鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

【ナレッジ】 分散

ナレッジ
ナレッジ/エンジニア
研究テーマ
ナレッジ/鷹山
ナレッジ/C1
キーワード
♪Q&A-質問♪
●…
キーワード/検索/分散…
シラバス/検索/分散…
講義ノート/検索/分散…
論文/検索/分散…
山大図書館/分散…
● >ウィキペディア/分散…
旧バージョン(asp)
項目
題目分散
リンク
-ナレッジ
親単元
説明
メニュー
シラバス/検索/分散…
講義内容/検索/分散…
講義ノート/検索/分散…
研究ノート/検索/分散…
ファイル/検索/分散…
研究テーマ/検索/分散…
論文/検索/分散…
書籍名/検索/分散…
雑誌名/検索/分散…
材料名/検索/分散…
>ウィキペディア/分散…

説明
電子線などが波長エネルギーによって異なる方向へすすむこといいます1)また粒子コロイド溶液均一混合することいいます2)乳化懸濁操作によって生じた状態界面活性剤使うと容易に乳濁液作ることができます顔料塗料分散させる場合など凝集した固体成分液体中にほぐすこともいいます3)

ピカッとさいえんす,と色虹と夕焼け4)
http://c1.yz.yam…

統計においては分散国語辞典で調べるとつのものがいくつかに分かれること説明している要するにばらついていること意味する品質管理言で言うとばらつき管理であると言えるそれほど品質管理ばらつきは切っても切れない関係があるそのばらつきの大きさ評価する指標数値して分散ある分散数学的に定義すると次ぎの様になる分散記号Varianceと表し
個々のデータXnとしてその平均mとしデータの数n とすると
-m-m-mXn-m
分散n-
となるこの数値の大小基にしてばらつきが大きいとか小さいとか論議する5)6)

物理量
誘電率7)

関連書籍
吸着過程8)
液体状態9)
有機ファインケミカルズ10)
吸着質11)
ケンと合成洗剤12)
よくわかる顔料分散目次13)
さらなる顔料分散性の向上14)
分散標準偏差15)


(1 > 波動
中村英二、吉沢康和, 新訂物理図解, 第一学習社, (1984).
(2 > 顔料分散の3つのステップ
中道敏彦, 図解入門 よくわかる顔料分散, 日刊工業新聞社, (2009).
(3 > 粉体の液中分散
小石真純, 角田光雄著, 粉体の表面化学, 日刊工業新聞社, (1975).
(4ピカッと > 光と色(虹と夕焼け),ピカッとさいえんす
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2010).
(5数学B,山形大学進学コース高等科,etc,データベースアメニティ研究所,(高等学校)
仁科 辰夫,シラバス-(高等学校), (2006).
(6数学C,山形大学進学コース高等科,etc,データベースアメニティ研究所,(高等学校)
仁科 辰夫,シラバス-(高等学校), (2006).
(7誘電率  [F/m(ファラッド毎メートル)].
(8 > 吸着過程
Henry H.Bauer[著]/玉虫伶太, 佐藤弦訳, 電極反応 : エレクトロディクス概説, 東京化学同人, (1976).
(9 > 液体状態
井上 勝也 著, 現代物理化学序説 改訂版, 培風館, (198).
(10 > 有機ファインケミカルズ
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).
(11 > 吸着質
竹内節, 吸着の化学―表面・界面制御のキーテクノロジー―, 産業図書, (1995).
(12 > セッケンと合成洗剤
佐野博敏、花房昭静, 総合図説化学, 第一学習社, (1995).
(13 > よくわかる顔料分散(目次)
中道敏彦, 図解入門 よくわかる顔料分散, 日刊工業新聞社, (2009).
(14 > さらなる顔料分散性の向上
中道敏彦, 図解入門 よくわかる顔料分散, 日刊工業新聞社, (2009).
(15 > 分散と標準偏差
縄田和満著, Excelによる統計入門, 朝倉書店, (1997).