鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

【キーワード】 エチレン


項目
ID⇒#2245
キーワードエチレン
ソース情報
品詞
内容
炭素アルケンナフサ1)熱分解接触分解クラキングして作りますプロピレンベンゼンとともに石油化学製品原料になります2)水素付加するとエタン3)になりますリン4)触媒として水付加してエタノール5)します付加重合によりポリエチレン6)合成します塩素置換してジクロロエタン7)とし熱分解によって塩化ビニル8)とします

エタン9)エチレン10)アセチレン11)それぞれ単結合二重結合三重結合持つ炭素の化合物の代表選手です

C2H412)
(1@ > 天然資源 > エネルギ > 化石燃料 > 石油 > ナフサ
ナフサ, (材料).
(2 > 有機化合物
実教出版, サイエンスビュー化学総合資料, 実教出版, (2005).
(3エタンCH3CH3, FW = 30.06964 g/mol, (化学種).
(4リン酸H3PO4(aq), FW = 97.99522 g/mol, (化学種).
(5エタノールCH3CH2OH, FW = 46.06904 g/mol, (化学種).
(6ポリエチレン[-CH2CH2-]n, FW = 28.05376 g/mol, (化学種).
(71,2-ジクロロエタン(CH2Cl)2, FW = 98.95976 g/mol, (化学種).
(8塩化ビニルCH2CHCl, FW = 62.49882 g/mol, (化学種).
(9エタンCH3CH3, FW = 30.06964 g/mol, (化学種).
(10エチレンEthyleneC2H4, FW = 28.05376 g/mol, (化学種).
(11アセチレンC2H2, FW = 26.03788 g/mol, (化学種).
(12)   C2H4 + 3O2 =   2CO2(g) + 2H2O, , (反応-445).


参考書籍…山形大学附属図書館
(2) 太田保夫, 植物の一生とエチレン, , (2017/09/24 3:22:39).
(3) 太田保夫著, 植物の一生とエチレン : 植物界の魔法使い, 東海大学出版会, (1980.9).
(4) 漆崎末夫著, 農産物の鮮度保持 : エチレン制御とその利用, 筑波書房, (1997.2).
(5) 井上尚英編, 酸化エチレン中毒研究業績集, [産業医科大学], (1991.12).
(6) 下川敬之著, エチレン, 東京大学出版会, (1988.11).
(7) 下川敬之著, エチレン, 東京大学出版会, (1988.11).
(17) 清野栄美 著, メロン並びにセイヨウナシの塾度とエチレンとの関係, 38回卒 清野栄美, (1990.03).
メニュー
シラバス/検索/エチレン…
講義内容/検索/エチレン…
講義ノート/検索/エチレン…
研究ノート/検索/エチレン…
ファイル/検索/エチレン…
研究テーマ/検索/エチレン…
論文/検索/エチレン…
書籍名/検索/エチレン…
雑誌名/検索/エチレン…
材料名/検索/エチレン…
>ウィキペディア/エチレン…
エンジニア/検索/エチレン…
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧