鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
酸…
「酸」の検索結果です。
オブジェクト
画像リンク
研究ノート
メニュー
ファイル
●…
ID更新日時項目
145152005/12/06投稿用紙-固体電解コンデンサ用二オブアノード酸化皮膜の修復に及ぼす二酸化マンガンと水分の影響.doc
143612001/07/03塩酸中でアノード分極したタンタルの表面(SEM)
144282001/12/13過塩素酸リチウム中のアルミニウムのクロノアンペログラム
142782001/04/16塩酸中におけるステンレスのボルタモグラム
144272001/12/10アルミニウム集電体使用時の過塩素酸リチウム溶液中のマンガン酸リチウムの充放電曲線
144242001/12/09硝酸中の鉄のボルタモグラム
141872001/03/30鉄の炭酸水素ナトリウム中の不働態化
141792001/03/09塩酸中におけるアルミニウムのボルタモグラム
141802001/03/09塩酸中におけるアルミニウムのボルタモグラム
144202001/11/08クエン酸錯体法で合成したマンガン酸リチウムのボルタモグラム
142992001/05/16アジピン酸アンモニウム水溶液中におけるアルミニウムのボルタモグラムのシミュレーション
139942000/10/24二酸化マンガンの放電.ppt
138532000/10/10硝酸を添加したLiPF6/PC+DME中のアルミニウムの残余電流
138142000/09/28硝酸を添加したLiBF4/PC+DMEアルミニウムの残余電流
137702000/08/28水酸化カリウム水溶液中におけるステンレスのボルタモグラム
137352000/07/12アジピン酸アンモニウム水溶液中のアルミニウムのボルタモグラム(1サイクル目)
137412000/10/02アジピン酸アンモニウム水溶液中の沸騰水処理したアルミニウムのボルタモグラム
140742001/01/18有効酸素分析2000.doc
134802000/03/01LiNiO2-680℃ 24h 酸素中焼成 2/16~2/17 (#29 2/1 1:1:1.5 Au電極入り ) 充放電測定 6回目 2/18開始 8サイクル
134792000/03/01LiNiO2-680℃ 24h 酸素中焼成 12/8~12/9 (#25 12/3 1:1:1.5 ) 充放電測定 5回目 2/18開始 8サイクル
134602000/02/15 LiNiO2-680℃-24h 酸素中焼成 1/25~1/26 (#25 1:1:1.5 Au電極入り 12/3) (2/7 充放電試験4回目 8サイクル)
134612000/02/15 LiNiO2-680℃-24h 酸素中焼成 12/8~12/9 (#25 1:1:1.5 Au電極入り 12/3) (2/7 充放電試験3回目 8サイクル) .
134002000/01/31 LiNiO2-680℃-24h 酸素中焼成11/25~11/26 (Mix1(#6~#10)#23本焼成後混合)1:1:1.5 (充放電試験2回目 1/19 8サイクル)
134262000/02/07アジピン酸アンモニウム水溶液中でアノード分極したアルミニウムの表面(SEM写真)
133972000/01/31LiNiO2-680℃-24h+24h 酸素中焼成11/25~11/26,1/13~1/14 (Mix1(#6#7#8#9#10)#23本焼成後混合)1:1:1.5 (充放電試験1回目 1/19 8サイクル)
133962000/01/31LiNiO-680℃-24h 酸素中焼成 12/8-12/9 (#25 1:1:1.5 Au電極入り) (1/19 充放電試験2回目 8サイクル)
132811999/12/19マンガン酸リチウムのコンポジット電極の断面(SEM写真)
132721999/12/19クエン酸錯体法による合成
132132000/01/31LiNiO-680℃-24h 酸素中焼成 12/8-12/9 (#25 1:1:1.5 Au電極入り) (12/10 充放電試験1回目 8サイクル)
132121999/12/17LiNiO-680℃-5h 酸素中焼成 12/8 (#25 1:1:1.5 Au電極入り) (12/10 充放電試験 8サイクル)
132102000/01/31LiNiO2-680℃-24h 酸素中焼成 11/25~11/26 (Mix1(#6~#10)#23 Au電極入り) (充放電試験1回目 12/10 8サイクル)
132111999/12/16LiNiO2-680℃-24h 酸素中焼成9/9-9/10 (Mix1(#6#7#8#9#10) 1:1:1.5) (充放電試験 12/10 8サイクル)
133262000/01/11クエン酸錯体法によるLiNiO2のCV
133052000/01/11クエン酸錯体法.jpg
133302000/01/11クエン酸錯体法によるLiNiO2のCV(LiNiO2-2-2.jpg
133292000/01/11クエン酸錯体法によるLiNiO2のCV(LiNiO2-2-1.jpg
133282000/01/11クエン酸錯体法によるLiNiO2のCV(LiNiO2-1-3.jpg
133272000/01/11クエン酸錯体法によるLiNiO2のCV(LiNiO2-1-2.jpg
133312000/01/11炭素蒸着したコバルト酸リチウム薄層電極のボルタモグラム
133322000/01/11金蒸着したコバルト酸リチウム薄層電極のボルタモグラム
134662000/02/15有効酸素分析.doc
134652000/02/15クエン酸錯体法.doc
130391999/11/19Li-Coクエン酸錯体9911/11
133212000/01/11クエン酸錯体ディップ法による電極のCV(1サイクル目)
133222000/01/11クエン酸錯体ディップ法による電極のCV(2サイクル目)
129991999/11/11Li-Coクエン酸錯体 真空乾燥後の試料(11/10水 作製)
129981999/11/12Li-Ni クエン酸錯体 真空乾燥後の試料 #21 11/11
129971999/11/12Li-Mn クエン酸錯体 真空乾燥後の試料 #21 11/11
129961999/11/11LiNiO2-720C-24h(#6#7#8#9#10 Mix1) 本焼成酸素中 9/27-9/28
129951999/11/12Li-Ni クエン酸錯体 真空乾燥後の試料 #20 11/9
129941999/11/12Li-Mn クエン酸錯体 真空乾燥後の試料 #20 11/10
129851999/11/10LiNiO2-680C-10h(#18) 本焼成酸素中(仮 200C 5min(うぐいす色)-本 680C 10h) (104) 10/7
129841999/11/10LiNiO2-680C-10h(#18) 本焼成酸素中(仮 200C 5min(うぐいす色)-本 680C 10h) (101)(006) 10/7
129831999/11/10LiNiO2-680C-10h(#18) 本焼成酸素中(仮 200C 5min(うぐいす色)-本 680C 10h) (003) 10/7
129821999/11/10LiNiO2-680C-10h(#18) 本焼成酸素中(仮 200C 5min(うぐいす色)-本 680C 10h) 標準:仮 200C 5min-500C 5min-500C 2h 10/7
129811999/11/10LiNiO2-680C-5h(#18) 本焼成酸素中(仮 200C 5min(うぐいす色)-本 680C 5h) (104) 10/7
129801999/11/10LiNiO2-680C-5h(#18) 本焼成酸素中(仮 200C 5min(うぐいす色)-本 680C 5h) (101)(006) 10/7
129791999/11/10LiNiO2-680C-5h(#18) 本焼成酸素中(仮 200C 5min(うぐいす色)-本 680C 5h) (003) 10/7
129781999/11/10LiNiO2-680C-5h(#18) 本焼成酸素中(仮 200C 5min-本 680C 5h) 標準:仮 200C 5min-500C 5min-500C 2h 10/7
129771999/11/10LiNiO2-720C-5h(#18) 本焼成酸素中(仮200C 5min-本720C 5h(ホ-ルド焼成)) 標準:仮 200C 5min-500C 5min-500C 2h 10/1
129761999/11/10LiNiO2-720C-2h(#18) 仮焼成酸素中(200C 5min-720C 2h (720Cに安定してから焼成)) 標準:200C 5min-500C 5min-500C 2h 9/29
129731999/11/10LiNiO2-720C-24h(#17) 本焼成酸素中 (仮焼成200C 5min-720C 2h-本焼成720C 24h) (104) 9/28-9/29
129721999/11/10LiNiO2-720C-24h(#17) 本焼成酸素中(仮焼成200C 5min-720C 2h-本焼成720C 24h) (101)(012) 9/28-9/29
129711999/11/10LiNiO2-720C-24h(#17) 本焼成酸素中(仮焼成200C 5min-720C 2h-本焼成720C 24h) (003) 9/28-9/29 
129701999/11/10LiNiO2-720C-24h(#17) 本焼成酸素中 (仮焼成200C 5min-720C 2h-本焼成720C 24h) 標準:200C 5min-500C 5min-500C 2h-本焼成  9/28-9/29
129671999/11/10LiNiO2-680C-48h(#6#7#8#9#10Mix1) 本焼成酸素中 (104) 9/27-9/29
129661999/11/10LiNiO2-680C-48h(#6#7#8#9#10Mix1) 本焼成酸素中 (101)(012) 9/27-9/29
129651999/11/10LiNiO2-680C-48h(#6#7#8#9#10Mix1) 本焼成酸素中 (003) 9/27-9/29
129641999/11/10LiNiO2-680C-48h(#6#7#8#9#10Mix1) 本焼成酸素中 9/27-9/29
129631999/11/10LiNiO2-720C-24h(#6#7#8#9#10Mix1) 本焼成酸素中 (104) 9/27-9/28
129621999/11/10LiNiO2-720C-24h(#6#7#8#9#10 Mix1) 本焼成酸素中 (101)(012) 9/27-9/28
129611999/11/10LiNiO2-720C-24h(#6#7#8#9#10 Mix1) 本焼成酸素中 (003) 9/27,9/28
129581999/11/09SEM LiCoO2-700C-5h 本焼成酸素中 X2000(粒子状態)
129571999/11/09 SEM LiCoO2-700C-5h 本焼成酸素中 X2000(凝集状態)
129461999/11/11SEM LiNiO2-680C-24h(#6#7#8#9#10 Mix1) 焼成酸素中 X2000
129411999/11/11SEM LiNiO2-680C-24h(#6#7#8#9#10 Mix1) 焼成酸素中 X15000
129401999/11/09LiNiO2-680C-48h(#6#7#8#9#10 Mix1) 焼成酸素気流中 1:1:1.5 (10/29 2回目充放電試験 8サイクル)
129031999/10/08LiNiO2-680C-Mix1(#6,#7,#8,#9,#10) (24h) 焼成酸素中 (充放電試験3回目10/4) 9/9-9/10 
129021999/10/08LiNiO2-680C-Mix1(#6,#7,#8,#9,#10) (48h) 焼成酸素中 9/27-9/29
129002000/02/15LiNiO2-720C-Mix1(#6#7#8#9#10) (10h) 焼成酸素中 9/8
128982000/02/15LiNiO2-700C-Mix1(#6#7#8#9#10) (10h) 焼成酸素中 9/17
128601999/09/28LiNiO2-700C-Mix1(10h) (104) 焼成酸素中 9/17
128591999/09/28LiNiO2-700C-Mix1(10h) (101)(012) 焼成酸素中 9/17
128571999/09/28LiNiO2-700C-Mix1(#6#7#8#9#10) (10h) 焼成酸素中 9/17
128581999/09/28LiNiO2-700C-Mix1(10h) (003) 焼成酸素中 9/17
128561999/09/28LiNiO2-680C-Mix1(24h) (104) 焼成酸素中 9/9-9/10
128551999/09/28LiNiO2-680C-Mix1(24h) (101)(006) 焼成酸素中 9/9-9/10
128541999/09/28LiNiO2-680C-Mix1(24h) (003) 焼成酸素中 9/9-9/10
128531999/09/28LiNiO2-680C-Mix1(#6#7#8#9#10) (24h) 焼成酸素中 9/9-9/10
128511999/09/28LiNiO2-720C-Mix1(10h) (101)(006) 焼成酸素中 9/8
128521999/09/28LiNiO2-720C-Mix1(10h) (104) 焼成酸素中 9/8
128501999/09/28LiNiO2-720C-Mix1(10h) (003) 焼成酸素中 9/8
128491999/09/28LiNiO2-720C-Mix1(#6#7#8#9#10) (10h) 焼成酸素中 9/8
128481999/09/28LiNiO2-720C-Mix1(5h) (104) 焼成酸素中 9/8
128461999/09/28LiNiO2-720C-Mix1(5h) (003) 焼成酸素中 9/8
128471999/09/28LiNiO2-720C-Mix1(5h) (101)(006) 焼成酸素中 9/8
128451999/09/28LiNiO2-720C-Mix1(#6#7#8#9#10) (5h) 焼成酸素中 9/8
128361999/09/28LiNiO2-680C-#1,#2(15h) (104) 焼成酸素中 8/25
128351999/09/28LiNiO2-680C-#1,#2(15h) (101)(006) 焼成酸素中 8/25
128331999/09/28LiNiO2-680C-#1,#2(15h) 焼成酸素中 8/25
128341999/09/28LiNiO2-680C-#1,#2(15h) (003) 焼成酸素中 8/25
128251999/09/28LiNiO2-680C-#5(5h) (104) 焼成酸素中 8/6
128241999/09/28LiNiO2-680C-#5(5h) (101)(006) 焼成酸素中 8/6
128231999/09/28LiNiO2-680C-#5(5h) (003) 焼成酸素中 8/6
128221999/09/28LiNiO2-680C-#5(5h) 焼成酸素中 8/6
128151999/09/28LiNiO2-800C-#1,#2(12h) (104) 焼成酸素中 7/29
128141999/09/28LiNiO2-800C-#1,#2(12h) (101)(006) 焼成酸素中 7/29
128131999/09/28LiNiO2-800C-#1,#2(12h) (003) 焼成酸素中 7/29
128111999/09/28LiNiO2-800C-#1,#2(6h) (104) 焼成酸素中 7/29
128121999/09/28LiNiO2-800C-#1,#2(12h) 焼成酸素中 7/29
128101999/09/28LiNiO2-800C-#1,#2(6h) (101)(006) 焼成酸素中 7/29
128091999/09/28LiNiO2-800C-#1,#2(6h) (003) 焼成酸素中 7/29
128081999/09/28LiNiO2-800C-#1,#2(6h) 焼成酸素中 7/29
128061999/09/28LiNiO2-800C-#1,#2(3h) (101)(006) 焼成酸素中  7/29
128071999/09/28LiNiO2-800C-#1,#2(3h) (104) 焼成酸素中 7/29
128051999/09/28LiNiO2-800C-#1,#2(3h) (003) 焼成酸素中 7/29
128041999/09/28LiNiO2-800C-#1,#2(3h)焼成酸素中  7/29
127321999/10/08LiNiO2-680C-Mix1(#6#7#8#9#10) (24h)-焼成酸素中 (充放電試験2回目8サイクル9/16) 9/9-9/10
127271999/09/16LiNiO2-680C-24h-焼成酸素中-(#6#7#8#9#10) 9/9 設定ミス
127261999/09/16LiNiO2-720C-10h-焼成酸素中-(#6#7#8#9#10) 9/8
127251999/10/08LiNiO2-680C-Mix1(#6#7#8#9#10) 24h-焼成酸素中 (充放電試験1回目1サイクル) 9/9-9/10
127181999/09/13LiNiO2-680C-15h-焼成酸素中-(#1、#2) 8/25
53741998/02/21二酸化マンガンと酸化ビスマスを混ぜ練り、カーボン無し
53561998/02/12純水中とアジピン酸アンモニウムの比較
53521998/02/12アルミバンド構造(二酸化マンガン接触時)
53451998/02/10二酸化マンガンの放電挙動(NH4Cl中、SUS304集電体)
53441998/02/10二酸化マンガンの放電挙動(NH4Cl中、Al集電体)
53271998/01/27分級したスピネルマンガン酸リチウムの化学分析
53261998/01/26各種バルブメタル酸化物の誘電率
53251998/01/24分級したマンガン酸リチウムの粒度分布
53121998/01/17アジピン酸アンモニウム水溶液中高速領域での電場強度-電流密度
123731999/02/20コバルト酸リチウム薄膜電極のボルタモグラム
123541999/02/20マンガン酸リチウムコンポジット電極のボルタモグラム(高速)
122561998/12/03酸化皮膜で腐食抑制できるか:Al/Al2O3/LiMn2O4,C/LiPF6, PC+DME/Li
122551998/12/03 酸化皮膜で腐食抑制できるか:Al/Al2O3/LiMn2O4,C/LiClO4, PC+DME/Li
119911998/12/03二酸化マンガンテープ電極
122521998/12/03陽極酸化済アルミ集電体(酸化皮膜つき)の比較
114261998/12/03導電助剤(炭素)の量を変えたコバルト酸リチウムコンポジット電極の充放電曲線
117871998/11/17溶融炭酸塩法 LiCoO2 No.3 [(104):(003)=1:4.167] 、30mg+5mg
114961998/08/29アジピン酸アンモニウム水溶液中の種々の金属のボルタモグラム
115061998/08/29アジピン酸アンモニウム水溶液中の黄金のボルタモグラム
115031998/08/29アジピン酸アンモニウム水溶液中の白金のボルタモグラム
115001998/08/29アジピン酸アンモニウム水溶液中の鉄のボルタモグラム
114971998/08/29アジピン酸アンモニウム水溶液中のニッケルのボルタモグラム
114231998/08/21コバルト酸リチウム薄膜電極のボルタモグラム
114251998/08/21コバルト酸リチウム薄膜電極のボルタモグラムの電位掃引速度依存性
114191998/08/07陽極酸化済みAl に 物質を圧着
114141998/08/29種々の導電助剤を用いたときの二酸化マンガン(MnO2)の挙動
113531998/12/03コバルト酸リチウム(LiCoO2:FB97)のXRD
112731998/10/21RuO2を導電助材につかったときの二酸化マンガンの放電挙動 .
131261999/12/04導電助剤に金を使ったマンガン酸リチウムのコンポジット電極の断面(デジタルハイスコープ写真)
111991998/06/04単一正弦波相関法による標準二酸化マンガン
111972001/05/19導電助材を増やした二酸化マンガンコンポジット電極の放電時のインピーダンス
111961998/06/04二酸化マンガン標準データ(容量)
111111998/05/22導電助剤に金粉を用いたコバルト酸リチウムコンポジット電極のボルタモグラム
113031998/07/10二酸化マンガンを圧着したアルミニウムのボルタモグラム
109621998/04/23200V陽極酸化済ディスク電極にPVDFでKS15をコートを再度電位掃引
109601998/04/23200V陽極酸化済ディスク電極にPVDFでKS15をコート
109591998/04/23200V陽極酸化済ディスク電極にPVDFでKS15をコート(ちょっとスクラッチ)
109581998/04/23200V陽極酸化済ディスク電極にPVDFでKS15をコート
109401998/04/08ほう酸(0.01M)
106901998/02/28二酸化マンガンとNi粉、100μA
58621998/02/26アジピン酸アンモニウム水溶液中のアルミニウムのクロノポテンショグラム
57961999/05/245V迄陽極酸化し、定電位エージング時の電位を変えたときの電流減少曲線
57821998/03/14集電体に陽極酸化皮膜を付けたときのLiClO4中挙動
57811998/08/29集電体に陽極酸化皮膜を付けたときのLiPF6中挙動
57751998/02/24カーボンと酸化ルテニウム(0.1mA)
57791998/02/24二酸化マンガンと酸化ルテニウム
57781998/02/24二酸化マンガンとカーボンの貼り合わせ
57801998/02/24二酸化マンガンの固体VI特性
57701998/02/23KS-15と二酸化マンガンの貼り合わせ(-10V~+10V)
57721998/02/24KS-15と二酸化マンガンの貼り合わせ(-5V~+5V)
57711998/02/23KS-15と二酸化マンガンの貼り合わせ
57731998/02/24KS-15と二酸化マンガンの貼り合わせ
57831998/05/19二酸化マンガンの標準データ
57681998/02/23二酸化マンガンドライVI特性(-3V~+3V)
53011998/09/03アジピン酸アンモニウム水溶液中で、アルミニウムを集電体として二酸化マンガンを放電
54971998/02/23Cvcgfa62-Al Mesh陽極酸化.esv
54961998/08/21メッシュを陽極酸化したときの標準挙動
49591997/09/16旗型電極\1M塩酸中でのCV
47791998/02/26硝酸によると思われる電極表面の白色析出物の影響
47041998/02/26高電圧領域での陽極酸化 エージング
47031998/02/26高電圧領域での陽極酸化 エージング
38711998/02/26陽極酸化抵抗
38261998/02/26Φ0.5端面電極で前処理の硝酸と電解液濃度の影響 0.01M 2.0mS/cm
38271998/02/26Φ0.5端面電極で前処理の硝酸と電解液濃度の影響 0.03MAA 5.5mS/cm
38241998/02/26Φ0.5端面電極で前処理の硝酸と電解液濃度の影響 0.4MAA 51mS/cm
38251998/02/26Φ0.5端面電極で前処理の硝酸と電解液濃度の影響 0.4MAA 52mS/cm
37941998/02/265Vまで陽極酸化20分水中放置0.2mAステップ(失敗)
37971998/02/265Vまで陽極酸化,洗浄後水中20分放置0.2mAステップ
37901998/02/265Vまで陽極酸化後水中20分放置0.2mAステップ
37921998/02/265Vまで陽極酸化後水中20分放置 0.2mAステップ
37791998/02/26前処理の硝酸と電解液濃度の影響 0.01MAA 1.915mS/cm
37801998/02/26前処理の硝酸と電解液濃度の影響 0.01MAA 2.1mS/cm
37811998/02/26前処理の硝酸と電解液濃度の影響 0.03MAA 4.9mS/cm
37721998/02/26Φ0.5端面電極での前処理の硝酸の影響
37711998/02/26Φ0.5端面電極での前処理の硝酸の影響
37501998/02/2610mAにて5Vまで陽極酸化 4Vエージング
37491998/02/2610mAにて5Vまで陽極酸化5Vエージング
37221998/02/2610mAにて5Vまで陽極酸化 3Vエージング