鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

【ナレッジ】 セレンの4価と6価の化学式について教えて下さい

ナレッジ
ナレッジ/エンジニア
研究テーマ
ナレッジ/鷹山
ナレッジ/C1
キーワード
♪Q&A-質問♪
●…
キーワード/検索/セレンの…
シラバス/検索/セレンの…
講義ノート/検索/セレンの…
論文/検索/セレンの…
山大図書館/セレンの…
● >ウィキペディア/セレンの…
旧バージョン(asp)
項目
題目セレンの4価と6価の化学式について教えて下さい
リンク
-ナレッジ
親単元電球
説明
メニュー
シラバス/検索/セレンの…
講義内容/検索/セレンの…
講義ノート/検索/セレンの…
研究ノート/検索/セレンの…
ファイル/検索/セレンの…
研究テーマ/検索/セレンの…
論文/検索/セレンの…
書籍名/検索/セレンの…
雑誌名/検索/セレンの…
材料名/検索/セレンの…
>ウィキペディア/セレンの…

説明
セレンの4価と6価の化学式について教えて下さい。
SeO3,SeO4がそうなのでしょうか?

価数というものは、酸化数ということですね。水の中で水に囲まれたイオン状態のSeの4価はSe(4+)、6価はSe(6+)です。これが塩や化合物ならば、例えば酸化物として表現すると、Seの4価はSeO2、6価はSeO3です。酸化数を明記するときは、Se(IV)O2, Se(VI)O3とローマ数字をつけて表現したりします。

酸化というのは、原子や分子から電子がとられて正(+)の電気の量が相対的に増えることを言います。例えば、金属状態のSeは+の電気の量と-の電気の量が同じだけあるので0価です。これから電子が4個とられると、相対的に-の電気量よりも+の電気量が多い状態になるので、Se(4+)になるわけです。これに対して、酸素Oは電子を2個引き付けてO(2-)になりやすいもので、酸化物という状態ではO(2-)になっています。この電子がとられた数が酸化数というもので、Se(4+)は酸化数が+4、O(2-)は酸化数が-2です。

Nは電子を3つ余計に引き付けやすい。炭素は4つ引き付けることもあれば、4つ電子を離すこともあります。化学の教科書にでている元素の周期表では、この炭素と同じ列の元素を境にして、左側の元素は正のイオンに、右側は負のイオンになりやすい傾向を持っていますが、一番右側の希ガスだけは、イオンにすることが難しい元素なんです。

お分かりいただけますでしょうか?