鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
【出版物】 クッキーの物性に対する食塩の影響とその作用機構について
文献
文献調査履歴
業績
書籍レビュー
● 特許電子図書館
文献(新)
文献(古)
文献(改)
講義ノート
シラバス
● MS Academic
● 論文relation
● J-GLOBAL
● CiNii/検索

項目
ID⇒#1906@出版物;
要約【出版物】倉賀野 妙子、和田 淑子らは2013年にクッキーの物性に対する食塩の影響とその作用機構についてについて食塩添加によりクッキーのspread が大きくなり,1.2%食塩のクッキーでは特に─広がりを見せたと述べていると述べている⇒#1906@出版物;。
メソッド一覧戻る進む·J-GLOBAL·CiNii/検索
タイトルクッキーの物性に対する食塩の影響とその作用機構について
Title
代替書誌情報日本家政学会誌
著者名倉賀野 妙子、和田 淑子
雑誌名日本家政学会誌
Journalauther, jounarl, vo., pp.(yyyy)
巻、号、ページ43,9,887~0
出版年2013
URL
研究グループC1磁気共鳴計測グループ
レビューアYZDN\tww67247/
卒業研究うこぎ葉中の総ポリフェノール量に及ぼす調理加工の影響
書誌情報クッキーの物性に対する食塩の影響とその作用機構について
倉賀野 妙子、和田 淑子, 日本家政学会誌,43,887(2013).
書誌情報(日本語)クッキーの物性に対する食塩の影響とその作用機構について
倉賀野 妙子、和田 淑子, 日本家政学会誌,43,887(2013).
書誌情報(英語)
, auther, jounarl, vo., pp.(yyyy),43,887(2013).
物理量破断応力
説明
食塩添加によりキーのspread が大きくなり,1.2%食塩キーでは特に─広がり見せたと述べている