鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

【キーワード】 水


項目
ID⇒#307
キーワード
ソース情報
品詞
内容
酸素1)水素2)化合物常温常圧での液体流体材料3)の代表人間生活産業活動に必須4)さまざまな物質溶解して水溶液作りますアルカリイオン石灰水マイナスイオン???にもなっています純粋な水はほぼ絶縁体ですが電解質溶解するとよく電気通すようになります

青々と水たたえたや湖5)水は生命の源でもあり水道ライフラインとして生活支えています6)7)となってにあがり雨やとなって地上にふってきますとなってに下る間に侵食作り堆積して平野作ります8)

などいろいろなところに現れます

水資源は人間の生命にもっとも重要な資源です

動画9)
丁目サイエンス劇場氷とガラス前半
http://www.youtu…
丁目サイエンス劇場氷とガラス後半
http://www.youtu…


(1酸素O2, FW = 31.9988 g/mol, (化学種).
(2水素H2, FW = 2.01588 g/mol, (化学種).
(3 > 
water, (材料).
(4無機工業 > 2007 > 酸・アル > 水と食文化,酸・アルカリ工業
立花 和宏,無機工業化学, 講義ノート, (2008).
(5, ●▼◆★▲■, 94FFE6, 色彩.
(6ミュージ > 博物館 > 大阪市水道記念館,博物館
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2003).
(7ミュージ > 科学館( > 電気・ガ > 水の科学館,電気・ガス・水道
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).
(8 > 地表の変化
小島丈兒, 新訂地学図解, 第一学習社, (1986).
(9四丁目サ > 氷とガラス,四丁目サイエンス劇場
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2008).

ユーザー)

(1)リチウム電池駆動用電解液中におけるアルミニウムの不働態化
立花和宏、佐藤幸裕、仁科辰夫、遠藤孝志、松木健三、小野幸子,Electrochemistry, Vol. 69, No.9, pp.670-680,,(2001).



参考書籍…山形大学附属図書館
(1) 芹沢俊介[ほか]著, 水環境を調べる, 愛知教育大学, (2002.3).
(2) 杉山博信, Andrew C.Whitaker著/新潟大学大学院自然科学研究科ブックレット新潟大学編集委員会編, 温暖積雪地域における水の循環を科学する, 新潟日報事業社, (2007.2).
(3) ダニエル・ヒレル著/岩田進午, 内嶋善兵衛監訳, 土と水の物理学, 農林統計協会, (2001.1).
(4) , 武田信玄地を拓き水を治める : 戦国時代制覇への夢, NHKエンタープライズ:日本クラウン(発売), (2006.11).
(5) Created and produced by The Educational Film Center, University of Maryland, The Annenberg/CPB Project/日本語版企画・制作丸善株式会社, , 丸善, (c1993).
(6) 登坂博行著, 地圏水循環の数理 : 流域水環境の解析法, 東京大学出版会, (2006.12).
(7) 松村昂, 小松謙著, 水滸伝, ナツメ社, (2005.4).
(8) 山口昌伴著, 水の道具誌, 岩波書店, (2006.8).
(12) 小尻利治著, 水資源工学, 朝倉書店, (2006.10).
(13) 祖田修編 : 佐藤晃一編 : 太田猛彦編 : 隆島史夫編 : 谷口旭編, 農林水産業の多面的機能, 農林統計協会, (2006.12).
(14) 藤田紘一郎著, 水の健康学, 新潮社, (2004.7).
(15) 日本水環境学会編集, 水環境ハンドブック, 朝倉書店, (2006.10).
(16) 日本水環境学会編集, 水環境ハンドブック, 朝倉書店, (2006.10).
(19) J.T.O. カーク著/山本民次訳, 水圏の生物生産と光合成, 恒星社厚生閣, (2002.4).
(20) ウィリアム・ジュリー, ロバート・ホートン著/井上光弘 [ほか] 訳, 土壌物理学 : 土中の水・熱・ガス・化学物質移動の基礎と応用, 築地書館, (2006.3).
(21) 森誠一監修・編集, 魚から見た水環境 : 復元生態学に向けて, 信山社サイテック/大学図書 (発売), (, 1998.6).
(22) 大森豊明編集代表/技術教育出版企画・編集, 水 : 基礎・ヘルスケア・環境浄化・先端応用技術, エヌ・ティー・エス, (2006.8).
(23) 日高敏隆, 中尾正義編, シルクロードの水と緑はどこへ消えたか?, 昭和堂, (2006.6).
(25) 鎌田元康編/石渡博 [ほか] 著, 水まわり入門, TOTO出版, (1999.11).
(27) , 水の都市文化, 大阪市立大学大学院文学研究科都市文化研究センター, (2006.3).
(28) 日本陸水学会編集/沖野外輝夫 [ほか] 編集委員, 陸水の事典, 講談社, (2006.3).
(29) 日本陸水学会編集/沖野外輝夫 [ほか] 編集委員, 陸水の事典, 講談社, (2006.3).
(30) , 岩波講座教育 〓水幾太郎, , (2017/11/23 9:04:24).
(32) , 〓水幾太郎 流言蜚語, , (2017/11/23 9:04:24).
メニュー
シラバス/検索/水…
講義内容/検索/水…
講義ノート/検索/水…
研究ノート/検索/水…
ファイル/検索/水…
研究テーマ/検索/水…
論文/検索/水…
書籍名/検索/水…
雑誌名/検索/水…
材料名/検索/水…
>ウィキペディア/水…
エンジニア/検索/水…
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧