鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

【キーワード】 生物学


項目
ID⇒#4009
キーワード生物学
ソース情報
品詞
内容
科学おける生物関する学問1)2)生物物質で構成される以上化学必要ですまた細胞膜電位やエネルギー代謝など物理学必要となることもあります3)



参考書籍…山形大学附属図書館
(1) 蓮実香佑著, おとぎ話の生物学 : 森のキノコはなぜ水玉模様なのか?, PHPエディターズ・グループ, (2007.5).
(2) 芹沢俊介編, 分子生物学的手法を用いた環境調査, 愛知教育大学, (2004.3).
(3) 日本細菌学会用語委員会編, 微生物学用語集 : 英和・和英, 南山堂, (2007.1).
(4) Jonathan Slack著/大隅典子訳, エッセンシャル発生生物学, 羊土社, (2007.2).
(6) Richard J.Epstein [著]/村松正實監訳, ヒトの分子生物学, 丸善, (2006.12).
(9) スティーヴン・ピンカー [ほか] 著/野村泰幸編・訳・解説, 言語進化とはなにか : ことばが生物学と出会うとき, 大学教育出版, (2006.3).
(10) 東中川徹, 大山隆, 清水光弘共編, 分子生物学, オーム社, (2006.12).
(12) ルース・G.ミリカン著/信原幸弘訳, 意味と目的の世界 : 生物学の哲学から, 勁草書房, (2007.1).
(13) ルース・G.ミリカン著/信原幸弘訳, 意味と目的の世界 : 生物学の哲学から, 勁草書房, (2007.1).
(14) 杉浦紳之著, 放射線生物学, 通商産業研究社, (2006.3).
(15) 東中川徹共編 : 大山隆共編 : 清水光弘共編, 分子生物学, オーム社, (2006.12).
(18) T.E.クレイトン編集/太田次郎監訳, 分子生物学大百科事典, 朝倉書店, (2006.8).
(19) 小柴共一, 神谷勇治, 勝見允行編, 植物ホルモンの分子細胞生物学 : 成長・分化・環境応答の制御機構, 講談社, (2006.9).
(20) 小柴共一, 神谷勇治, 勝見允行編, 植物ホルモンの分子細胞生物学 : 成長・分化・環境応答の制御機構, 講談社, (2006.9).
(21) 小柴共一, 神谷勇治, 勝見允行編, 植物ホルモンの分子細胞生物学 : 成長・分化・環境応答の制御機構, 講談社, (2006.9).
(22) 小柴共一, 神谷勇治, 勝見允行編, 植物ホルモンの分子細胞生物学 : 成長・分化・環境応答の制御機構, 講談社, (2006.9).
(23) 小柴共一, 神谷勇治, 勝見允行編, 植物ホルモンの分子細胞生物学 : 成長・分化・環境応答の制御機構, 講談社, (2006.9).
(24) 小柴共一, 神谷勇治, 勝見允行編, 植物ホルモンの分子細胞生物学 : 成長・分化・環境応答の制御機構, 講談社, (2006.9).
(25) 伊藤明夫著, はじめて出会う細胞の分子生物学, 岩波書店, (2006.8).
(26) 江島洋介, 木村博共編, 放射線生物学, オーム社, (2002.2).
(27) 小林秀光, 白石淳編, 微生物学, 化学同人, (2003.11).
(28) 関口睦夫 [ほか] 著, 遺伝子から生命をみる : 分子生物学の誕生と発展, 共立出版, (2006.4).
(29) 安井金也, 窪川かおる著, ナメクジウオ : 頭索動物の生物学, 東京大学出版会, (2005.1).
(30) 伊藤嘉昭著, 動物の社会 : 社会生物学・行動生態学入門, 東海大学出版会, (2006.8).
(31) 伊藤嘉昭著, 動物の社会 : 社会生物学・行動生態学入門, 東海大学出版会, (2006.8).
(32) ランディ・ソーンヒル, クレイグ・パーマー著/望月弘子訳, 人はなぜレイプするのか : 進化生物学が解き明かす, 青灯社, (2006.7).
メニュー
シラバス/検索/生物学…
講義内容/検索/生物学…
講義ノート/検索/生物学…
研究ノート/検索/生物学…
ファイル/検索/生物学…
研究テーマ/検索/生物学…
論文/検索/生物学…
書籍名/検索/生物学…
雑誌名/検索/生物学…
材料名/検索/生物学…
>ウィキペディア/生物学…
エンジニア/検索/生物学…
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧