鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
【出版物】  Determination of Gallic Acid Added to Fats and Oils
文献
文献調査履歴
業績
書籍レビュー
● 特許電子図書館
文献(新)
文献(古)
文献(改)
講義ノート
シラバス
● MS Academic
● 論文relation
● J-GLOBAL
● CiNii/検索

項目
ID⇒#1858@出版物;
要約【出版物】 K. F. MATTIらは2013年に Determination of Gallic Acid Added to Fats and Oilsについて分光光度法と比色法は、没食子酸の定量のために開発されていると述べている⇒#1858@出版物;。
メソッド一覧戻る進む·J-GLOBAL·CiNii/検索
タイトル Determination of Gallic Acid Added to Fats and Oils
Title
代替書誌情報i n d u s t r i a l and e n g i n e e r i n g c h e m i s t r y
著者名 K. F. MATTIL AND L. J. FILER, JR.
雑誌名i n d u s t r i a l and e n g i n e e r i n g c h e m i s t r y
Journalauther, jounarl, vo., pp.(yyyy)
巻、号、ページ16,7,0~0
出版年2013
URL
研究グループC1磁気共鳴計測グループ
レビューアYZDN\ttw33666/
卒業研究フォーリン・チオカルト法とデジタル画像処理を用いた総ポリフェノール量の比色分析
書誌情報 Determination of Gallic Acid Added to Fats and Oils
K. F. MATTIL AND L. J. FILER, JR., i n d u s t r i a l and e n g i n e e r i n g c h e m i s t r y,16,0(2013).
書誌情報(日本語) Determination of Gallic Acid Added to Fats and Oils
K. F. MATTIL AND L. J. FILER, JR., i n d u s t r i a l and e n g i n e e r i n g c h e m i s t r y,16,0(2013).
書誌情報(英語)
, auther, jounarl, vo., pp.(yyyy),16,0(2013).
説明
分光光度法と比色法は没食子酸の定量のために開発されている