鷹山 (C)1996-2018 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
【反応】 ⇒#125@反応;

ID⇒#125@反応;
要約【反応式】⇒#125@反応;⇒#125@反応;
反応⇒#125@反応;
反応式のタイプ酸化還元反応
酸化還元電位0.34
  Cu2+ + 2e- ↔   CuEº = 0.34V
反応式  Cu2+ + 2e- ↔   CuEº = 0.34V
内容ダニエル電池正極で起きる反応です電気化学の酸化還元の反応基本

物理量
標準電極電位1)

関連講義
無機分析化学応用実験,ダニエル電池作成と単極電位の確認2)
電気化学,溶解度積および生成定数の決定3)

イオン化傾向

K<->K(+)4)
Ca<->Ca(2+)5)
Na<->Na(+)6)
Mg<->Mg(2+)7)
Al<->Al(3+)8)

Zn<->Zn(2+)9)
Fe<->Fe(2+)10)
Ni<->Ni(2+)11)
Sn<->Sn(2+)12)
Pb<->Pb(2+)13)

H2⇔H(+)14)

Cu<->Cu(2+)15)
2Hg<->Hg2(2+)16)

Ag<->Ag(+)17)
Pt<->Pt(2+)18)
Au<->Au(+)19)

(1標準電極電位 E / V.
(2特になし > 電池の起 > 電池の起 > 銀/塩化 > ダニエル電池の作成と単極電位の確認,銀/塩化銀電極(基準電極)の作成とエレクトロメータの較正
遠藤 昌敏,無機・分析化学応用実験, 講義ノート, (2006).
(3電池の起 > 電池の起 > 溶解度積および生成定数の決定,電池の起電力
立花 和宏,電気化学, 講義ノート, (2014).
(4)   K+ + e- ←→   K, = -2.925 V, (反応-181).
(5)   Ca2+ + 2e- ←→   Ca, = -2.84 V, (反応-76).
(6)   Na+ + e- ←→   Na, = -2.714 V, (反応-222).
(7)   Mg2+ + 2e- ←→   Mg, = -2.356 V, (反応-189).
(8)   Al3+ + 3e- ←→   Al, = -1.676 V, (反応-31).
(9)   Zn2+ + 2e- ←→   Zn, = -0.7626 V, (反応-3).
(10)   Fe2+ + 2e- ←→   Fe, = -0.44 V, (反応-139).
(11)   Ni2+ + 2e- ←→   Ni, = -0.257 V, (反応-228).
(12)   Sn2+ + 2e- ←→   Sn, = -0.1375 V, (反応-354).
(13)   Pb2+ + 2e- ←→   Pb, = -0.1263 V, (反応-281).
(14)   2H+ + 2e- ←→   H2, = 0 V, (反応-1).
(15)   Cu2+ + 2e- ←→   Cu, = 0.34 V, (反応-125).
(16)   Hg22+ + 2e- ←→   Hg2+, = 0.796 V, (反応-161).
(17)   Ag+ + e- ←→   Ag, = 0.7991 V, (反応-27).
(18)   Pt2+ + 2e- ←→   Pt, = 1.188 V, (反応-299).
(19)   Au+ + e- ←→   Au, = 1.83 V, (反応-46).
物理量
反応物理量…
反応化学種反応化学種
銅(Ⅱ)イオン
電子
数値