鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
【出版物】 小豆のポリフェノール成分によるゼラチンの凝集Aggregation and precipitation of gelatin b…
文献
文献調査履歴
業績
書籍レビュー
● 特許電子図書館
文献(新)
文献(古)
文献(改)
講義ノート
シラバス
● MS Academic
● 論文relation
● J-GLOBAL
● CiNii/検索

項目
ID⇒#1954@出版物;
要約【出版物】3堀 友花 畑井 朝子らは2005年に小豆のポリフェノール成分によるゼラチンの凝集Aggregation and precipitation of gelatin by polyphenols of azuki beansについて堀らはゼラチンに添加したポリフェノール濃度が1.5mg/mLに達した時から吸光値の上昇が平衡になったことから,ゼラチン分子とポリフェノール分子の結合が飽和に達したと考えたと述べていると述べている⇒#1954@出版物;。
メソッド一覧戻る進む·J-GLOBAL·CiNii/検索
タイトル小豆のポリフェノール成分によるゼラチンの凝集Aggregation and precipitation of gelatin by polyphenols of azuki beans
Title
代替書誌情報函館短期大学紀要
著者名3堀 友花 畑井 朝子
雑誌名函館短期大学紀要
Journalauther, jounarl, vo., pp.(yyyy)
巻、号、ページ31,0,29~0
出版年2005
URL
研究グループC1磁気共鳴計測グループ
レビューアYZDN\tww67247/
卒業研究うこぎ葉中の総ポリフェノール量に及ぼす調理加工の影響
書誌情報小豆のポリフェノール成分によるゼラチンの凝集Aggregation and precipitation of gelatin by polyphenols of azuki beans
3堀 友花 畑井 朝子, 函館短期大学紀要 ,31,29(2005).
書誌情報(日本語)小豆のポリフェノール成分によるゼラチンの凝集Aggregation and precipitation of gelatin by polyphenols of azuki beans
3堀 友花 畑井 朝子, 函館短期大学紀要 ,31,29(2005).
書誌情報(英語)
, auther, jounarl, vo., pp.(yyyy),31,29(2005).
説明
堀らゼラチンに添加したポリフェノール濃度1.5mg/mLに達した時から吸光値の上昇が平衡になったことからゼラチン分子ポリフェノール分子結合飽和達したと考えたと述べている