鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

×
【人名】 立花 和宏
一覧戻る進む·スパイシー·J-GLOBAL·CiNii/検索·MS Academic·プロジェクト·研究助成·口頭発表·研究ノート
研究者
● スパイシー
個人情報保護
山大図書
山大雑誌
研究者
■ 山形大学研究者情報
山大スタッフ
● 研究者人材
● 研究開発支援
プロジェクト
● Webレター
● スパイシー
● J-GLOBAL
● CiNii/検索
● MS Academic
プロジェクト
研究助成
口頭発表
研究ノート
ID⇒#151@人名;
要約【人名】立花 和宏⇒#151@人名;
ハンドル立花 和宏
氏名立花 和宏
教職員立花 和宏
研究活動
文献アルミニウムの各種前処理により生成する表面皮膜に関する研究 II 交流インピーダンス法による皮膜構造の解析およびアノード酸化挙動に及ぼす前処理の影響ビスコース法レーヨン工業の発祥 より正確な温度に向けて極性高分子における分子および双極子配向性制御に関する研究新しい国際通貨「電子マネー」イオン液体中におけるAlのアノード分極反応アルミニウムの表面酸化皮膜が有機電解液中でのアノード酸化に及ぼす効果都市鉱山の可能性と問題Characterization of spin adducts obtained with hydrophobic nitrone spin traps.はやぶさ・はやて vs. みずほ・さくら世界一明るい夜光物質の誕生Mechanistic studies on the decomposition of water soluble azo-radical-initiators /AAPHのラジカル反応についてわが国の印刷の過去、現在、未来-活字からデジタルへの変革期を迎えて-二酸化マンガンのインピーダンス測定システムの開発ヘリウムと熱伝導大容量キャパシタの現状と課題
研究ノート五箇山【議事】多摩動物公園@東京都日野市国立天文台三鷹キャンパス@東京都三鷹市ブリヂストンTODAY@東京都小平市【講演】水系バインダー/集電体@東京五反田川越まつり会館@埼玉県川越市2017年3月【講演】セミナー:タブリードARS@姫路【DF】【工場見学】東芝半導体四日市工場@四日市市日本化学会@青森県弘前市川島織物@京都【見学】白い恋人@北海道札幌市日本化学会@米沢【実験教室】北高電極/電解液界面の劣化現象とそのメカニズム科学フェスティバル〆:電気化学会@北海道札幌市【見学】すみだ水族館@東京研究ノート@20140625_172110論文書かなくちゃ!電極/電解液界面の劣化現象とそのメカニズム新規追加研究ノート新規追加研究ノート3Dプリンターによる試作開始2014年6月XRD解体2014年5月2014年4月C1_2013離散会兼OB親睦会@福島県郡山市2014年3月
個人情報ソース
プロフィールJ-GLOBAL Read CiNii MS_Academic SPYSEE
関連外部URLhttp://c1.yz.yam…
研究ノート
研究ノートにはいろいろなコンテンツがあります。研究テーマや学会発表タイトルとリンクさせることもできます。研究ノートを追加するには…詳細…
プロジェクトメンバー

非水溶液電解液二次電池

/非水溶液電解液二次電池/立花 和宏

ニオブ皮膜の研究

/ニオブ皮膜の研究/立花 和宏

ニッケル腐食に関する研究

/ニッケル腐食に関する研究/立花 和宏

高速充放電リチウムイオン二次電池に関する基板技術の開発と動力システムへの応用

/高速充放電リチウムイオン二次電池に関する基板技術の開発と動力システムへの応用/立花 和宏

炭素材料を利用した廃電池活物質リサイクルの為の研究(奨学寄付金411023)

/炭素材料を利用した廃電池活物質リサイクルの為の研究(奨学寄付金411023)/立花 和宏

遷移金属酸化物の液相法による合成技術(奨学寄附金407031)

/遷移金属酸化物の液相法による合成技術(奨学寄附金407031)/立花 和宏

電池の充放電システムに関する研究(奨学寄附金40631)

/電池の充放電システムに関する研究(奨学寄附金40631)/立花 和宏

教育研究の奨励および電池の充放電システムに関する研究

/教育研究の奨励および電池の充放電システムに関する研究/立花 和宏

有機電解による生体材料金属の粗面化(共同研究-産業研究所)

/有機電解による生体材料金属の粗面化(共同研究-産業研究所)/立花 和宏

有機電解による生体材料金属の粗面化

/有機電解による生体材料金属の粗面化/立花 和宏

5V級高出力電池用集電体の不働態化/集電特性に関する研究

/5V級高出力電池用集電体の不働態化/集電特性に関する研究/立花 和宏

データベースアメニティ研究所

/データベースアメニティ研究所/立花 和宏

電気化学の庵

/電気化学の庵/立花 和宏

PRTR法対策システム開発プロジェクト

/PRTR法対策システム開発プロジェクト/立花 和宏

高速充放電リチウムイオン二次電池に関する基盤技術の開発と動力システムへの応用(都市エリア次期フェー

/高速充放電リチウムイオン二次電池に関する基盤技術の開発と動力システムへの応用(都市エリア次期フェー/立花 和宏

電極表面に関する研究

/電極表面に関する研究/立花 和宏

ESRによるEDLC用電解液の劣化解析

/ESRによるEDLC用電解液の劣化解析/立花 和宏

液晶材料に関する研究

/液晶材料に関する研究/立花 和宏

バインダーに関する研究

/バインダーに関する研究/立花 和宏

鉛電池に関する研究

/鉛電池に関する研究/立花 和宏

蓄電ゴムの開発

/蓄電ゴムの開発/立花 和宏

ゴム電池およびゴムキャパシタの高出力化技術

/ゴム電池およびゴムキャパシタの高出力化技術/立花 和宏

炭素材料に関する研究

/炭素材料に関する研究/立花 和宏

電池集電体プライマーに関する研究

/電池集電体プライマーに関する研究/立花 和宏

バインダーの極性と電池性能に関する研究

/バインダーの極性と電池性能に関する研究/立花 和宏

リチウムイオン二次電池の導電助材のための炭素分散剤の評価方法

/リチウムイオン二次電池の導電助材のための炭素分散剤の評価方法/立花 和宏

電池の分散剤について

/Liイオン二次電池用分散剤の電気化学的評価の研究/立花 和宏

集電体のアンカーコートについて

/集電体のアンダーコートに関する研究/立花 和宏

炭素導電助材の分散について

/炭素導電助材の分散について/立花 和宏

アルミニウムのアノード酸化皮膜に関する研究

/アルミニウムのアノード酸化皮膜に関する研究/立花 和宏
研究者グループ…
経過
クロノアンメトリーによるセルの内部抵抗測定
とりあえず調べた
EDLC:CV
とりあえず測定する
経過…
対象
セル:アルミ|炭素材料|PF6
セル:アルミ|炭素材料|BF4
セル:アルミ|炭素材料|TEMA
ゴムサンプル22-1
(未確認)
対象…
説明
ラボラトリー電気化学グループ1)で教育研究してます
その研究者情報です


リチウムイオン次電池用の正極集電体アルミニウムについて2)

たちばなは1985年にそれまでの研究光音響分析法に関する研究というテーマで卒業論文としてまとめ山形大学卒業した3)

たちばなは1987年にそれまでの研究電解時における非定常系電極現象の解析というテーマ修士論文してまとめ山形大学卒業した4)


2012年度平成24卒業研究5)
2011年度平成23卒業研究6)
2010年度平成22卒業研究7)
2009年度平成21卒業研究8)
2008年度平成20卒業研究9)
2007年度平成19卒業研究10)
2006年度平成18卒業研究11)
2005年度平成17卒業研究12)
2004年度平成16卒業研究13)

講座電気化学14)
このペン3308PIN546315)の用途で使用されています

2007平成19年度ノート16)
2006平成18年度ノート17)
2005平成17年度ノート18)
2004平成16年度ノート19)

mms://stream.yz.…
mms://polystream…

https://gb.yz.ya…
https://gb.yz.ya…


緒言(C > C1履歴 > 【2012年度(平成24)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).

緒言(C > C1履歴 > 【2011年度(平成23)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).

緒言(C > C1履歴 > 【2010年度(平成22)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).

緒言(C > C1履歴 > 【2009年度(平成21)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

緒言(C > C1履歴 > 【2008年度(平成20)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

緒言(C > C1履歴 > 【2007年度(平成19)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

緒言(C > C1履歴 > 【2006年度(平成18)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

緒言(C > C1履歴 > 【2005年度(平成17)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).

緒言(C > C1履歴 > 【2004年度(平成16)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2004).

3-3308 3―3308:C1講座(電気化学)場所.

2007年(平成19)研究ノート
立花 和宏, 研究ノート, (2012).

2006年(平成18)研究ノート
立花 和宏, 研究ノート, (2012).

2005年(平成17)研究ノート
立花 和宏, 研究ノート, (2011).

◆2004(平成16)年度ノート
立花 和宏, 研究ノート, (2011).

(1C1ラボラトリー(電気化学グループ)研究室.
(2リチウムイオン二次電池用の正極集電体アルミニウムについて
立花和宏, 東北大学博士学位論文(工第2060号), (2003).
(3光音響分析法に関する研究
立花 和宏, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (1985).
(4電解時における非定常系電極現象の解析
立花 和宏, 山形大学  物質化学工学科, 修士論文 (1987).
(5緒言(C > C1履歴 > 【2012年度(平成24)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).
(6緒言(C > C1履歴 > 【2011年度(平成23)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).
(7緒言(C > C1履歴 > 【2010年度(平成22)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).
(8緒言(C > C1履歴 > 【2009年度(平成21)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(9緒言(C > C1履歴 > 【2008年度(平成20)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(10緒言(C > C1履歴 > 【2007年度(平成19)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(11緒言(C > C1履歴 > 【2006年度(平成18)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(12緒言(C > C1履歴 > 【2005年度(平成17)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).
(13緒言(C > C1履歴 > 【2004年度(平成16)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2004).
(14) 3-3308 3―3308:C1講座(電気化学)場所.
(153―3308(PIN=5463),はじめてのテスト,直筆ノート.(2007).
(162007年(平成19)研究ノート
立花 和宏, 研究ノート, (2012).
(172006年(平成18)研究ノート
立花 和宏, 研究ノート, (2012).
(182005年(平成17)研究ノート
立花 和宏, 研究ノート, (2011).
(19◆2004(平成16)年度ノート
立花 和宏, 研究ノート, (2011).