鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
【出版物】 各種ポリフェノールの定量法の比較
文献
文献調査履歴
業績
書籍レビュー
● 特許電子図書館
文献(新)
文献(古)
文献(改)
講義ノート
シラバス
● MS Academic
● 論文relation
● J-GLOBAL
● CiNii/検索

項目
ID⇒#1910@出版物;
要約【出版物】芳野 恭士,廣田 雅恵らは2000年に各種ポリフェノールの定量法の比較について芳野らは,緑茶・ウーロン茶・紅茶およびプーアル茶の熱水抽出物の茶葉からの収量は,34.5,25.1,32.1および23.2%となったと述べていると述べている⇒#1910@出版物;。
メソッド一覧戻る進む·J-GLOBAL·CiNii/検索
タイトル各種ポリフェノールの定量法の比較
Title
代替書誌情報沼津工業高等専門学校研究報告
著者名芳野 恭士,廣田 雅恵
雑誌名沼津工業高等専門学校研究報告
Journalauther, jounarl, vo., pp.(yyyy)
巻、号、ページ34,0,147~0
出版年2000
URL
研究グループC1磁気共鳴計測グループ
レビューアYZDN\tww67247/
卒業研究うこぎ葉中の総ポリフェノール量に及ぼす調理加工の影響
書誌情報各種ポリフェノールの定量法の比較
芳野 恭士,廣田 雅恵, 沼津工業高等専門学校研究報告,34,147(2000).
書誌情報(日本語)各種ポリフェノールの定量法の比較
芳野 恭士,廣田 雅恵, 沼津工業高等専門学校研究報告,34,147(2000).
書誌情報(英語)
, auther, jounarl, vo., pp.(yyyy),34,147(2000).
説明
芳野ら,緑茶ウーロン紅茶およびプーアル茶の熱水抽出物の茶葉からの収量,34.5,25.1,32.1および23.2%となったと述べている