鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
サーバー…
研究テーマ一覧
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ ×
 

電着による銅細線への黒色絶縁膜形成

電着による銅細線への黒色絶縁膜形成 指導教員=菅原陸郎教授

ふるかわ, 山形大学 卒業論文(), (2005).

1, 2, 3, 5-ベンゼンテトラオールを含む環状4量体の合成

対~樹, 山形大学 卒業論文(), (2005).

フロログルシノールを含む環状6量体の合成研究

及~一, 山形大学 卒業論文(), (2005).

diacetyl-C-b-D-glycopyranosylphloroglucinolのスピロ化反応

三~裕, 山形大学 卒業論文(), (2005).

di-C-glucopyranosylflavoneの合成研究

進~史, 山形大学 卒業論文(), (2005).

新規Cy5-ニトロキシルラジカルハイブリッドプローブ剤の合成研究

角~稔, 山形大学 卒業論文(), (2005).

Cy5-ニトロキシルラジカルハイブリッドプローブ剤の合成と性状

滝~美, 山形大学 卒業論文(), (2005).

ベンザルクロリドとカルボン酸との反応

北~啓, 山形大学 卒業論文(), (2005).

ベニバナの紅色色素成分カルタミンの反応

富~子, 山形大学 卒業論文(), (2005).

ベニバナ色素成分の生合成

ベニバナ色素成分の生合成

佐~恵, 山形大学 卒業論文(), (2005).

ベニバナの水溶性黄色色素成分の構造

大~ミ, 山形大学 卒業論文(), (2005).

植物中の生理活性成分の検索

藤~睦, 山形大学 卒業論文(), (2005).

固液界面における不均一核形成を利用したspinel型フェライト薄膜の合成と評価

加~俊, 山形大学 卒業論文(), (2005).

BaTiO3粒子への還元抑制成分のドーピングとその評価

小~宏, 山形大学 卒業論文(), (2005).

Ca2Co2O5系固溶体の結晶相と電子輸送特性

杉~子, 山形大学 卒業論文(), (2005).

シリカとフェノール樹脂由来カーボンのハイブリッド材料の作製と特性評価

新~行, 山形大学 卒業論文(), (2005).

ウレアーゼを固定化した生糸表面への骨類似水酸アパタイトの形成

廣~子, 山形大学 卒業論文(), (2005).

電着による銅細線への黒色絶縁膜形成

古~章, 山形大学 卒業論文(), (2005).

活性化剤による鉛電池の再生と陽極での挙動

M. Sug…らは、2007年にPerformance and Regeneration of Lead-acid Batteries and the Use of Battery Activator for Electric Wheel Chairsについて報告し、活性化剤を添加した車椅子用再生鉛電池の性能について調べた。 【関連講義】卒業研究(C1-電気化学2004~),鉛電池⇒#1585@講義; 【関連講義】卒業研究(C1-電気化学2004~…と述べている⇒#17738@業績;。 【論文】中川:90Aテストにおける自動車用新鉛電池へのITE添加剤の効果⇒#608@ノート; K. Nak…らは、2006年にEffect of ITE's Activators on Performance of New Lead-acid Batteries for Cars in the Discharge at 90Aについて報告し、90Aでの鉛電池での添加材の効果について検討した。 J.Asian Electric Vehicles ISSN 1348-3927 中川 健一は、2005

中川 健一, 山形大学 卒業論文(), (2005).

溶液法によるリチウム二次電池固体電解質の合成と評価

関~太, 山形大学 卒業論文(), (2005).

電解法による配位高分子錯体皮膜電極の作製とその応用

後~子, 山形大学 卒業論文(), (2005).

アミノ基で修飾したシリカゲルへの金属イオンの配位と酸素の活性化

大~奈, 山形大学 卒業論文(), (2005).

新規二核型銅触媒による不斉酸化カップリング重合

三~允, 山形大学 卒業論文(), (2005).

包接性残基を有するポリフェニルアセチレン誘導体の合成と応用

高~新, 山形大学 卒業論文(), (2005).

2,3-ジヒドロキシナフタレンの酸化カップリング重合における新規触媒系の開発

高~弥, 山形大学 卒業論文(), (2005).

フェノール誘導体の位置選択的酸化カップリング重合

大~裕, 山形大学 卒業論文(), (2005).

エポキシドと二酸化炭素の新規交互共重合触媒の開発

青~治, 山形大学 卒業論文(), (2005).

金属水酸化物を用いた有機―無機複合体の創製

~, 山形大学 卒業論文(), (2005).

自己組織化反応による有機―無機複合材料の創製とその応用

飛~信, 山形大学 卒業論文(), (2005).

廃塩ビ樹脂の脱塩素化による多孔質体の製造とその応用

高~一, 山形大学 卒業論文(), (2005).

カーボンナノチューブの機能化と新規製造法の検討

友~美, 山形大学 卒業論文(), (2005).

有機―無機複合体の創製と超臨界二酸化炭素処理による層構造の変化の検討

伊~之, 山形大学 卒業論文(), (2005).

Mono Metal LDHの創製と機能化

黒~平, 山形大学 卒業論文(), (2005).

トリフェニルホスフィンを有するポルフィリン配位子の合成

小~子, 山形大学 卒業論文(), (2005).

フェロセン環を有するチオフェンオリゴマーの合成とその電気化学的特性

西~実, 山形大学 卒業論文(), (2005).

ビセサモール誘導体の絶対配置の検討

小~美, 山形大学 卒業論文(), (2005).

ビナフチルケトオキシム誘導体の合成検討

小~美, 山形大学 卒業論文(), (2005).

酵素反応を用いた不斉フェロセン配位子の合成検討

伊~美, 山形大学 卒業論文(), (2005).

エンジュ由来ルチン分解酵素を用いたアルキルグルコシド合成反応の検討

HN, 山形大学 卒業論文(), (2005).

電子メディエーターとしてのクラウンエーテル環を導入したフェロセン化合物の合成と評価

HN, 山形大学 卒業論文(), (2005).

無機吸着剤の反応特性に関する研究

HN, 山形大学 卒業論文(), (2005).

燃料電池型電気化学検出器を用いる溶存有機化合物測定法に関する研究

HN, 山形大学 卒業論文(), (2005).

降水中に含まれる主要無機化学成分の動態に関する研究

HN, 山形大学 卒業論文(), (2005).

ヒメウコギに含まれる無機成分の動態に関する研究

HN, 山形大学 卒業論文(), (2005).

ODSシリカ薄層プレートを分離濃縮媒体として用いるピコグラムレベルでの金属イオンの簡易目視定量法の開発

HN, 山形大学 卒業論文(), (2005).

同種金属二核錯体システム-フィルター濃縮法の色彩特性を利用するppbレベルでの鉄イオン濃度の目視閾値判定法の開発

HN, 山形大学 卒業論文(), (2005).

連続モニタリング型全有機体炭素計測器の開発

HN, 山形大学 卒業論文(), (2005).

米沢の河川水の水質調査

HN, 山形大学 卒業論文(), (2005).

硝酸性窒素の簡易定量

HN, 山形大学 卒業論文(), (2005).

化学修飾固定相での呈色反応を用いる金属イオンの超高感度簡易分析法の開発

HN, 山形大学 卒業論文(), (2005).

ビスフェノールA構造単位を含むカリックスアレーン類縁体の合成とその性質

HN, 山形大学 卒業論文(), (2005).

ステロイド骨格を利用したホスト分子の合成と分子認識機能の評価

HN, 山形大学 卒業論文(), (2005).

ベンゾー7-アザビシクロ[2.2.1]ヘプテン骨格からなる生理活性物質の合成

HN, 山形大学 卒業論文(), (2005).

ベンゾビシクロ[2.2.1]ヘプテン骨格から成る生理活性物質の合成

HN, 山形大学 卒業論文(), (2005).

2-クロロメチルベンズアルデヒドを用いた複素環化合物の合成

HN, 山形大学 卒業論文(), (2005).

活性酸素を用いたアミノ酸誘導体の合成と応用

HN, 山形大学 卒業論文(), (2005).

ポリエステルアクリレートの高収率合成法の確立

HN, 山形大学 卒業論文(), (2005).

架橋部に光学活性スルホキシドを有するフェノールオリゴマー類の合成

HN, 山形大学 卒業論文(), (2005).

水溶性チアカリックスアレーン-パラジウム錯体によるオレフィンの酸化

HN, 山形大学 卒業論文(), (2005).

フェノールオリゴマーとクロラミンTとの反応による新規化合物の合成

HN, 山形大学 卒業論文(), (2005).

単一分子で白色発光する有機EL材料の開発

単一分子で白色発光する有機EL材料の開発

HN, 山形大学 卒業論文(), (2005).

ラジカル消去能を有する化合物の合成と評価

おおぶち, 山形大学 卒業論文(), (2005).

一重項酸素発生源としてのナフタレン系エンドペルオキシドの合成とその抗腫瘍効果

HN, 山形大学 修士論文(), (2004).

フェロセン環を有するチオフェンポリマーの合成とその物性検討

HN, 山形大学 修士論文(), (2004).

アミノ基を含む有機基で修飾したシリカゲル中の金属イオンとESRによる評価

HN, 山形大学 修士論文(), (2004).

フェノールオリゴマーの架橋硫黄の酸化を利用した機能分子の合成

HN, 山形大学 修士論文(), (2004).

新規アミン配位子による不斉酸化カップリング重合における立体制御

HN, 山形大学 修士論文(), (2004).

有機ー無機多孔質材料の創製とその機能化

HN, 山形大学 修士論文(), (2004).

ペプチドと四級アンモニウム塩との相互作用

HN, 山形大学 修士論文(), (2004).

チオフェン環を有する新規有機EL用材料の合成と特性

HN, 山形大学 修士論文(), (2004).

ジアミン連結型および架橋型ホモアザカリックス[4および8]アレーンの合成と性質

HN, 山形大学 修士論文(), (2004).

燃料電池型電気化学検出器を用いる溶存有機化合物測定法に関する研究

HN, 山形大学 修士論文(), (2004).

C-グリコシルイソフラボン、Genistein- 及びOrobol-8-C-glucosideの合成研究

HN, 山形大学 修士論文(), (2004).

フッ素樹脂製キャピラリーを用いる電気泳動分析法に関する研究

HN, 山形大学 修士論文(), (2004).

金属水酸化物と有機化合物との自己組織化反応に関する研究

HN, 山形大学 修士論文(), (2004).

ピリジルアゾ化合物誘導体化HPTLCを利用する絶対微少量金属イオンの簡易目視検出

HN, 山形大学 修士論文(), (2004).

フェロセン誘導体をメディエーターとするバイオセンサーの研究

HN, 山形大学 修士論文(), (2004).

光学活性アミンを有するフェノール誘導体の合成と不斉反応への応用

HN, 山形大学 修士論文(), (2004).

新規硫黄架橋型フェノール2量体の合成と金属イオン認識

HN, 山形大学 修士論文(), (2004).

金属イオンの超高感度簡易色彩計測法に関する研究

HN, 山形大学 修士論文(), (2004).

スピロケタール糖を含むフラボン、Pinnatifinoside類の合成研究

HN, 山形大学 修士論文(), (2004).

活性酸素とアミノ酸の反応による抗原の合成とその応用

HN, 山形大学 修士論文(), (2004).

新規光学活性1,2-ジアミンの合成とこれを用いたサレン錯体の応用研究

HN, 山形大学 修士論文(), (2004).

リパーゼ酵素反応におけるビナフチル誘導体の側鎖の検討

HN, 山形大学 修士論文(), (2004).

ピリジン環を有するポルフィリン誘導体の合成とその触媒反応への利用

HN, 山形大学 修士論文(), (2004).

高温水中でのジフェニル骨格を持つ高耐熱性ポリマーの分解

HN, 山形大学 修士論文(), (2004).

ベニバナの黄色色素成分の構造と反応

HN, 山形大学 修士論文(), (2004).

ESR-CT用画像化システムの構築

HN, 山形大学 卒業論文(), (2004).

たばこの煙の酸化・還元能の検討

HN, 山形大学 卒業論文(), (2004).

ESR法による過酸化水素の定量法の開発

HN, 山形大学 卒業論文(), (2004).

700MHz装置用異種ラジカルマーカーの作成

HN, 山形大学 卒業論文(), (2004).

未定

HN, 山形大学 卒業論文(), (2004).

光学活性ビアリール誘導体の合成とその利用

あお, 山形大学 卒業論文(), (2004).

ルテニウム触媒を用いた有機合成反応

り, 山形大学 博士論文(), (2004).

フロログルシノールを含む環状四量体の合成と性状

HN, 山形大学 修士論文(), (2004).

アルミニウム陽極酸化皮膜における酸素プロバイダとキャリアエクスチェンジャ

HN, 山形大学 卒業論文(), (1999).

(卒業研究題目不明)

(未定), 山形大学 卒業論文(), (1998).

アルカリ電池

HN, 山形大学 卒業論文(), (1900).

固体電解コンデンサと電池集電体におけるアルミニウム酸化皮膜の類似機構

固体電解コンデンサと電池集電体におけるアルミニウム酸化皮膜の類似機構 ◆1999(平成11)年度ノート⇒#216@ノート;

HN, 山形大学 卒業論文(), (1900).

アルミニウムの陽極酸化

HN, 山形大学 卒業論文(), (1900).

リチウム電池

HN, 山形大学 卒業論文(), (1900).

リチウムをドープしたカーボンを導電助材に用いた正極の電極特性

HN, 山形大学 卒業論文(), (1900).

燃料電池

HN, 山形大学 卒業論文(), (1900).

アルミニウム陽極酸化皮膜の炭素接触による腐食

HN, 山形大学 卒業論文(), (1900).

タイトル

HN, 山形大学 卒業論文(), (1900).

タイトル

HN, 山形大学 卒業論文(), (1900).

タイトル

HN, 山形大学 卒業論文(), (1900).

卒論…