鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
【学会】 酸素曝露下抗酸化剤投与ラットのIn vivo ESR計測
一覧戻る進む·J-GLOBAL | 出張旅費申請
ID⇒#203@学会;
要約【学会】○渡邉隼司,…らは、2005年に仙台市 仙台市戦災復興記念館で開催された第44回電子スピンサイエンス学会年会 (SEST 2005)において酸素曝露下抗酸化剤投与ラットのIn vivo ESR計測について報告している⇒#203@学会;。
タイトル酸素曝露下抗酸化剤投与ラットのIn vivo ESR計測
講演番号P60
発表者○渡邉隼司,海老名里花,尾形健明,石田信一,松本清治,丹羽真一,土橋宣昭
会議名第44回電子スピンサイエンス学会年会 (SEST 2005)
場所仙台市 仙台市戦災復興記念館
会期2005/10/24
イベント第44回電子スピンサイエンス学会年会 (SEST 2005)
URLhttp://w…
外部J-GLOBAL
対応URL
関連外部URL
管理者伊藤 智博
研究グループC1磁気共鳴計測グループ
PME形式○渡邉隼司,海老名里花,尾形健明,石田信一,松本清治,丹羽真一,土橋宣昭,酸素曝露下抗酸化剤投与ラットのIn vivo ESR計測,第44回電子スピンサイエンス学会年会 (SEST 2005),仙台市 仙台市戦災復興記念館, ,2005/10/24
書誌情報酸素曝露下抗酸化剤投与ラットのIn vivo ESR計測
○渡邉隼司,海老名里花,尾形健明,石田信一,松本清治,丹羽真一,土橋宣昭,第44回電子スピンサイエンス学会年会 (SEST 2005)講演要旨集 (2005).

In vivo ESRスピンプローブ法おいてTempol反復投与適用し酸素曝露により高度な酸化ストレス与えたラットそのストレス負荷の前に抗酸化グルタチオン(GSH1)投与したラットストレス負荷と同時にOHラジカル2)スカベンジャーエダラボン(MCI-186投与したラットニトロキシルラジカル還元評価比較することで抗酸化能に関する検討行なった


ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧