2017).

蓄電デバイスのための複数炭素材料を使った電極の設計

小林 晃太, 石川 智士, 佐藤 大生, 佐々木 貴史, 伊藤 智博立花 和宏仁科 辰夫 ,化学系学協会東北大会 (2017).

導電性高分子とアルミニウム酸化被膜の密着性によるコンデンサ漏れ電流の変化

演題名:導電性高分子とアルミニウム酸化被膜の密着性によるコンデンサ漏れ電流の変化 ※本メール書式は、上付き、下付きは、イタリックは対応していません。  講演登録 確認・編集フォームよりご確認ください。 所属機関総数:2 所属番号:1 所属機関(正式名):山形大学 工学部 所属機関(略名):山形大工 所属機関(英語):Faculty of Engineering Yamgata Univ. 所属番号:2 所属機関(正式名):山形大学 大学院理工学研究科 所属機関(略名):山形大院理工 所属機関(英語):Graduate School of Science and Engineering Yamagata Univ. 著者の総数:7 著者名 No:1 著者名(和):後藤 武 著者名(英):Takeru Goto 所属番号(半角数字):1 No:2 著者名(和):増子 勝一 著者名(英):Shoichi Mashiko 所属番号(半角数字):1 No:3 著者名(和):関口 理希 著者名(英):Masaki Se

後藤 武, 増子 勝一, 黒澤 大輝伊藤 智博立花 和宏仁科 辰夫 ,化学系学協会東北大会 (2017).

水系電解液中におけるリチウムイオン二次電池正極活物質の電気的性質

⇒#2801@講義; ⇒#4554@講義;

荒川凌志, 赤間 未行, 石川 智士, 伊藤 智博立花 和宏仁科 辰夫 ,化学系学協会東北大会 (2017).

バイオマス発電で排出される有価物の利用方法に関する研究

⇒616@卒論; 発表形式:一般講演ポスター(化学教育を含む全分類) 一般講演ポスターの分類:A. 無機/分析/環境化学 学生ポスター賞審査希望 演題名:バイオマス発電で排出される有価物の利用方法に関する研究 ※本メール書式は、上付き、下付きは、イタリックは対応していません。  講演登録 確認・編集フォームよりご確認ください。 所属機関総数:3 所属番号:1 所属機関(正式名):山形大学 工学部 所属機関(略名):山形大工 所属機関(英語):Faculty of Engineering Yamagata Univ. 所属番号:2 所属機関(正式名):山形大学 大学院理工学研究科 所属機関(略名):山形大院理工 所属機関(英語):Graduate School of Science and Engineering Yamagata Univ. 所属番号:3 所属機関(正式名):山形大学 技術部機器分析技術室 所属機関(略名):山形大工技 所属機関(英語):Technical Division of Instrumental Anal

髙橋 宏義, 鈴木 崇広, 虻川 輝明, 佐々木 貴史, 伊藤 智博立花 和宏仁科 辰夫 ,化学系学協会東北大会 (2017).

学会…
2017/09/23 20:07:25