鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

【キーワード】 ESR画像法


項目
ID⇒#4666
キーワードESR画像法
ソース情報
品詞
内容
ユーザー)

ESRイメージングESR Imaging呼ばれたりESRIEPRI呼ばれたりする

電子スピン共鳴ESR現象用いてフリーラジカル分布画像取得する方法1)基本アルゴリズムズーマトグラフ法採用している
低周波ESR法用いることによって生体など生きたままインビボ測定することが可能になった
また生体内のフリーラジカル分布動態測定するためにL-バンド電子スピン共鳴画像装置2)開発された3)画像装置シムコイル呼ばれる勾配磁場発生するコイル取り付けられている4)また近年の研究では反応速度定数画像表示可能になっている5)

ESR画像法は空間情報含んだESRスペクトル取得6)②得られたスペクトルから空間情報抽出デコンボリューション7)空間情報より画像再構成8)つのプロセスよって実現できる

低周波ESR法局所マイクロ波ESR法時系列画像法卒業研究C1-磁気共鳴計測研究グループ200420069)L-バンド電子スピン共鳴画像装置マニュアル10)


(1ESR画像化
電子スピンサイエンス学会 監修, 電子スピンサイエンス&スピンテクノロジー入門, 日本学会事務センター, (2003).
(2Lバンド電子スピン共鳴画像装置測定装置.
(3Determination of Absolute Concentration of Nitoxide Radical by Radio-Frequecy EPR Imaging
T. Ito, H. Yokoyama, T. Ogata, Appl. Magn. Reson., 20, 257-263 , (2001).
(4シムコイルの設計 - Electical Curren Shims for Correctig Magnetic Field -
anderson w. a., rev. sci. instrum. 32: 241-250 (1961).
(5Determination of Absolute Concentration of Nitoxide Radical by Radio-Frequecy EPR Imaging
T. Ito, H. Yokoyama, T. Ogata, Appl. Magn. Reson., 20, 257-263 , (2001).
(6空間情報を包含したESRスペクトルに取得
電子スピンサイエンス学会 監修, 電子スピンサイエンス&スピンテクノロジー入門, 日本学会事務センター, (2003).
(7空間情報の抽出
電子スピンサイエンス学会 監修, 電子スピンサイエンス&スピンテクノロジー入門, 日本学会事務センター, (2003).
(8画像再構成
電子スピンサイエンス学会 監修, 電子スピンサイエンス&スピンテクノロジー入門, 日本学会事務センター, (2003).
(9卒業研究(C1-磁気共鳴計測研究グループ-2004~2006),精密応用化学専修コース(~H15),etc,物質化学工学科,山形大学
仁科 辰夫, シラバス, (2006).
(10L-バンド電子スピン共鳴画像装置マニュアル,,etc,,
仁科 辰夫, シラバス, (2006).

ユーザー)

ESR活性酸素ついての入門講座である電子スピンサイエンス学会(SEST) ESR入門セミナー1),回ESR入門セミナー2)開催されます


参考書籍…山形大学附属図書館
メニュー
シラバス/検索/ESR画…
講義内容/検索/ESR画…
講義ノート/検索/ESR画…
研究ノート/検索/ESR画…
ファイル/検索/ESR画…
研究テーマ/検索/ESR画…
論文/検索/ESR画…
書籍名/検索/ESR画…
雑誌名/検索/ESR画…
材料名/検索/ESR画…
>ウィキペディア/ESR画…
エンジニア/検索/ESR画…
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧