鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
【出版物】 Chemiluminescence from singletoxygen under laminar flow conditio…
文献
文献調査履歴
業績
書籍レビュー
● 特許電子図書館
文献(新)
文献(古)
文献(改)
講義ノート
シラバス
● MS Academic
● 論文relation
● J-GLOBAL
● CiNii/検索

項目
ID⇒#1881@出版物;
要約【出版物】Kazuhiko Tsuらは2006年にChemiluminescence from singletoxygen under laminar flow condition in micro-channalについてKazuhiko Tsukagoshi達は、次酸化防止剤とCL強度を含む試薬2の時間の間の関係は、アジ化ナトリウムとニトロブルーテトラゾリウム、試薬2の次亜塩素酸ナトリウムと反応しなかったとしと述べている⇒#1881@出版物;。
メソッド一覧戻る進む·J-GLOBAL·CiNii/検索
タイトルChemiluminescence from singletoxygen under laminar flow condition in micro-channal
Title
代替書誌情報analytica chimica acta
著者名Kazuhiko Tsukagoshi
雑誌名analytica chimica acta
Journalauther, jounarl, vo., pp.(yyyy)
巻、号、ページ0,0,202~0
出版年2006
URL
研究グループC1磁気共鳴計測グループ
レビューアYZDN\tmf63936/
卒業研究非水溶液中における一重項酸素の発生系と捕捉剤の検討
書誌情報Chemiluminescence from singletoxygen under laminar flow condition in micro-channal
Kazuhiko Tsukagoshi, analytica chimica acta,0,202(2006).
書誌情報(日本語)Chemiluminescence from singletoxygen under laminar flow condition in micro-channal
Kazuhiko Tsukagoshi, analytica chimica acta,0,202(2006).
書誌情報(英語)
, auther, jounarl, vo., pp.(yyyy),0,202(2006).
説明
Kazuhiko Tsukagoshi達は次酸化防止剤とCL強度含む試薬2の時間の間の関係はアジナトリウムニトロブルーテトラゾリウム試薬の次亜塩素酸ナトリウムと反応しなかったとしてCL強度は定であったと述べている