鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
【計算】 表面コイル型共振器

シボレス認証によって、このページの感想やコメント、質問などを記入できます。学術認証フェデレーション(学認)参加機関から利用できます。
→ シボレスログイン
→ RSS
シボレス-トップメニュー
学認参加機関/一覧
ページレビュー説明書
山形大学 学術認証-fed
ID⇒#131@計算;
要約【計算】表面コイル型共振器⇒#131@計算;
注目する物理量長さ  / m.
計算式 =f ( π , r , r , x , x , Z , ε , c )
検索 講義 研究 発表 業績 テーマ 製品 計算式
説明生体計測可能な局所マイクロ波ESR法で使用する表面コイル型共振器設計するときに利用する理論計算式です

セミリジトケーブル使用する場合テフロン比誘電率1)2.1用います
(1比誘電率, (物理量).

長さline1 m
比誘電率E1 ・
真空中の光速度c299792458 m/s
円周率P3.1415926535 ・
半径R1 m
動径Lc1 m
共振周波数Fr1 Hz
無次元量n1 ・
インピーダンスZc1 Ω

ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧