鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

【キーワード】 有機電解液


項目
ID⇒#442
キーワード有機電解液
ソース情報
品詞
内容
有機溶媒支持電解質溶解した電解液1)2)

有機電解液は水溶液系の電解液に較べて導電率が小さくリチウムイオン二次電池内部抵抗が大きいことと関係していますまた有機電解液中では酸化物イオン無いので水溶液系で耐食性持つ金属二次電池充電時のアノード分極腐食してしまいますリチウムイオン二次電池正極集電体には有機電解液中でも耐食性持つアルミニウムアニオンの組み合わせが使われています

カチオン
アルカリ金属イオンリチウムイオン3)
4アルキルアンモニウム
アニオン
ハロゲンイオン
硫酸イオン過塩素酸イオンなど

(1)溶媒誘電率が大きいほど支持塩溶解(溶解度)大きい
(2)支持塩溶解(溶解度)アニオンよって次のような傾向がある
ClO4-4)>PF6-5)>BF4-6)
(3)ハロゲンイオンはそれ自身酸化受けやすく酸化電位窓広く開けることができにくいアセトニトリル中での白金アノード酸化波の半波電位はI-:0.25V,Br-:+0.70V,Cl-:+1.1V(vs.SCE)である
(4)アニオンに対しR4N+アルキル基に対する溶解度は次のようであるC1C6
(5)誘電率の低い溶媒に対しては(n-Bu)4NClO4が良い支持塩といえる
(6)ClO4-酸化に対してそれほど安定であるとはいえない

有機溶媒にははじめ不純物が含まれていますそこで溶媒の精製しなければなりません有機電解液乾燥にはモレキュラーシーブスなど使います

リチウムイオン二次電池の駆動溶液としても使います7)8)
LiBF49)

関連書籍有機電解液の溶液化学10)

動画11)
ピカッとさいえんす宇宙に行った電池
http://c1.yz.yam…


(1電気化学 > 電解液
藤嶋昭, 相澤益男, 井上徹著, 電気化学測定法, 技報堂出版, (1984).
(2 > 有機電解液について。
芳尾真幸、小沢昭弥, リチウムイオン二次電池-材料と応用-第二版, 日刊工業新聞社, (1996).
(3リチウムイオンlithium ionLi+, = 6.941 g/mol, (化学種).
(4過塩素酸イオンClO4-, = 99.4506 g/mol, (化学種).
(5六フッ化リン酸イオンPF6-, = 144.9642 g/mol, (化学種).
(6四フッ化ホウ酸イオンBF4-, = 86.8036 g/mol, (化学種).
(7実験方法 > 材料&試 > 電解液,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(8リチウム > リチウム > 電極と電解質@リチウムイオン二次電池,リチウムイオン二次電池における電極/電解液界面
立花 和宏,リチウムイオン二次電池の, 講義ノート, (2007).
(9)   LiBF4 →   Li+ + BF4-, , (反応-415).
(10 > 有機電解液の溶液化学
芳尾真幸、小沢昭弥, リチウムイオン二次電池-材料と応用-第二版, 日刊工業新聞社, (1996).
(11ピカッと > 宇宙に行った電池,ピカッとさいえんす
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2012).

ユーザー)

(1)リチウム電池駆動用電解液中におけるアルミニウムの不働態化
立花和宏、佐藤幸裕、仁科辰夫、遠藤孝志、松木健三、小野幸子,Electrochemistry, Vol. 69, No.9, pp.670-680,,(2001).



参考書籍…山形大学附属図書館
メニュー
シラバス/検索/有機電解…
講義内容/検索/有機電解…
講義ノート/検索/有機電解…
研究ノート/検索/有機電解…
ファイル/検索/有機電解…
研究テーマ/検索/有機電解…
論文/検索/有機電解…
書籍名/検索/有機電解…
雑誌名/検索/有機電解…
材料名/検索/有機電解…
>ウィキペディア/有機電解…
エンジニア/検索/有機電解…
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧