鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

【キーワード】 ITO


項目
ID⇒#1158
キーワードITO
ソース情報
品詞
内容
酸化インジウム1)10wt%の酸化スズ添加したもの縮退半導体
可視光透過率2)90%以上になるため透明導電膜透明電極としてよく使われます

有機EL3)液晶ディスプレイには欠かせませんね

仕事関数4)4.6eV
仕事関数UV処理5.1eV5)

関連書籍
よくわかる最新半導体の基本と仕組み目次6)
高校数学でわかる半導体の原理目次7)
電気伝導性の理論8)
導電性高分子のはなし目次9)
エレクトロニクスと電気化学10)
電気に変える有機薄膜11)


(1酸化インジウムIndiumOxideIn2O3, = 277.6382 g/mol, (化学種).
(2透過率( [(無次元)].
(3有機EL製品.
(4仕事関数(work function [ジュール].
(5 > 光る
長谷川悦雄, 有機エレクトロニクス, 工業調査会, (2005).
(6 > よくわかる最新半導体の基本と仕組み(目次)
西久保靖彦, よくわかる最新半導体の基本と仕組み, 秀和システム, (2003).
(7 > 高校数学でわかる半導体の原理(目次)
竹内淳, 高校数学でわかる半導体の原理, 講談社ブルーバックス, (2007).
(8 > 電気伝導性の理論
齋藤安俊・齋藤一弥, 金属酸化物のノンストイキオメトリーと電気伝導, 内田老鶴圃, (1987).
(9 > 導電性高分子のはなし(目次)
吉野勝美, 導電性高分子のはなし, 日刊工業新聞社, (2001).
(10 > エレクトロニクスと電気化学
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 新星社, (1990).
(11 > 光を電気に変える有機薄膜
山下和男・木谷皓, 導電性有機薄膜の機能と設計, 協立出版, (1988).


参考書籍…山形大学附属図書館
(1) edited by Arthur M. Zimmerman, Arthur Forer, Mitosis/cytokinesis, Academic Press, (1981).
(2) edited by J.S. Hyams, B.R. Brinkley, Mitosis : molecules and mechanisms, Academic Press, (c1989).
(3) edited by Philip Roni/Ed Quimby, technical editor, Monitoring stream and watershed restoration, CABI Publishing, (2005).
(4) Hrsg. William F. Martin/Hrsg. Mikl・s M氿ller, Origin of Mitochondria and Hydrogenosomes, Springer Berlin, (2007).
(5) Charles Renouvier/avant-propos et ・clairages de Jean-Claude Richard, Maurice Agulhon et Laurent Fedi, Manuel r・publicain de l'homme et du citoyen, Slatkine Reprints, 2000, (2019/09/17 21:35:40).
(7) , Biblioteka poeta. Litovskie, , (2019/09/17 21:35:40).
(15) Gorodetskogo, B. P., Pushkin; itogi i problemy izuc, , (2019/09/17 21:35:40).
(16) edited by Ming Zhou, Cristina Magi-Galluzzi, Genitourinary pathology, Churchill Livingstone Elsevier, (c2007).
(17) Kruppa, Hans, Kaito: ein Marchen., , (2019/09/17 21:35:40).
(18) Lehmann, R. C., Charles Dickens as editor,, , (2019/09/17 21:35:40).
(21) Wain, John, The young visitors, , (2019/09/17 21:35:40).
(22) Faulkner, William, Mosquitoes, , (2019/09/17 21:35:40).
(23) Seelye, John, Arthur Gordon Pym, Benito Cere, , (2019/09/17 21:35:40).
(24) Gurvich, S. S., Osnovy ritoriki,, , (2019/09/17 21:35:40).
(25) Kapstein I. J., Expository prose; an analytic, , (2019/09/17 21:35:40).
(26) Hudson, Arthur Palme, Models of expositon., , (2019/09/17 21:35:40).
(27) Davidson, Donald, American compositon and rhetoric, , (2019/09/17 21:35:40).
(28) Boller, Fran?ois, Auditory comprehension,, , (2019/09/17 21:35:40).
(29) , A Magyar nepzene tara 4. Parositok, , (2019/09/17 21:35:40).
(30) , Edition Eulenburg No. 895 Ippolitov Ivanov;, , (2019/09/17 21:35:40).
(32) Playbair, Lyon, The illustrated exhibitor, A t, , (2019/09/17 21:35:40).
メニュー
シラバス/検索/ITO…
講義内容/検索/ITO…
講義ノート/検索/ITO…
研究ノート/検索/ITO…
ファイル/検索/ITO…
研究テーマ/検索/ITO…
論文/検索/ITO…
書籍名/検索/ITO…
雑誌名/検索/ITO…
材料名/検索/ITO…
>ウィキペディア/ITO…
エンジニア/検索/ITO…
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧