鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

酸化チタンの種々の化学種との反応速度計算



シボレス認証によって、このページの感想やコメント、質問などを記入できます。学術認証フェデレーション(学認)参加機関から利用できます。
→ シボレスログイン
→ RSS
シボレス-トップメニュー
学認参加機関/一覧
ページレビュー説明書
山形大学 学術認証-fed

主化学種濃度: [TiO2] =

 ID反応式
A+B(1)…B(l) → P(1)…P(m)
速度定数 kn[B(1)][B(2)]反応速度式速度 vn
[M・s-1]
vn / Σ(vn)*生成物へ
編集375
  4H+ + TiO2 + e- ↔   Ti3+ + 2H2OEº = -0.666V
0.00E+00000
v375=k375・[H+]4・[TiO2]・[e-]
0NaN (非数値)%
(|_______|)
Ti3+
H2O
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧

現在、開発中です。