鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

【キーワード】 食品


項目
ID⇒#392
キーワード食品
ソース情報
品詞
内容
1.食のサイエンス
2.穀類
3.いも及びでん粉類
4.砂糖および甘味類
5.菓子類
6.油脂類
7.種実類
8.豆類
9.魚介類
10.獣鳥鯨肉類
11.卵類
12.乳類
13.野菜類
14.果実類
15.きのこ類
16.藻類
17.し好飲料類
18.調味料及び香辛料類
19.調理加工食品類
100円ショップコンビニスーパーなどで売っている生活の基本衣食住の要ネットでもいろいろな食品がショッピングできます1)

脂質炭水化物たんぱく質など栄養成分含むビールラーメンマヨネーズマーガリン牛乳ヨーグルトジュース寒天など食物のこと流体ゲルが多いので容器食器に盛り付けます最近は遺伝子組換え食品も見られるようになりました食品添加物含むこともありますこれらの使用は食品衛生法で定められています

食品の原料はほとんどが動物植物いった生物由来で鉱物由来は岩塩などの添加物に限られています食材流通よって市場に並び調理によって食卓に並んではじめて食べられるようになります

食品#2402中にはいろいろな化学物質が含まれていて電気化学も決して無縁ではありませんなおアルカリ性食品が体にいいいう迷信は大正10年ごろ大阪大学医学部のK教授がウサギ大根おろしと2)食させ続けたら血液性になって骨に異常が出た学会報告したところからはじまったらしいのですが昭和36年以前は正確なpHメーター普及していませんでしたからねヒト栄養形式従属栄養なのでほとんど食品は生物に依存します特に必須アミノ酸などは人間の体内で合成できないので健康維持するには食品から摂取する必要があります包装冷蔵庫が利用できるようになり食品の保存が簡単になりましたそれでも早めに調理した方がいいですねインスタント食品3)コンビニエンス食品の種類もふえてきました最近食事補う目的で作られた栄養補助食品サプリメントよんでいるようです品質保証についてはHACCP4)などの手法で安全管理し食中毒などについては保健所指導してます5)6)7)8)9)10)

日本の産業11)して中規模な市場形成しています12)

関連書籍遺伝子組換え食品 どこが心配なのですか?目次13)
関連講義無機工業化学,アルカリ工業と肥料水資源無機工業化学14)


(1高等学校 > 高校公民 > 産業と商 > メーカー > 食品業界,メーカー(製造)
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).
(2スクロースC12H22O11, = 342.30008 g/mol, (化学種).
(3ミュージ > 歴史(産 > インスタントラーメン発明記念館,歴史(産業史)博物館・資料館
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2008).
(4 > 食品に関する規格・基準
鴨居郁三、堀内久弥、高野克己, 食品工業技術概説, 恒星社厚生閣, , (1997).
(5 > 身近な現象の化学―台所の化学(目次)
日本化学会, 身近な現象の化学―台所の化学, 培風館, , (2002).
(6人間生活 > 食品・生命の化学
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録, 数研出版, , (1998).
(7 > 生活と化学
実教出版, サイエンスビュー化学総合資料, 実教出版, , (2005).
(8 > 工業化学概論(目次)
山田保,尾藤忠旦著, 工業化学概論, 朝倉書店, , (196).
(9 > 品質管理のしくみ
松林光男、渡辺弘, イラスト図解 工場のしくみ, 日本実業出版社, , (2004).
(10 > 食品工業技術概説(目次)
鴨居郁三、堀内久弥、高野克己, 食品工業技術概説, 恒星社厚生閣, , (1997).
(11高等学校 > 高校公民 > 産業と商業,高校公民
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).
(12高等学校 > 高校公民 > 市場,高校公民
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).
(13 > 遺伝子組換え食品 どこが心配なのですか?(目次)
Alan McHughen、渡辺正/久村典子, 遺伝子組換え食品 どこが心配なのですか?, 丸善株式会社, , (2002).
(14無機工業 > 酸・アルカリ工業と肥料、水資源@無機工業化学,無機工業化学の関連科目
立花 和宏,無機工業化学, 講義ノート, (2012).

ユーザー)

食品分析も踏まえた分析現場における問題の提起とそれ解決するための討論会回分析科学技術者の集い1)開催されます


参考書籍…山形大学附属図書館
(1) 食品流通システム協会編, 青果物鮮度保持流通低コスト化マニュアル : 食品鮮度保持流通低コスト化等推進事業より, 流通システム研究センター, (2003.5).
(2) 山道のぼる著, 全国のアトピー性皮膚炎患者に捧ぐ : 原因は布団わたと食品に混濁付着したダイオキシン, パレード/星雲社(発売), 2006.12, (2017/11/20 9:16:30).
(3) 平宏和総監修/芦澤正和 [ほか] 監修, 食品図鑑, 女子栄養大学出版部, (2006.4).
(4) 渡辺忠雄, 榎本則行, 竜口和惠編, 最新食品学 : 総論・各論, 講談社, (2006.4).
(5) 森田潤司, 成田宏史編, 食品学総論, 化学同人, (2003.3).
(6) , 水産食品HACCPの基礎と実際, エヌ・ティー・エス, (2000.11).
(7) , 健康食品の受託製造市場, 矢野経済研究所, (2017/11/20 9:16:30).
(8) , 食品産業白書, 矢野経済研究所, (1979.3-2006.7).
(9) 工藤春代著, 消費者政策の形成と評価 : ドイツの食品分野, 日本経済評論社, (2007.1).
(12) L・キャスリーン・マハン, シルビア・エスコット-スタンプ [ほか] 著/兒玉徹 [ほか] 編集委員/越智由香 [ほか] 翻訳, 食品・栄養・食事療法事典, 産調出版, (2006.6).
(13) L・キャスリーン・マハン, シルビア・エスコット-スタンプ [ほか] 著/兒玉徹 [ほか] 編集委員/越智由香 [ほか] 翻訳, 食品・栄養・食事療法事典, 産調出版, (2006.6).
(14) 岡本 匡代, エゾシカ肉の特性に関する食品化学的研究, , (2017/11/20 9:16:30).
(15) 矢野俊正著, 食品工学の基礎, 光琳, (1992.4).
(16) 熊谷仁, 熊谷日登美, 高田昌子共著, 食品工学入門 : 食品製造・保存の考え方, アイ・ケイコーポレーション, (2005.12).
(17) 長澤治子編著, 食品学・食品機能学・食品加工学 : 食べ物と健康, 医歯薬出版, (2005.1).
(18) 阿部亮 [ほか] 編集委員, 食品循環資源最適利用マニュアル, サイエンスフォーラム, (2006.7).
(19) 阿部亮 [ほか] 編集委員, 食品循環資源最適利用マニュアル, サイエンスフォーラム, (2006.7).
(21) 河岸宏和著, 食品工場のしくみ, 同文舘出版, (2005.11).
(22) 河岸宏和著, 食品工場のしくみ, 同文舘出版, (2005.11).
(23) 日本食品工学会編, 食品工学ハンドブック, 朝倉書店, (2006.1).
(24) 日本食品保蔵科学会編, 食品保蔵・流通技術ハンドブック, 建帛社, (2006.10).
(25) 久保田紀久枝, 森光康次郎編, 食品学 : 食品成分と機能性, 東京化学同人, (2003.4).
(26) 白石淳, 小林秀光編, 食品衛生学, 化学同人, (2004.11).
(27) 菅原龍幸, 青柳康夫編著/青木隆子 [ほか] 共著, 食品学実験書, 建帛社, (2002.5).
(28) 藤田修三, 山田和彦編著/磯部由香 [ほか] 著, 食品学実験書, 医歯薬出版, (2006.1).
(29) 菅野道廣, 上野川修一, 山田和彦編, 食品の安全性, 南江堂, (2006.4).
(31) 知地英征編著, 食品と成分, 三共出版, (2005.4).
(32) 川岸舜朗, 中村良編著/大羽和子 [ほか] 共著, 新しい食品化学, 三共出版, (2000.11).
メニュー
シラバス/検索/食品…
講義内容/検索/食品…
講義ノート/検索/食品…
研究ノート/検索/食品…
ファイル/検索/食品…
研究テーマ/検索/食品…
論文/検索/食品…
書籍名/検索/食品…
雑誌名/検索/食品…
材料名/検索/食品…
>ウィキペディア/食品…
エンジニア/検索/食品…
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧