鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
【出版物】 アノード酸化中のアルミニウムの表面皮膜構造の変化とインピーダンス特製の関係
文献
文献調査履歴
業績
書籍レビュー
● 特許電子図書館
文献(新)
文献(古)
文献(改)
講義ノート
シラバス
● MS Academic
● 論文relation
● J-GLOBAL
● CiNii/検索

項目
ID⇒#2005@出版物;
要約【出版物】山根和彦, 敦 興蓮, らは1997年にアノード酸化中のアルミニウムの表面皮膜構造の変化とインピーダンス特製の関係についてと述べており、アノード酸化中のアルミニウムのインピーダンスは、10kΩであると述べている⇒#2005@出版物;。
メソッド一覧戻る進む·J-GLOBAL·CiNii/検索
タイトルアノード酸化中のアルミニウムの表面皮膜構造の変化とインピーダンス特製の関係
Title
代替書誌情報電気化学および工業物理化学
著者名山根和彦, 敦 興蓮, 金子 淳一, 加藤 皓一
雑誌名電気化学および工業物理化学
Journalauther, jounarl, vo., pp.(yyyy)
巻、号、ページ65,2,128~0
出版年1997
URL
研究グループ
レビューアYZDN\tcc04100/
書誌情報アノード酸化中のアルミニウムの表面皮膜構造の変化とインピーダンス特製の関係
山根和彦, 敦 興蓮, 金子 淳一, 加藤 皓一, 電気化学および工業物理化学,65,128(1997).
書誌情報(日本語)アノード酸化中のアルミニウムの表面皮膜構造の変化とインピーダンス特製の関係
山根和彦, 敦 興蓮, 金子 淳一, 加藤 皓一, 電気化学および工業物理化学,65,128(1997).
書誌情報(英語)
, auther, jounarl, vo., pp.(yyyy),65,128(1997).
材料アノード酸化中のアルミニウム
物理量インピーダンス
単位
数値10
説明