鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

【ナレッジ】 消毒液(ヨーチン)、イソジン(うがい薬)に入っているヨウ素の放射線は大丈夫なんでしょうか?

ナレッジ
ナレッジ/エンジニア
研究テーマ
ナレッジ/鷹山
ナレッジ/C1
キーワード
♪Q&A-質問♪
●…
キーワード/検索/消毒液(…
シラバス/検索/消毒液(…
講義ノート/検索/消毒液(…
論文/検索/消毒液(…
山大図書館/消毒液(…
● >ウィキペディア/消毒液(…
旧バージョン(asp)
項目
題目消毒液(ヨーチン)、イソジン(うがい薬)に入っているヨウ素の放射線は大丈夫なんでしょうか?
リンク
-ナレッジ
親単元インピーダンスセミナー
説明
メニュー
シラバス/検索/消毒液(…
講義内容/検索/消毒液(…
講義ノート/検索/消毒液(…
研究ノート/検索/消毒液(…
ファイル/検索/消毒液(…
研究テーマ/検索/消毒液(…
論文/検索/消毒液(…
書籍名/検索/消毒液(…
雑誌名/検索/消毒液(…
材料名/検索/消毒液(…
>ウィキペディア/消毒液(…

説明
大丈夫です。自然にあるヨウ素は放射性ではありません。放射性のヨウ素は、人間が 無理矢理 作り出したものなんです。だから、そんなものを作っているようなへんな危ない研究所なんかから離れていれば、だいじょうぶ!

以下、ちょっと専門的な解説になります。

ヨウ素は原子番号53の元素で,原子核の中に陽子が53個入っています.原子核の中には中性子も入っていて,自然界に存在するヨウ素には中性子が74個入っています.自然界に存在するヨウ素はすべてこの割合で陽子中性子が入っていて,このヨウ素には放射性はありません.ご安心ください.(53+74=137ですから,「ヨウ素137」と呼ばれます.)

元素には原子核の中の陽子の数は同じだけれども,中性子の数が異なる「同位体」というものがあり,ヨウ素の場合は,中性子の数が68個から80個まで12種類の同位体があります(中性子の数が69個のものだけありません).この中には放射性のある放射性同位体も含まれています(というか,中性子の数が74個の,自然界に存在するもの以外は放射性です.)「放射線を出すヨウ素」というのはこれのことです.

これらの放射性のヨウ素は自然界には存在しませんから,何らかの方法で作り出されたものです.作り方というか作られ方の一つに「原子炉」があります.原子力発電所にある原子炉のなかにはウランがあり,そのウランを「燃やす」ことによって電気をつくっています.「燃やす」といってもぼーぼー火が燃えているわけではなくて,「核分裂」という,ウランを半分にパカッと割って,他の元素に変えてしまう方法で「燃やして」います.このときウランの「燃えカス」が出ますが,その燃えカスの一つが放射性のヨウ素で,ヨウ素131といわれるものが出てきます.これが「放射線を出すヨウ素」なんです。

--
原発事故とヨウ素剤について
http://www.shizuyaku.or.jp/new/genpatu.htm

131I(ヨウ素131)(ようそ131) 
http://www.jaeri.go.jp/dresa/dresa/term/bb001690.htm

放射能には「半減期」があるといいますが、「半減期」とは何ですか。
http://www.med.nagasaki-u.ac.jp/renew/information/interna_heal_j/a3.html

チェルノブイリ事故では放射能汚染がかくも深刻であったのに、
なぜ原爆の場合にはさほどでもなかったのか?
http://www.rerf.or.jp/nihongo/faqs/faq11det.htm