鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
2004/04/01
小白川キャンパス(2)消費電力 P = 400.8 kW 2004年04月01日(木)-H16 米沢キャンパス(1)消費電力 P = 765.96 kW

(asp)
●外部リンク
● >歴史データベース
スケジュール
時間
物理
地学
講義ノート
シラバス
…過去から
1996-H8
1997-H9
1998-H10
1999-H11
2000-H12
2001-H13
2002-H14
2003-H15

3月2004年4月5月
28293031123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829301
2345678
  (0 ,0.189226662228544 rad)

(asp)
●外部リンク
● >歴史データベース
スケジュール
時間
物理
地学
講義ノート
シラバス
2005-H17
2006-H18
2007-H19
2008-H20
2009-H21
2010-H22
2011-H23
2012-H24
未来へ…
項目
ID⇒#2@星座;
要約牡羊⇒#2@星座;
題名【星座】牡羊⇒#2@星座;
項目
ID⇒#1@恒星;
要約【恒星】アナルケナル⇒#1@恒星;
メソッド一覧戻る進む·鷹山·アメニティ研

予定表
キャンパス美化運動
共済積立貯金
停電に伴うノード装置及びサーバ停止のお知らせ
技術交流協会
仁科 先生 立花 先生 高畑
17年度の年度計画
個人情報保護法施行
JABEE会議
スケジュール…
講義ノート
オフィスアワー

平成16年度予定

卒業研究(C1-電気化学2004~)

【2004年度(平成16)卒業研究】

卒業研究(C1-電気化学2004~)

講義2004@C1

エネルギー変換化学特論

【2004年(平成16)エネ変】

基礎量子化学

物質とエネルギーの法則~空間を伝わる波

品質管理

品質管理_2004(平成16)年度の予定(品質管理)

お散歩の中にサイエンスを探し求めて♪

名古屋港水族館

仁科先生の工場見学ルポ

NTT東日本山形支店

講義ノート…

研究ノート
◆2004(平成16)年度ノート
2004年4月
【議事】活物質の微粉化
岐阜城、清洲城、名古屋城@愛知県、岐阜県
提案書の評価は公開・非公開にかかわらず大学教員の
ファイルをアップロードする共有ディレクトリについ
カスタムページングの技術について検討する。燃料電
学会発表データベースについてとりあえず雛形ができ
研究ノート…
学会発表

水素吸蔵によるPdの膨張/収縮を利用した表面マイクロマシン水素ガスセンサ

水素吸蔵によるPdの膨張/収縮を利用した表面マイクロマシン水素ガスセンサ

奥山澄雄,土田朗義,豊田耕平,奥山克郎,長沼博,松下浩一 ,第51回応用物理学関係連合講演会 (八王子, 2004.3) 30a-ZS-5 (2004).

MgAg合金を挿入したPd 陰極有機EL 水素ガスセンサの動作機構

竹田学史,若園知宏,奥山澄雄,奥山克郎,松下浩一,長沼博 ,日本表面科学会東北支部講演会 (仙台, 2004.3) P-11 (2004).

MgAg合金を挿入したPd 陰極有機EL 水素ガスセンサの特性評価

若園知宏,竹田学史,奥山澄雄,奥山克郎,長沼博,松下浩一,城戸淳二,大嶋重利 ,日本表面科学会東北支部講演会 (仙台, 2004.3) P-10 (2004).

多層化金属陰極を用いたPd 陰極有機EL 水素ガスセンサの高輝度化

多層化金属陰極を用いたPd 陰極有機EL 水素ガスセンサの高輝度化

若園知宏,奥山澄雄,奥山克郎,長沼博,松下浩一,城戸淳二,大嶋重利 ,応用物理学会東北支部第58回学術講演会 (盛岡, 2003.12) 5pB9 (2004).

"The Defacers Challenge"に対する山形大学米沢キャンパスでの対応

奥山澄雄7,鈴木勝人,伊藤智博,仁科辰夫,青木和恵 ,学術情報処理研究No.7 (茨城,2003) 65-68 (2004).

大気中の水素を検出する無電源水素ガス濃度計の開発

大気中の水素を検出する無電源水素ガス濃度計の開発

大師和也,奥山澄雄,奥山克郎,松下浩一,長沼博 ,日本表面科学会東北支部講演会 (米沢, 2003.3) P-11 (2004).

In vivoスピンプローブESR法によるストレス負荷サケ科魚類胚のレドックス状態計測

スピンプローブESR法を用いて、サクラマス卵の受精から孵化までの発生過程の各ステージにおいて、ストレス負荷された受精卵の酸化還元情報を得ることを目的とした。

○桂和彦,吉村裕,横山康隆,鈴木康之,伊藤智博,尾形健明 ,第26回日本フリーラジカル学会学術集会 (2004).

In vivo ESR法によるストレス負荷植物の応答特性評価

本研究では,インビボ(in vivo) ESR法を用いて,大気汚染物質を意図とした気体の暴露および光照射による植物内で起こる酸化還元状態変化の計測を行った.

黒澤秀宏,富川恵子,尾形健明 ,第26回日本フリーラジカル学会学術集会 (2004).

学会…
2017/04/26 17:27:45