鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
【計算】 ブラッグの反射条件(ブラッグ式)

シボレス認証によって、このページの感想やコメント、質問などを記入できます。学術認証フェデレーション(学認)参加機関から利用できます。
→ シボレスログイン
→ RSS
シボレス-トップメニュー
学認参加機関/一覧
ページレビュー説明書
山形大学 学術認証-fed
ID⇒#78@計算;
要約【計算】ブラッグの反射条件(ブラッグ式)⇒#78@計算;
注目する物理量波長 λ / m.
計算式λ =f ( θ , d , x )
検索 講義 研究 発表 業績 テーマ 製品 計算式
説明道のりの差が波長の整数倍のものだけが強め合って反射します


関連講義
電気化学の庵,ブラウィリアムブラ1)
XRDX線回折2)

関連書籍
X線3)
X線の粒子性と波動性4)
金属イオン性固体共有結合固体5)

プロ
XRDチャート6)

(1高等学校 > 高校歴史 > 人物 > 科学者・ > 物理学者 > ブラッグ(ウィリアム・ブラッグ),物理学者
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (1862).
(2実験方法 > 装置と器 > 装置、器 > 機器分析 > XRD(X線回折),機器分析
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(3原子と原 > X線
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス物理図録, 数研出版, p.122, (2006).
(4原子 > X線の粒子性と波動性
中村英二、吉沢康和, 新訂物理図解, 第一学習社, , (1984).
(5 > 金属、イオン性固体、共有結合固体
Peter Atkins・Julio de Paula/千葉秀明・稲葉章訳, アトキンス物理化学要論 第5版, 東京化学同人, p.385, (2012).
(6XRDチャート,角度,X線強度, (プロット).

波長L1 m
角度S1 rad
距離D1 m
無次元量N1 ・

ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧