鷹山 (C)1996-2018 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
【化学特性】 DRD156ラジカルの線幅 ΔH / T 一覧戻る進む
DRD156ラジカルの線幅 ΔH / T
化学種
化学種
第一種指定化学物質
化学種のタイプ
材料
規制物質
化学特性
材料物性
研究対象
反応式
化学種(新)
化学種(改)
化学種(古)
化学種(陳)

化学物質
現在システム化学物質は抽象度の高い方から元素化学種材料試料などの階層があります元素いわずとしれた化学種構成する最小単位化学種分子レベル化学式記述できるもの材料アスベストコンクリートなど鉱石合金も含みます試料サンプル材料実際に容器に取り分けたインスタンス

元素化学種材料工業試料規制物質
項目
ID425
名前DRD156ラジカルの線幅 ΔH / T
要約【化学特性】DRD156ラジカルの線幅 ΔH / T⇒#425@化学特性;
化学種DRD156ラジカル
物理量線幅
単位(グローバル)テスラ
数値(グローバル)3.3E-05
単位(ローカル)ミリテスラ
数値(ローカル)0.033
参考論文New sensitive agents for detecting singlet oxygen by electron spin resonance spectroscopy, Kashi Igarashi, Kazuhisa Sakurai, Tetsuo Oi, Heitaro Obara, Hiroaki Ohya, Hitoshi Kamada, free radical biology and medicine,26,1339-1345 (1999).
用例DRD156ラジカル線幅は、0.033 mTです。
説明引用
文献Kashi Igarasらは1999年にNew sensitive agents for detecting singlet oxygen by electron spin resonance spectroscopyについてDRD156ラジカルg値超微細結合定数線幅示している1)
(1New sensitive agents for detecting singlet oxygen by electron spin resonance spectroscopy
Kashi Igarashi, Kazuhisa Sakurai, Tetsuo Oi, Heitaro Obara, Hiroaki Ohya, Hitoshi Kamada, free radical biology and medicine,26,1339(1999).