鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

【キーワード】 音


項目
ID⇒#345
キーワード
ソース情報
品詞
内容
音波聴覚によって感じられる空気の粗密1)2)3)空気あるいはそのほかの媒体となる物体の振動として伝わる力学エネルギー4)携帯電話ではマイク電気音に変えたり5)スピーカーサウンデューサ電気音に変えたりします6)

耳に聞こえない高い周波数持つ超音波使ってメガネレンズなど洗ったりするの超音波洗浄といいます動物個体間の情報伝達に使われます人間の話言葉は音による表現として出力されます7)8)

音楽は楽器の演奏などで音楽しむ娯楽です9)周波数10)音程音圧レベル11)音量きめます

工場自動車鉄道車両快適な環境作るのに騒音抑制に工夫します

動画12)
丁目サイエンス劇場音と楽器と振動と
http://c1.yz.yam…


高等学校 > 高校物理 > ,高校物理
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).

高等学校 > 高校物理 > 物理量と > 音と振動、そして圧力と流体(力学エネルギー),物理量と単位
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

高等学校 > 高校物理,高等学校でのお勉強
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2003).

ミュージ > 博物館 > 浜松市楽 > 浜松市楽器博物館(概略),浜松市楽器博物館
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2005).

四丁目サ > 音でまわそう秋コプター~圧電セラミックスと超音波モーター~,四丁目サイエンス劇場
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2006).

(1高等学校 > 高校物理 > ,高校物理
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).
(2 > ファインマン物理学2―光 熱 波動(目次)
ファインマン、レイトン、サンズ/富山小太郎, ファインマン物理学2―光 熱 波動, 岩波書店, (1971).
(3高等学校 > 高校物理 > 物理量と > 音と振動、そして圧力と流体(力学エネルギー),物理量と単位
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).
(4力学エネルギー(mechanical energy [J(ジュール)].
(5 > センサ、自然の量を電気信
小島昇, 電子部品図鑑, 誠文堂新光社, (2007).
(6 > AV機器のしくみ
吉岡安之, 電子の回廊, 日刊工業新聞社, (1994).
(7情報C,,etc,,
仁科 辰夫,シラバス-(高等学校), (2006).
(8高等学校 > 高校物理,高等学校でのお勉強
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2003).
(9ミュージ > 博物館 > 浜松市楽 > 浜松市楽器博物館(概略),浜松市楽器博物館
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2005).
(10周波数(frequency [Hz(ヘルツ)].
(11音圧レベル( [dB(デシベル)].
(12四丁目サ > 音でまわそう秋コプター~圧電セラミックスと超音波モーター~,四丁目サイエンス劇場
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2006).


参考書籍…山形大学附属図書館
(1) 曽祥波著, 从唐音到宋◆U8C03◆ : 以北宋前期◆U8BD7◆歌◆U4E3A◆中心, 昆◆U4ED1◆出版社, (2006.3).
(2) 近藤信義著, 音喩論 : 古代和歌の表現と技法, おうふう, (1997.12).
(3) 鹿野清宏 [ほか] 編著, 音声認識システム, オーム社, (2001.5).
(4) アレクサンダー・ウッド著/J.M.バウシャー改訂/石井信生訳, 音楽の物理学 : 音楽をする人たちのための入門書, 音楽之友社, (1976.8).
(5) 小木曽薫著, ピアノとともに学ぶ音楽の理論, 音楽之友社, (1971.6).
(6) 黒沢隆朝著, 台湾高砂族の音楽, 雄山閣, (1973.3).
(7) パウル・ヒンデミット著/坂本良隆,千蔵八郎共訳, 音楽家の基礎練習, 音楽之友社, (1957.11).
(8) 東洋音楽学会編, 日本の音階, 音楽之友社, (1982.1).
(9) ヘルマン・ケラー[著]/野村満男訳, ヘルマン・ケラー通奏低音奏法, 全音楽譜出版社, ([1976]).
(10) 堀内敬三編集代表, 学生の音楽事典, 音楽之友社, (1957.6).
(11) 神山孝夫著, 印欧祖語の母音組織 : 研究史要説と試論, 大学教育出版, (2006.10).
(12) 全音楽譜出版社出版部編, 全音歌謡曲全集, 全音楽譜出版社, ([19--]).
(13) 全音楽譜出版社出版部編, 全音歌謡曲全集, 全音楽譜出版社, ([19--]).
(14) 全音楽譜出版社出版部編, 全音歌謡曲全集, 全音楽譜出版社, ([19--]).
(15) 全音楽譜出版社出版部編, 全音歌謡曲全集, 全音楽譜出版社, ([19--]).
(16) 宮本直美著, 教養の歴史社会学 : ドイツ市民社会と音楽, 岩波書店, (2006.2).
(17) 鵜田豊著, 英語のリスニングは発音力で決まる! : UDA式30音練習帳, ジャパンタイムズ, (2004.10).
(19) 中村健太郎著, 音のしくみ, ナツメ社, (2005.6).
(20) 今泉忠明監修, ネコの本音, ナツメ社, (2005.12).
(21) 武内ゆかり監修, イヌの本音, ナツメ社, (2005.12).
(22) 久保田麻琴著, 世界の音を訪ねる : 音の錬金術師の旅日記, 岩波書店, (2006.4).
(23) ウラディミール・ジャンケレヴィッチ [著]/大谷千正 [ほか] 訳, フォーレ : 音楽から沈黙へ : 言葉では言い表し得ないもの…, 新評論, (2006.8).
(24) V・ジャンケレヴィッチ著/船山隆, 松橋麻利訳, ドビュッシー : 生と死の音楽, 青土社, (1987.10).
(25) ロデリック・ダネット著/橘高弓枝訳, ドビュッシー : 印象主義音楽をつくりあげたフランスの作曲家, 偕成社, (1998.4).
(26) ポール・グリフィス著/石田一志訳, 現代音楽小史 : ドビュッシーからブーレーズまで, 音楽之友社, (1984.6).
(27) 林光著, 私の戦後音楽史 : 楽士の席から, 平凡社, (2004.12).
(29) 小泉文夫, 團伊玖磨著, 日本音楽の再発見, 平凡社, (2001.11).
(30) 山田恒夫, ATR人間情報科学研究所著, 英語スピーキング科学的上達法 : ネイティブの発音が身につく : XP対応, 講談社, (2005.6).
(31) T. W. アドルノ [著]/大久保健治訳, ベートーヴェン : 音楽の哲学, 作品社, (1997.1).
(32) 増田聡, 谷口文和著, 音楽未来形 : デジタル時代の音楽文化のゆくえ, 洋泉社, (2005.3).
メニュー
シラバス/検索/音…
講義内容/検索/音…
講義ノート/検索/音…
研究ノート/検索/音…
ファイル/検索/音…
研究テーマ/検索/音…
論文/検索/音…
書籍名/検索/音…
雑誌名/検索/音…
材料名/検索/音…
>ウィキペディア/音…
エンジニア/検索/音…
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧