鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

【キーワード】 音楽


項目
ID⇒#335
キーワード音楽
ソース情報
品詞
内容
聴覚に快感あたえるように設計された表現1)宗教とともに発達してきました2)クラシ3)ジャズはじめさまざまなジャンルがあります肉声や楽器表現するのはもちろんですが4)楽器演奏するばかりでなくCDMDカーステレオカラオケなどでメディアに記録された楽しむことができます歌は程の抑揚やリズム言語要素加えた表現です歌は歌詞として文字表現程やリズム楽譜表現します

単独で楽しむだけでなくラジオテレビなどメディア介したり映像と同時に表現する映画も楽しいですね生活にうるおい与える娯楽趣味としてももいいですスピーカーサウンデューサが進歩して携帯電話の着信メロディー音色もぐっと向上してきました産業5)の市場規模としては小さいです6)7)

関連講義
ピカッとさいえんす,でまわそう秋コプター~圧電セラミクスと超モーター8)
http://c1.yz.yam…
電気化学の庵,楽史9)

高等学校 > 高校音楽,高等学校でのお勉強
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).

高等学校 > 高校音楽 > 音楽史,高校音楽
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

ミュージ > 博物館 > 浜松市楽 > 浜松市楽器博物館(概略),浜松市楽器博物館
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2005).

高等学校 > 高校公民 > 産業と商業,高校公民
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).

高等学校 > 高校公民 > 市場,高校公民
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).

規格と標 > JIS( > JIS.S―日用品,JIS(日本工業規格)
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2005).

四丁目サ > 音でまわそう秋コプター~圧電セラミックスと超音波モーター~,四丁目サイエンス劇場
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2006).

高等学校 > 高校音楽 > 音楽史,高校音楽
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

(1高等学校 > 高校音楽,高等学校でのお勉強
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).
(2高等学校 > 高校音楽 > 音楽史,高校音楽
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).
(3 > クラシック音楽ガイド(目次)
後藤真理子, クラシック音楽ガイド, 成美堂出版, (2007).
(4ミュージ > 博物館 > 浜松市楽 > 浜松市楽器博物館(概略),浜松市楽器博物館
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2005).
(5高等学校 > 高校公民 > 産業と商業,高校公民
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).
(6高等学校 > 高校公民 > 市場,高校公民
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).
(7規格と標 > JIS( > JIS.S―日用品,JIS(日本工業規格)
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2005).
(8四丁目サ > 音でまわそう秋コプター~圧電セラミックスと超音波モーター~,四丁目サイエンス劇場
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2006).
(9高等学校 > 高校音楽 > 音楽史,高校音楽
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).


参考書籍…山形大学附属図書館
(1) アレクサンダー・ウッド著/J.M.バウシャー改訂/石井信生訳, 音楽の物理学 : 音楽をする人たちのための入門書, 音楽之友社, (1976.8).
(2) 小木曽薫著, ピアノとともに学ぶ音楽の理論, 音楽之友社, (1971.6).
(3) 黒沢隆朝著, 台湾高砂族の音楽, 雄山閣, (1973.3).
(4) パウル・ヒンデミット著/坂本良隆,千蔵八郎共訳, 音楽家の基礎練習, 音楽之友社, (1957.11).
(5) 堀内敬三編集代表, 学生の音楽事典, 音楽之友社, (1957.6).
(6) 宮本直美著, 教養の歴史社会学 : ドイツ市民社会と音楽, 岩波書店, (2006.2).
(7) ウラディミール・ジャンケレヴィッチ [著]/大谷千正 [ほか] 訳, フォーレ : 音楽から沈黙へ : 言葉では言い表し得ないもの…, 新評論, (2006.8).
(8) V・ジャンケレヴィッチ著/船山隆, 松橋麻利訳, ドビュッシー : 生と死の音楽, 青土社, (1987.10).
(9) ロデリック・ダネット著/橘高弓枝訳, ドビュッシー : 印象主義音楽をつくりあげたフランスの作曲家, 偕成社, (1998.4).
(10) ポール・グリフィス著/石田一志訳, 現代音楽小史 : ドビュッシーからブーレーズまで, 音楽之友社, (1984.6).
(11) 林光著, 私の戦後音楽史 : 楽士の席から, 平凡社, (2004.12).
(12) 小泉文夫, 團伊玖磨著, 日本音楽の再発見, 平凡社, (2001.11).
(13) T. W. アドルノ [著]/大久保健治訳, ベートーヴェン : 音楽の哲学, 作品社, (1997.1).
(14) 増田聡, 谷口文和著, 音楽未来形 : デジタル時代の音楽文化のゆくえ, 洋泉社, (2005.3).
(16) 小泉文夫著, 日本の音 : 世界のなかの日本音楽, 平凡社, (1994.9).
(17) 中野雄著, 音楽家になるには, ぺりかん社, (2002.3).
(18) ロナルド・カヴァイェ著/姥沢愛水訳, 音楽家のための留学ガイド : 世界の音楽学校332校の紹介, 芸術現代社, (2000.12).
(19) 荻美津夫著, 古代中世音楽史の研究, 吉川弘文館, (2007.2).
(21) 鈴木正美 [著], ロシア・ジャズ : 寒い国の熱い音楽, 東洋書店, (2006.10).
(22) ユ・サンチョル [ほか] 著/蓮池薫訳, 韓流熱風 : 映画・テレビドラマ・音楽-強さの秘密, 朝日新聞社, (2006.8).
(23) 日本・ロシア音楽家協会編, ロシア音楽事典, 河合楽器製作所・出版部, (2006.8).
(24) 石田一志, アレクサーンダ・コスチルキン, エカテリーナ・タラソヴァ編, 露和・和露音楽用語小辞典, 朔北社, (2006.8).
(25) 増田聡著, 聴衆をつくる : 音楽批評の解体文法, 青土社, (2006.8).
(26) 関孝弘, ラーゴ・マリアンジェラ共著, これで納得!よくわかる音楽用語のはなし : イタリアの日常会話から学ぶ, 全音楽譜出版社, (2006.6).
(27) 関孝弘, ラーゴ・マリアンジェラ共著, これで納得!よくわかる音楽用語のはなし : イタリアの日常会話から学ぶ, 全音楽譜出版社, (2006.6).
(28) バーバラ・コナブル著/ベンジャミン・コナブル本文イラスト/片桐ユズル, 小野ひとみ訳, 音楽家ならだれでも知っておきたい「からだ」のこと : アレクサンダー・テクニークとボディ・マッピング, 誠信書房, (2000.10).
(29) エステル・サルダ・リコ著/トマス・ペイレ・セラーテ本文イラスト/八重樫克彦, 八重樫由貴子訳/山田成監修, 図解音楽家のための身体コンディショニング : ベストな状態で演奏に臨むために, 音楽之友社, (2006.4).
(30) , 音楽教育の内容と方法, 開成出版, (2005.12).
(31) , 音楽教育の内容と方法, 開成出版, (2005.12).
(32) , 音楽と近代教育, 開成出版, (2005.12).
メニュー
シラバス/検索/音楽…
講義内容/検索/音楽…
講義ノート/検索/音楽…
研究ノート/検索/音楽…
ファイル/検索/音楽…
研究テーマ/検索/音楽…
論文/検索/音楽…
書籍名/検索/音楽…
雑誌名/検索/音楽…
材料名/検索/音楽…
>ウィキペディア/音楽…
エンジニア/検索/音楽…
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧