鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
データベ…
研究テーマ一覧
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ ×
 

AlF4-アニオンを含む有機電解液を用いたアルミノウムアノード酸化条件のデータベース化(仮)

アルミニウムのアノード酸化の電気化学(仮) えんどうは、2009年に、それまでの研究をアルミニウムの表面酸化皮膜が有機電解液中でのアノード酸化に及ぼす効果というテーマで卒業論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#408@卒論;。 ○小林卓巨,…らは、2012年にで開催された平成24年度 化学系学協会東北大会においてAlF4-を含む電解液を使用したAlのアノード酸化と腐食機構について報告している⇒#318@学会;。 【関連講義】卒業研究(C1-電気化学2004~),【2012年度(平成24)卒業研究】⇒#3821@講義; 卒業研究(C1-電気化学2004~),事業系廃棄物の出し方について⇒#3725@講義; 山形大学工学部,廃棄物の処理⇒#1145@講義; 技術者倫理,歴史と事例に学ぶ~先人たちの足跡~(2011)⇒#3330@講義; 【試料】コンデンサ電解液サンプル⇒#10870@試料;

たくみ, 山形大学 卒業論文(仁科・立花研), (2013).

ESRスペクトルの自動判定システムのためのデータベース構築

seya, 山形大学 卒業論文(), (2008).

ESRスペクトルのデータベースを利用した常磁性種の自動判別に関する研究

剣~亮, 山形大学 修士論文(尾形・伊藤(智)研), (2012).

物質管理データベースを活用した工場排出物の資源リサイクル技術への展開に関する研究

物質管理データベースを活用した工場排出物の資源リサイクル技術への展開に関する研究 第1章 緒言と目的 1. 1 緒言 1.2 研究の背景 1.3 研究の構成 1.4 本研究の目的 第2章 研究の手法 2.1 データベースの内容 2.2 環境関連法律の内容 2.3 研究手法の構築 第3章 廃棄物から有価物への仮説と実証 3.1 環境問題の現状 3.2 有価物への阻害要因と仮説 3.3 有価物への具体的解決手段 3.4 実行例の概要 3.5 効果の算出と評価 3.6 問題点と考察 3.7 研究成果 第4章 物質管理と価値情報の活用~データベースの相互連携による情報共有 4.1 公的データベースと民間データベース 4.2 廃棄物処理法電子マニフェスト 4.3 PRTR法物質管理 4.4 認証技術とフェデレーション技術 4.5 データベースサービスとネットワーク技術 第5章 リサイクルのビジネスモデルの確立~新たな価値創出~ 5.1 環境問題とゲーム理論 5.2 各事業者のプレーヤーとしての損益 5.3 各プレーヤーの損益と物質に付随す

さいとう, 山形大学 修士論文(仁科・立花研), (2012).

常磁性物質を対象とするESRスペクトル自動判定システムのためのデータベースの構築

柿~, 山形大学 卒業論文(尾形研), (2009).

卒論…