鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
【計算】 物質量(ファラデーの法則)

シボレス認証によって、このページの感想やコメント、質問などを記入できます。学術認証フェデレーション(学認)参加機関から利用できます。
→ シボレスログイン
→ RSS
シボレス-トップメニュー
学認参加機関/一覧
ページレビュー説明書
山形大学 学術認証-fed
ID⇒#72@計算;
要約【計算】物質量(ファラデーの法則)⇒#72@計算;
注目する物理量物質量 n / mol.
計算式n =f ( F , Q )
検索 講義 研究 発表 業績 テーマ 製品 計算式
説明電気分解の法則使って物質量求めます原理と法則1)

数式です

関連講義
電気化学の庵,ファラデーの電気分解の法則2)
エネルギー変換化学特論,エネルギー種類物質かかわりエネルギーの種類と物質とのかかわり(2011_H23)3)
原理と法則
ファラデーの電気分解の法則
エネルギーの種類と物質とのかかわり(2011_H23)

物質量M1 mol
ファラデー定数F96485.3415 C/mol
電気量Q1 C

ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧