鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

【キーワード】 インフルエンザ


項目
ID⇒#4600
キーワードインフルエンザ
ソース情報
品詞
内容
インフルエンザウィルスによって引き起こされる疾病インフルエンザの流行で人畜共通感染症としも危険視されています1)2)3)

インフルエンザウイルスエンベロープにはウイルスが宿主細胞への吸着するときスパイク果たすヘマグルチニンインフルエンザウイルスの増殖したウイルスが独立するときター果たすノイラミターゼという酵素がありますともに膜脂質重層上にくっついておりシアル酸のレセプターターなっています

A型インフルエンザこのマグルチニンノイラミターゼが多彩の上抗原がとても変化しやすいため大流行引き起こしやすいのですちなみに1968ホンコンカゼはH1957に流行したアジアカゼトリA型インフルエンザの遺伝子組み換えで誕生したことがわかっています

ニワトリからヒトジャンプしたウイルスであることが判明していますHはから15までNはからまででありこれまでヒト感染したことがあるのはHでありは人類史上感染の経験がありませんそこでパンデミが危惧されています

2009の豚インフルエンザパンデミ歩手前で航空機と自動車によるウイルス運搬により世界に蔓延するまで日と予想されています健康保つには感染防のが番です空気感染もありますから必要以上に盛り場などにであるかないことです

4)5)

関連書籍病が世界動かす6)



(1 > ウイルスと感染のしくみ(目次)
生田哲, ウイルスと感染のしくみ, 日本実業出版社, (1996).
(2インフルエンザウイルスの生態―鳥インフルエンザとパンデミック―
喜田宏, 第114回講演大会講演要旨集,0,351(2006).
(3インフルエンザウイルスの生態―鳥インフルエンザとパンデミック―
喜田宏, 第114回講演大会講演要旨集,0,351(2006).
(4エネルギ > 光エネルギーと熱エネルギー(ロウソク、電球、蛍光灯),エネルギー変換化学@2006
立花 和宏,エネルギー変換化学, 講義ノート, (2006).
(5無機工業 > 2008 > 食品、包装、バイオ(2008),2008年(H20年度)―無機工業化学
立花 和宏,無機工業化学, 講義ノート, (2009).
(6 > 病が世界を動かす
篠田謙一、宮崎正勝、岡田春恵、安田喜憲, 一目でポイントがわかる!科学で見る!世界史, 学研, (2008).


参考書籍…山形大学附属図書館
(1) 山本太郎著, 新型インフルエンザ : 世界がふるえる日, 岩波書店, (2006.9).
(2) 福見秀雄, インフルエンザワクチン, , (2019/06/25 16:34:16).
(3) 福見秀雄, インフルエンザ, , (2019/06/25 16:34:16).
(4) 福見秀雄, インフルエンザ, , (2019/06/25 16:34:16).
(6) Stuart-Har, インフルエンザ, , (2019/06/25 16:34:16).
(7) 加地正郎, インフルエンザ研究の進歩, , (2019/06/25 16:34:16).
(8) , 園口忠男 インフルエンザ, , (2019/06/25 16:34:16).
(9) エリノア・レビー, マーク・フィシェッティ著/日向やよい訳, 新型・殺人感染症 : SARSも鳥インフルエンザもほんの始まりにすぎない, 日本放送出版協会, (2004.6).
(10) 菅原勘悦研究代表者, C型インフルエンザの宿主細胞による選択, [菅原勘悦], (1992.3).
(11) 中村喜代人研究代表者, C型インフルエンザの分子疫学的研究, [中村喜代人], (1992.3).
(13) 岡田晴恵, 田代眞人著, 感染症とたたかう : インフルエンザとSARS, 岩波書店, (2003.12).
(15) 本郷誠治研究代表者, C型インフルエンザウイルスNS遺伝子産物の性状と機能, [本郷誠治], (2003.3).
(16) 本郷誠治研究代表者, C型インフルエンザウイルスNS遺伝子産物の性状と機能, [本郷誠治], (2003.3).
(17) 梅田悦生著, インフルエンザと戦う : 健康の危機管理, 裳華房, (1998.4).
(18) 菅原勘悦研究代表者, C型インフルエンザウイルスHE蛋白の糖鎖はS-S結合の制御因子か, [菅原勘悦], (2002.3).
(19) C.H.スチュワートーハリス,G.C.シルド著/杉浦昭〔ほか〕訳, インフルエンザ, 講談社, (1978.3).
(21) ジーナ・コラータ著/渕脇耕一 [ほか] 訳, インフルエンザウイルスを追う, ニュートンプレス, (2000.8).
(22) 岡部信彦編著, インフルエンザのすべて : その臨床の最前線, 新興医学出版社, (2000.7).
(23) 岡部信彦編著, インフルエンザのすべて : その臨床の最前線, 新興医学出版社, (2000.7).
(24) 栗村敬著, インフルエンザの流行は警告する, 化学同人, (1999.3).
(25) 園口忠男著, インフルエンザ : 特に学校流行を中心に, 金原出版, (1980.10).
(26) 加地正郎編集, インフルエンザとかぜ症候群, 南山堂, (1997.1).
メニュー
シラバス/検索/インフル…
講義内容/検索/インフル…
講義ノート/検索/インフル…
研究ノート/検索/インフル…
ファイル/検索/インフル…
研究テーマ/検索/インフル…
論文/検索/インフル…
書籍名/検索/インフル…
雑誌名/検索/インフル…
材料名/検索/インフル…
>ウィキペディア/インフル…
エンジニア/検索/インフル…
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧