鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
【レビュー】 電気化学
ID⇒#845@レビュー;
要約【関連書籍】電気化学⇒#845@レビュー;
親単元
章.節.項9.
ページ
タイトル電気化学
リンクhttp://www.tkd-pbl.com/
書誌情報P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳. 物理化学要論. 東京化学同人, 1998. .
更新日2012/03/30 11:02:01
レビューワYZDN\h9rbvq3x
関連講義【2011年(平成23)エネ変】
関連シラバス電気化学特論

電気化学
溶液中のイオン
デバイヒュケルの理論
イオンの移動 移動度1) 粘度2)
イオンチャンネルイオンポンプ
化学電池
半反応電極3)
電極反応
種々の電池4)
電池反応5)
起電力6)
燃料電池
平衡状態電池7)
標準電位8)
電位のpHによる変化
pHの決定
標準電位の応用
電気化学系列
熱力学関数の決定

アトキンス物理化学要論目次9)

アノード カソード ガルバニ電池 デバイヒュケルの極限則 コールラウシュの法則 レドックス反応


(1移動度  [m2/V・s(平方メートル毎ボルト毎秒)].
(2粘度  [Pa・s(パスカル秒)].
(3電気化学 > 半反応と電極
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, (1998).
(4電気化学 > 種々の電池
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, (1998).
(5電気化学 > 電池反応
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, (1998).
(6電気化学 > 起電力
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, (1998).
(7電気化学 > 平衡状態の電池
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, (1998).
(8電気化学 > 標準電位
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, (1998).
(9 > アトキンス物理化学要論(目次)第4版
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, (1998).

関連書籍
電気化学1)
現代電気化学目次2)
現代物理化学序説 改訂版目次3)
応用物理化学II目次4)

関連講義
エネルギー変換化学5)
エネルギー変換化学アウトライン6)
エネルギー変換化学特論,エネルギー変換化学特論_履歴7)
無機工業化学8)
無機化学実験,電池起電力平衡論と分解電圧速度論20099)
電気化学の庵,コールラシュイオンの独立移動の法則10)



(1 > 電気化学
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).
(2 > 現代の電気化学(目次)
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 新星社, (1990).
(3 > 現代物理化学序説 改訂版(目次)
井上 勝也 著, 現代物理化学序説 改訂版, 培風館, (198).
(4 > 応用物理化学II(目次)
田 薫、原納 淑郎、鈴木 啓三, 応用物理化学II, 培風館, (1990).
(5エネルギー変換化学,精密応用化学専修コース,etc,物質化学工学科,山形大学
立花 和宏,シラバス-山形大学, (2011).
(6 > エネルギー変換化学@2006,
立花 和宏,エネルギー変換化学, 講義ノート, (2006).
(7 > エネルギー変換化学特論_履歴,
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2004).
(8無機工業化学,精密応用化学専修コース(H17),etc,物質化学工学科,山形大学
立花 和宏,シラバス-山形大学, (2011).
(9無機化学 > 電池の起電力(平衡論)と分解電圧(速度論)(2009),無機化学実験(2009)
仁科 辰夫,無機化学実験, 講義ノート, (2009).
(10高等学校 > 高校物理 > 原理と法 > コールラシュのイオンの独立移動の法則,原理と法則
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2010).


関連書籍
電気化学1)
現代電気化学目次2)
現代物理化学序説 改訂版目次3)
応用物理化学II目次4)

関連講義
エネルギー変換化学5)
エネルギー変換化学アウトライン6)
エネルギー変換化学特論,エネルギー変換化学特論_履歴7)
無機工業化学8)
無機化学実験,電池起電力平衡論と分解電圧速度論20099)
電気化学の庵,コールラシュイオンの独立移動の法則10)

(1 > 電気化学
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).
(2 > 現代の電気化学(目次)
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 新星社, (1990).
(3 > 現代物理化学序説 改訂版(目次)
井上 勝也 著, 現代物理化学序説 改訂版, 培風館, (198).
(4 > 応用物理化学II(目次)
田 薫、原納 淑郎、鈴木 啓三, 応用物理化学II, 培風館, (1990).
(5エネルギー変換化学,精密応用化学専修コース,etc,物質化学工学科,山形大学
立花 和宏,シラバス-山形大学, (2011).
(6 > エネルギー変換化学@2006,
立花 和宏,エネルギー変換化学, 講義ノート, (2006).
(7 > エネルギー変換化学特論_履歴,
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2004).
(8無機工業化学,精密応用化学専修コース(H17),etc,物質化学工学科,山形大学
立花 和宏,シラバス-山形大学, (2011).
(9無機化学 > 電池の起電力(平衡論)と分解電圧(速度論)(2009),無機化学実験(2009)
仁科 辰夫,無機化学実験, 講義ノート, (2009).
(10高等学校 > 高校物理 > 原理と法 > コールラシュのイオンの独立移動の法則,原理と法則
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2010).

9.2. イオンの移動
9.3. 半反応と電極
9.4. 電極反応
9.5. 種々の電池
9.6. 電池反応
9.7. 起電力
9.8. 平衡状態の電池
9.9. 標準電位
9.11. pHの決定
9.1 デバイ-ヒュッケルの理論
9.10 電位のpHによる変化
9.12 電気化学系列
9.13 熱力学関数の決定
9.4 電極反応

アトキンス物理化学要論

関連書籍物理化学についての序章 1)