鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
【出版物】 Is the Oxygen Radical Absorbance Capacity (ORAC) Method a Peroxy…
文献
文献調査履歴
業績
書籍レビュー
● 特許電子図書館
文献(新)
文献(古)
文献(改)
講義ノート
シラバス
● MS Academic
● 論文relation
● J-GLOBAL
● CiNii/検索

項目
ID⇒#2001@出版物;
要約【出版物】Yoshimi Sueiらは2010年にIs the Oxygen Radical Absorbance Capacity (ORAC) Method Peroxyl-radical Scavenging Assay?についてAAPH由来のDMPOアダクトは,DMPO-OR・の可能性が高く,AIBN由来のDMPOアダクトは,DMPO-OOR・である可能性が高いと述べている. しかし,それらの超微細結合を比較すと述べており、AIBNの超微細結合定数は、1.25ミリテスラであると述べている⇒#2001@出版物;。
メソッド一覧戻る進む·J-GLOBAL·CiNii/検索
タイトルIs the Oxygen Radical Absorbance Capacity (ORAC) Method Peroxyl-radical Scavenging Assay?
Title
代替書誌情報z. phys. chem.
著者名Yoshimi Sueishi,  Daisuke Yoshioka,  Shigeru Oowada,  Nobuyuki Endoh,  Shunji Kohri,  Hirotada Fujii,  Masashi Shimmei,  and Yashige Kotake
雑誌名z. phys. chem.
Journalauther, jounarl, vo., pp.(yyyy)
巻、号、ページ224,6,926~0
出版年2010
URL
研究グループC1磁気共鳴計測グループ
レビューアYZDN\tomohiro/伊藤 智博
書誌情報Is the Oxygen Radical Absorbance Capacity (ORAC) Method Peroxyl-radical Scavenging Assay?
Yoshimi Sueishi, Daisuke Yoshioka, Shigeru Oowada, Nobuyuki Endoh, Shunji Kohri, Hirotada Fujii, Masashi Shimmei, and Yashige Kotake , z. phys. chem.,224,926(2010).
書誌情報(日本語)Is the Oxygen Radical Absorbance Capacity (ORAC) Method Peroxyl-radical Scavenging Assay?
Yoshimi Sueishi, Daisuke Yoshioka, Shigeru Oowada, Nobuyuki Endoh, Shunji Kohri, Hirotada Fujii, Masashi Shimmei, and Yashige Kotake , z. phys. chem.,224,926(2010).
書誌情報(英語)
, auther, jounarl, vo., pp.(yyyy),224,926(2010).
材料AIBN
物理量超微細結合定数
単位ミリテスラ
数値1.25 mT
説明
AAPH由来のDMPOアダクトDMPO-ORの可能性が高くAIBN由来のDMPOアダクトDMPO-OORである可能性が高いと述べている

しかしそれらの超微細結合比較するために表1引用しているDMPO-OOR(過酸化ラジカルのDMPOアダクト1))の文献値はEdwardからがmassによって決定したDMPO-ORalkylラジカルのDMPOアダクト2)の文献3)であり信じたらよいのかわからない?