鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
【出版物】 Total Polyphenol and Antioxidant Activity of Red Amaranth (Amara…
文献
文献調査履歴
業績
書籍レビュー
● 特許電子図書館
文献(新)
文献(古)
文献(改)
講義ノート
シラバス
● MS Academic
● 論文relation
● J-GLOBAL
● CiNii/検索

項目
ID⇒#1949@出版物;
要約【出版物】Khandaker Laらは2008年にTotal Polyphenol and Antioxidant Activity of Red Amaranth (Amaranthus tricolor L.) as Affected by Different Sunlight Levelについて遮光処理をしたもので,総ポリフェノール量と抗酸化性に重要な共通点(R^2=0.8806,P<0.05)を見出したと述べている.と述べている⇒#1949@出版物;。
メソッド一覧戻る進む·J-GLOBAL·CiNii/検索
タイトルTotal Polyphenol and Antioxidant Activity of Red Amaranth (Amaranthus tricolor L.) as Affected by Different Sunlight Level
Title
代替書誌情報journal of the japanese society for horticultural science
著者名Khandaker Laila 他2名
雑誌名journal of the japanese society for horticultural science
Journalauther, jounarl, vo., pp.(yyyy)
巻、号、ページ77,4,395~0
出版年2008
URL
研究グループC1磁気共鳴計測グループ
レビューアYZDN\tww67247/
卒業研究うこぎ葉中の総ポリフェノール量に及ぼす調理加工の影響
書誌情報Total Polyphenol and Antioxidant Activity of Red Amaranth (Amaranthus tricolor L.) as Affected by Different Sunlight Level
Khandaker Laila 他2名, journal of the japanese society for horticultural science,77,395(2008).
書誌情報(日本語)Total Polyphenol and Antioxidant Activity of Red Amaranth (Amaranthus tricolor L.) as Affected by Different Sunlight Level
Khandaker Laila 他2名, journal of the japanese society for horticultural science,77,395(2008).
書誌情報(英語)
, auther, jounarl, vo., pp.(yyyy),77,395(2008).
説明
処理したものでポリフェノール量と抗酸化性に重要な共通点(R^20.8806P<0.05)見出したと述べている