鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
【出版物】 Pseudo flow-injection ESR technique combining spin-trapping and …
文献
文献調査履歴
業績
書籍レビュー
● 特許電子図書館
文献(新)
文献(古)
文献(改)
講義ノート
シラバス
● MS Academic
● 論文relation
● J-GLOBAL
● CiNii/検索

項目
ID⇒#2032@出版物;
要約【出版物】Yu Saito, Kaらは2015年にPseudo flow-injection ESR technique combining spin-trapping and application to the evaluation of superoxide scavenging capacity of phenolic compoundについて競争反応を用いて,スーパーオキシドアニオンラジカルとフェノール化合物の二次反応速度を有効数字 3桁で求めている. フェノール化合物の純度はどれくらいだろうか? O2(-) + フェノーと述べており、DMPOの二次反応速度定数は、30リットル毎モル毎秒であると述べている⇒#2032@出版物;。
メソッド一覧戻る進む·J-GLOBAL·CiNii/検索
タイトルPseudo flow-injection ESR technique combining spin-trapping and application to the evaluation of superoxide scavenging capacity of phenolic compound
Title
代替書誌情報科学・技術研究
著者名Yu Saito,  Kazuki Yanagisawa,  Yuki Kimura,  Yuta Nitto,  Hiroyuki Noda,  Tatsuro Kijima and Tateaki Ogata
雑誌名科学・技術研究
Journalauther, jounarl, vo., pp.(yyyy)
巻、号、ページ3,2,151~0
出版年2015
URLhttp://www.union-services.com/sst/sst-3.html
研究グループC1磁気共鳴計測グループ
レビューアAM\tomohiro/伊藤 智博
卒業研究テーマ名
書誌情報Pseudo flow-injection ESR technique combining spin-trapping and application to the evaluation of superoxide scavenging capacity of phenolic compound
Yu Saito, Kazuki Yanagisawa, Yuki Kimura, Yuta Nitto, Hiroyuki Noda, Tatsuro Kijima and Tateaki Ogata, 科学・技術研究,3,151(2015).
書誌情報(日本語)Pseudo flow-injection ESR technique combining spin-trapping and application to the evaluation of superoxide scavenging capacity of phenolic compound
Yu Saito, Kazuki Yanagisawa, Yuki Kimura, Yuta Nitto, Hiroyuki Noda, Tatsuro Kijima and Tateaki Ogata, 科学・技術研究,3,151(2015).
書誌情報(英語)
, auther, jounarl, vo., pp.(yyyy),3,151(2015).
材料5,5-ジメチル-1-ピロリンN-オキシド
物理量二次反応速度定数
単位リットル毎モル毎秒
数値30 L・mol-1・s-1
説明
競争反応用いてスーパーオキシドアニオンラジカルフェノール化合物次反応速度有効数字 桁で求めている
フェノール化合物の純度はどれくらいだろうか?

O2(-) + フェノール化合物 Product

共著者関連テーマ
電解生成スーパーオキシドを用いるポリフェノール類の抗酸化能評価1)
電解生成スーパーオキシドを用いる抗酸化能評価法の研究2)

http://www.union…

https://www.jsta…


試料
フェノール化合物
ルチン3),ピロガロール4),カテコール5),ミリセチン6),3,4-ジヒドロキシトルエン7),ヒドロキノン8),(+)-カテキン9)など

検出試薬など
5,5-ジメチル-1-ピロリンN-オキシド10)(DMPO),DMSO(水分濃度不明),0.1M PBS水溶液

関連キーード消去活性抗酸化剤消去能ローインジェクション
(1電解生成スーパーオキシドを用いるポリフェノール類の抗酸化能評価
木村 祐哉, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2013).
(2電解生成スーパーオキシドを用いる抗酸化能評価法の研究
柳澤 和貴, 山形大学  物質化学工学科, 修士論文 (2013).
(3@ > ルチン
ルチン, (材料).
(4@ > ピロガロール
ピロガロール, (材料).
(5@ > カテコール
カテコール, (材料).
(6 > ミリセチン
ミリセチン, (材料).
(7@ > 3,4-ジヒドロキシトルエン
3,4-ジヒドロキシトルエン, (材料).
(8@ > ヒドロキノン
ヒドロキノン, (材料).
(9(+)-カテキン, C1講座(磁気共鳴計測グループ測定室), 尾形 健明, (2005).
(105,5- > 5,5-ジメチル-1-ピロリンN-オキシド
5,5-ジメチル-1-ピロリンN-オキシド5,5-Dimethyl-1-pyrroline N-oxide , (材料).