鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

【ナレッジ】 アルミニウムのアノード酸化(アルマイト加工)

ナレッジ
ナレッジ/エンジニア
研究テーマ
ナレッジ/鷹山
ナレッジ/C1
キーワード
♪Q&A-質問♪
●…
キーワード/検索/アルミニ…
シラバス/検索/アルミニ…
講義ノート/検索/アルミニ…
論文/検索/アルミニ…
山大図書館/アルミニ…
● >ウィキペディア/アルミニ…
旧バージョン(asp)
項目
題目アルミニウムのアノード酸化(アルマイト加工)
リンク
-ナレッジ
親単元1920s
説明
メニュー
シラバス/検索/アルミニ…
講義内容/検索/アルミニ…
講義ノート/検索/アルミニ…
研究ノート/検索/アルミニ…
ファイル/検索/アルミニ…
研究テーマ/検索/アルミニ…
論文/検索/アルミニ…
書籍名/検索/アルミニ…
雑誌名/検索/アルミニ…
材料名/検索/アルミニ…
>ウィキペディア/アルミニ…

説明
【製品】美しく着色されたアルミニウム
試料極にアルミニウムワイヤを用いる。アルミニウムは測定直前に研磨後、0.1M NaOHでアルカリ前処理を行い、水で十分に洗浄する。電解液に0.1M H2SO4を用い、対極にアルミニウムワイヤを用いて一定電流10mA/cm2を通電し、電位時間曲線(クロノポテンショグラム)を測定する。電流値を監視し、常に一定になるように抵抗尺を操作する。カレントフォロアと電流分割器を使うか、後述設問のガルバノスタットを使うことを推奨する。そのときの電位エレクトロメータで読み取る。アノード酸化が終ったら、加温したコンゴーレッド(50mg/10mL)、アニリンブルー溶液(50mg/10mL)に浸漬し、酸化していないアルミニウムワイヤと着色状態を比較する。またAl-PETフィルムを紙やすりで磨き清浄な面を露出させ、同様に染色加工し、メタリックピンクおよびメタリックブルーのフィルムを作成する。

Al/H2SO4/Al

?設問:電流値を一定にする操作を自動的に行うにはどのような回路を使えば良いか?
?設問:硫酸の替わりにアジピン酸アンモニウムやホウ酸を用いた場合にはどんな工業製品に応用できるか?

     
電解セルの組み立て(左図) 時間-電位曲線の測定(中央図) 染色されたアルミニウム(右図)