鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

【キーワード】 ウィルス


項目
ID⇒#484
キーワードウィルス
ソース情報
品詞
内容
Virusバイルス英語読みの外来語としてはビールスウイルスウィルスドイツ語読みになると流行るインフルエンザSARSなど引き起こす病原体1)2)ウィルス生物無生物の中間的存在です細菌よりもずっと小さく数10ナノメートル程度のサイズ宿主細胞内でのみ増殖する感染性の構造体いいます免疫抗原となりますとくに細菌宿主とするウィルスバクテリオファージといいますタバコモザイクウィルスのように植物細胞宿主とするウィルスインフルエンザ麻疹はしかコロナウィルスノロウイルスHIVHCVのように動物細胞宿主とするとするウィルスがありますがん発生させる発がんウィルスもあります動物生体防御によってウィルスから身守りますコンピュータウィルスはこのウィルスになぞらえたプログラムであり生物には感染しません遺伝物質RNARNAウィルス遺伝物質DNADNAウィルスとがありますRNA遺伝物質とするウィルス宿主の細胞内でRNAからDNA合成した後そのDNAもとにたんぱく質合成しますウィルス使って結晶配列化するナノテクノロジーなども試みられています人畜共通感染症として動物から人間感染するウィルス危険です3)



参考書籍…山形大学附属図書館
(2) Fenner,Fra, 医学ウィルス学, , (2019/08/20 4:20:07).
(3) 東昇, 新ウィルス学 1, , (2019/08/20 4:20:07).
(4) 長野泰一, ウィルス抑制因子 (微生物学シリーズ), , (2019/08/20 4:20:07).
(5) 国立予防衛生研究所学, ウィルス実験学 各論, , (2019/08/20 4:20:07).
(6) 福士貞吉, 植物のウィルス病, , (2019/08/20 4:20:07).
(7) 明日山秀文, 日本作物ウィルス病総覧, , (2019/08/20 4:20:07).
(11) 古田ゆかり文, 危険な細菌とウィルスO-157・HIV, 金の星社, (1999.3).
(12) 細貝康夫著, コンピュータウィルスを撃つ, にっかん書房, (1988.12).
(13) 岡田吉美著, 植物ウィルスと分子生物学, 東京大学出版会, (1989.3).
(14) 岡田吉美著, 植物ウィルスと分子生物学, 東京大学出版会, (1989.3).
(15) 岡田吉美著, 植物ウィルスと分子生物学, 東京大学出版会, (1989.3).
(16) 岡田吉美著, 植物ウィルスと分子生物学, 東京大学出版会, (1989.3).
(17) プリムローズ 著, ウィルス学入門, 培風館, (1983).
(18) プリムローズ 著, ウィルス学入門, 培風館, (1983).
(19) 平井 篤造 著, 植物ウィルス学, 養賢堂, (1988).
(20) 平井 篤造 著, 植物ウィルス学新編, 養賢堂, (1978).
(21) 日高 醇 編, 植物ウィルス病, 朝倉書店, (1960).
(22) 平井篤造 著, 植物ウィルス総論, 養賢堂, (1969).
(23) 平井篤造 著, 植物ウィルス総論, 養賢堂, (1969).
(24) 平井篤造 著, 植物ウィルス総論, 養賢堂, (1969).
(25) 平井篤造 著, 植物ウィルス総論, 養賢堂, (1969).
(26) 平井篤造 著, 植物ウィルス総論, 養賢堂, (1969).
(27) 平井篤造 著, 植物ウィルス総論, 養賢堂, (1969).
(28) 平井篤造 著, 植物ウィルス総論, 養賢堂, (1969).
(29) 平井篤造 著, 植物ウィルス総論, 養賢堂, (1969).
(30) 興良 清 編, 植物ウィルス事典, 朝倉書店, (1983).
(31) 山口昭 著, 果樹ウィルス病の基礎知識, 農山漁村文化協会, (1982).
(32) 山口昭 著, 果樹ウィルス病の基礎知識, 農山漁村文化協会, (1982).
メニュー
シラバス/検索/ウィルス…
講義内容/検索/ウィルス…
講義ノート/検索/ウィルス…
研究ノート/検索/ウィルス…
ファイル/検索/ウィルス…
研究テーマ/検索/ウィルス…
論文/検索/ウィルス…
書籍名/検索/ウィルス…
雑誌名/検索/ウィルス…
材料名/検索/ウィルス…
>ウィキペディア/ウィルス…
エンジニア/検索/ウィルス…
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧