鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

【キーワード】 暦


項目
ID⇒#5529
キーワード
ソース情報
品詞
内容
季節や月日の周期から人間生活時間ts標準化した記述新訂地学図解(目次)1)暦(カレンダー)2)自然もとにした花暦鳥暦虫暦などがあります

エジプト暦では365日としましたが太陽は約3652422日であり時間長いため季節とのずれが大きくなりますそこでユリウス暦では度のうるう設けましたこのようにユリウス暦では365.25日としますがそれでも長期間使うと季節とのずれが出てくるので128ごとにうるう省くことになりましたが不便なので400回うるう省くことにしましたこれグレゴリオ暦といいます地球の運動3)暦の雑学事典(目次)4)

中国太陰暦太陽暦組み合わせた太陰太陽暦の最新バージョン江戸時代に高橋至時とその次男が開発した天保暦で江戸時代5)自然を見る技(望遠鏡、顕微鏡、地震計、時計)6)今でも日本行事で使われることがありますたとえば干支の鼠ネズミウシトラウサギタツヘビウマヒツジサルトリニワトリイヌイノシシなどです

天体観測などによる定位重要です国立天文台7)

関連講義電気化学の庵,カレンダー暦(カレンダー)8)
9)10)11)12)
仙台市天文台13)
国立天文台14)
天文情報センター暦計算室15)

関連書籍
暦の雑学事典目次暦の雑学事典(目次)16)
四千万歩の男17)
天地明察18)


高等学校 > 地学(高 > 暦(カレンダー),地学(高校)
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2005).

高等学校 > 高校歴史 > 江戸時代,高校歴史
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).

ミュージ > 科学館( > 国立科学 > 日本館― > 自然を見る技(望遠鏡、顕微鏡、地震計、時計),日本館―本館
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2008).

学術・研 > 天文台・ > 国立天文台,天文台・星空観察
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2007).

高等学校 > 地学(高 > 暦(カレンダー),地学(高校)
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2005).

高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ > ,暦(カレンダー)
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2013).

高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ > ,暦(カレンダー)
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2011).

高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ > ,暦(カレンダー)
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2010).

高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ > ,暦(カレンダー)
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2005).

学術・研 > 天文台・ > 仙台市天文台,天文台・星空観察
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2009).

学術・研 > 天文台・ > 国立天文台,天文台・星空観察
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2007).

学術・研 > 天文台・ > 国立天文 > 天文情報センター暦計算室,国立天文台
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2007).

(1 > 新訂地学図解(目次)
小島丈兒, 新訂地学図解, 第一学習社, , (1986).
(2高等学校 > 地学(高 > 暦(カレンダー),地学(高校)
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2005).
(3 > 地球の運動
小島丈兒, 新訂地学図解, 第一学習社, , (1986).
(4 > 暦の雑学事典(目次)
吉岡安之, 暦の雑学事典, 日本実業出版社, , (1999).
(5高等学校 > 高校歴史 > 江戸時代,高校歴史
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).
(6ミュージ > 科学館( > 国立科学 > 日本館― > 自然を見る技(望遠鏡、顕微鏡、地震計、時計),日本館―本館
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2008).
(7学術・研 > 天文台・ > 国立天文台,天文台・星空観察
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2007).
(8高等学校 > 地学(高 > 暦(カレンダー),地学(高校)
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2005).
(9高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ > ,暦(カレンダー)
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2013).
(10高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ > ,暦(カレンダー)
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2011).
(11高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ > ,暦(カレンダー)
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2010).
(12高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ > ,暦(カレンダー)
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2005).
(13学術・研 > 天文台・ > 仙台市天文台,天文台・星空観察
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2009).
(14学術・研 > 天文台・ > 国立天文台,天文台・星空観察
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2007).
(15学術・研 > 天文台・ > 国立天文 > 天文情報センター暦計算室,国立天文台
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2007).
(16 > 暦の雑学事典(目次)
吉岡安之, 暦の雑学事典, 日本実業出版社, , (1999).
(17四千万歩の男
井上ひさし, 講談社, (1993).
(18天地明察
冲方丁, 角川書店, (2012).


参考書籍…山形大学附属図書館
(1) 成家徹郎著, 中国古代の天文と暦, 大東文化大学人文科学研究所, (2006.3).
(2) , 大友福夫先生環暦記念論文集 1, , (2017/11/24 23:33:41).
(3) 一戸直藏, 誰にも分る暦の話, , (2017/11/24 23:33:41).
(4) 荒木俊馬, 日本暦學史概説, , (2017/11/24 23:33:41).
(5) 近藤芳一, 日本古暦の教訓, , (2017/11/24 23:33:41).
(6) 一戸直藏, 誰にも分かる 暦の話, , (2017/11/24 23:33:41).
(7) 高柳眞三, 御觸書寳暦集成, , (2017/11/24 23:33:41).
(8) , 寳暦13年 諸家系圖 居城沿革, , (2017/11/24 23:33:41).
(9) , 暦世文書, , (2017/11/24 23:33:41).
(10) 飯島忠夫, 支那の古暦と暦記事 上, , (2017/11/24 23:33:41).
(11) , 第一輯 暦, , (2017/11/24 23:33:41).
(12) , 松崎慊堂 慊堂日暦, , (2017/11/24 23:33:41).
(14) , 「聖徳太子伝暦」影印と研究, , (2017/11/24 23:33:41).
(15) 高柳眞三, 御觸書寶暦集成, , (2017/11/24 23:33:41).
(16) [黄宗羲著]/沈善洪主編/呉光執行主編, 易學・暦學, 浙江古籍出版社, ([2005.1]).
(17) [黄宗羲著]/沈善洪主編/呉光執行主編, 易學・暦學, 浙江古籍出版社, ([2005.1]).
(18) , 井原西鶴 暦 本文 解題, , (2017/11/24 23:33:41).
メニュー
シラバス/検索/暦…
講義内容/検索/暦…
講義ノート/検索/暦…
研究ノート/検索/暦…
ファイル/検索/暦…
研究テーマ/検索/暦…
論文/検索/暦…
書籍名/検索/暦…
雑誌名/検索/暦…
材料名/検索/暦…
>ウィキペディア/暦…
エンジニア/検索/暦…
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧