鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

EDLC理論値 一覧戻る進む
図. EDLC理論値

項目
ID⇒#40@グラフ;
要約【グラフ】図にEDLC理論値のサイクリックボルタモグラム⇒#2@プロット;を示す。ここで、横軸は電位⇒#71@物理量;であり、縦軸は電流⇒#4@物理量;である。この図よりEDLC実測値⇒#39@グラフ; 仁科先生がバックグランド電流を入れてくださったので、便宜的にガウシャンで近似していたRに表面欠陥モデルを導入しました。バックグランド電流がアクティブな表…であることがわかる⇒#40@グラフ;。
名前EDLC理論値
プロットタイプサイクリックボルタモグラム
研究者立花 和宏
講義ノート実験方法 > 測定と評 > ボルタン > サイクリ > EDLC > EDLCのボルタモグラム解析
X軸長さ/ボルト(-0.5 ~ 1.5)2
Y軸質量/アンペア(-0.5 ~ 0.5)1
 
 
説明
EDLC実測値1)

仁科先生がクグランド電流入れてくださったので便宜的にガウシャンで近似していたRに表面欠陥モデル導入しましたクグランド電流アクティブな表面欠陥密度すなわち表面電荷密度に比例するとして界面導電率界面抵抗逆数表面電荷密度比例するとしたものです導電率すなわち電流の電位微分が電流に比例するということは電流が指数関数になるということに注意!これは表面欠陥濃度に指数分布すなわちマクスウェルボルツマン分布仮定すること意味しますそれはクグラウンド電流バトラーフォルマー関数仮定するのとまったく矛盾しませんああキリちなみに熱励起に伴う表面電荷密度の分交換電流密度相当少々乱暴ですがオフセして加えてありますうっかりはまると原稿締切に間に合わなくなりそうなのでより詳細な解析複数化学種の対応精密なフィティングなどはぜひ学生さんに期待しますこうなると温度変えて測定したデータもほしくなりますね!
※補足導電率が表面欠陥に比例するみたいな話だとポテンシャルステかけて電流が徐々に変化するようなトランジェント解析してR求めにかかるのは相当数学の腕に覚えがないと結構大変そうです

関連講義
エネルギー変換化学特論,分極種類誘電率2)
EDLCボルタモグラム解析3)


数値
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧