鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
【出版物】 茶浸出液残査(茶殻粉末)の料理への応用について
文献
文献調査履歴
業績
書籍レビュー
● 特許電子図書館
文献(新)
文献(古)
文献(改)
講義ノート
シラバス
● MS Academic
● 論文relation
● J-GLOBAL
● CiNii/検索

項目
ID⇒#1913@出版物;
要約【出版物】加藤みゆき,田村朝子,斉らは1997年に茶浸出液残査(茶殻粉末)の料理への応用についてについて尾上らは,茶殻に存在する成分については煎茶に比較して,カフェインは焼く30%,カテキンは約40%,ポリフェノールは約50%,アミノ酸は約80%に減少したと述べている.と述べている⇒#1913@出版物;。
メソッド一覧戻る進む·J-GLOBAL·CiNii/検索
タイトル茶浸出液残査(茶殻粉末)の料理への応用について
Title
代替書誌情報日本調理科学会誌
著者名加藤みゆき,田村朝子,斉藤ひろみ,大森正司,尾上とし子,中里賢一,竹尾忠一
雑誌名日本調理科学会誌
Journalauther, jounarl, vo., pp.(yyyy)
巻、号、ページ30,3,248~0
出版年1997
URL
研究グループC1磁気共鳴計測グループ
レビューアYZDN\tww67247/
卒業研究うこぎ葉中の総ポリフェノール量に及ぼす調理加工の影響
書誌情報茶浸出液残査(茶殻粉末)の料理への応用について
加藤みゆき,田村朝子,斉藤ひろみ,大森正司,尾上とし子,中里賢一,竹尾忠一, 日本調理科学会誌,30,248(1997).
書誌情報(日本語)茶浸出液残査(茶殻粉末)の料理への応用について
加藤みゆき,田村朝子,斉藤ひろみ,大森正司,尾上とし子,中里賢一,竹尾忠一, 日本調理科学会誌,30,248(1997).
書誌情報(英語)
, auther, jounarl, vo., pp.(yyyy),30,248(1997).
説明
尾上ら,茶殻に存在する成分について煎茶に比較して,カフェイン焼く30%,カテキン40%,ポリフェノール50%,アミノ80%に減少したと述べている.